ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


南方作戦


ヨミ: ナンポウサクセン

南方作戦とは、大東亜戦争開戦劈頭に日本の陸海軍が実施した作戦である。


経緯


1937年、支那事変が勃発。大日本帝國vs抗日民族統一戦線の戦いが幕を開けた。中国の肩を持つアメリカイギリスオランダ日本に対し様々な経済制裁を行った。中でも痛撃だったのが、石油の禁輸であった。石油の8割をアメリカからの輸入に頼っていた日本一気にざめた。このまま内の備蓄が尽きれば防はおろか、交通機関まで壊滅し国体すら危うくなる。しかしアメリカが突きつけた禁輸解除の条件は到底飲めるものではなかった。八方ふさがりとなった日本は一か八かの開戦を決意。対戦争の準備を始める。長期持久戦の体勢を作るためには、泣き所の石油不足を解消しなければならなかった。そこで立案されたのが南方作戦だった。日本から見て南方、つまり東南アジア一帯を連合軍から奪取して油田や産油地を確保するのが的である。戦争の勝敗を占う重要な作戦のため、陸海軍は綿密に打ち合わせを行った。大東亜戦争開戦の狼煙となった真珠湾攻撃でさえ、南方作戦を円滑に進めるための支援に過ぎなかった。

開戦の日に合わせ、海軍は前進拠点である海南島パラオ台湾に進出。全を以って作戦に臨む。そして1941年12月7日マレー上陸を以って南方作戦が開始された。


マレー方面(vsイギリス軍)



コタバル飛行場とZ部隊の喪失


南方作戦でっ先に戦端を開いたのがマレー方面であった。マレー半島の南端にはイギリス軍が誇る東洋のジブラルタル――重要拠点シンガポールが存在した。強な沿がある事から路での侵攻を諦め、陸路からの攻略した。シンガポール攻略を標榜とした一連の軍事行動マレー作戦と言われている。またマレー半島天然ゴムの産地でもあり、これらを確保する狙いもあった。日本側の動きは当然イギリス軍も察知しており、本艦隊から戦艦1隻と巡洋戦艦1隻(プリンス・オブ・ウェールズレパルス)を基幹とした増援を出。1941年12月2日シンガポールへ到着した。当時は大艦巨砲主義だった事もあり、英印軍の士気は向上。日本側は大いに警して常に監視するようになった。

戦前12月6日、コタバルを出撃したオーストラリア空軍第1飛行中隊のロッキーハドソン25隻の輸送船団を発見。シンガポール通報されたが、この時はまだ日本軍の上陸作戦を見抜けず、下手に攻撃すれば国際問題になるとして手出しはしなかった。翌7日にはカタリナ飛行艇が再度船団を発見するが、九七式戦闘機5機によって撃墜される。

陸軍は予めサイゴンタイ王国に進出し、真珠湾攻撃の約1時間20分前である1941年12月8日午前1時30分(日本時間)に攻撃を開始。陸軍山下奉文中将率いる精鋭の第18軍や第25軍3万5000人を投入。総兵は約6万に達した。迎え撃つのは、パーシバル中将率いる英印軍(英、印、)約13万。既に防衛体勢を築き上げていた。北アフリカ戦線を体験したイギリス兵や、砂漠戦の訓練を受けたインド兵が含まれており、決して弱い相手とは言えなかった。しかしインド人は日本に敵愾心を抱いておらず、他にも軍内部にシークや反シークが混在するなど部族同士の対立もあって思うように戦闘を発揮できなかった。

合いには近藤竹中将率いる艦隊(旗艦鳥海駆逐艦10隻、潜水艦5隻)が展開し、陸軍の上陸を援護した。英印軍の機関銃が上陸部隊に向けて火を噴き、からはロッキーハドソンの襲撃により3隻の輸送船が大破炎上。かなりの犠牲を強いられたが、どうにか防衛線を突破。午前4時までに2つの拠点を確保し、そこを足がかりにじわじわと勢圏を広げていった。マレー半島の防を担っていたのはコタバルの飛行場であった。ところが16時頃、「日本軍の防御施設を突破した」という流言飛が流れ、これをみにした英印軍は17時に建物へ放火して撤退。稼動機5機をクアンタンに退避させた。しかし周囲には日本兵の姿はデマである事が判明したが、既に兵を呼び戻すには遅すぎた。貯蔵燃料庫は破壊されたが、飛行場は傷のまま残っていたため、マレーの制権は日本軍の手中に収まった。しかし8日夕方、シンガポールから駆逐艦を伴ってプリンス・オブ・ウェールズレパルスが出撃。輸送船団を攻撃される恐れから、帝國海軍は血眼になって2隻の行方を追った。

12月10日サイゴンに進出していた日本の陸攻隊がイギリス新鋭艦プリンス・オブ・ウェールズレパルスを撃沈(マレー沖海戦)。反撃の中核となるはずだった二大戦艦の沈没は連合軍に大きな衝撃を与え、以降は駆逐艦による小規模な迎撃しか出来なくなってしまった。こうして制権も日本側に渡った。最大の障が取り除かれた事で、日本軍は幾つかの作戦を前倒しにした。作戦は順調に推移していたが、イギリス軍の増援が来ると予期していたため、常に時間との戦いを強いられた。


立ちふさがる堅陣ジットラ・ライン


マレー半島北部とタイ地帯の間には飛行場群を守るための要塞ジットララインがあった。英印軍6000名、装甲車90輌、火60門、機関銃100丁があり、十重二十重に地雷と鋼条網がり巡らされていた。イギリス軍はジットララインを「プチマジノ」と呼称し、ここで日本軍を3ヶ足止め出来ると考えていた。タイ内からマレー半島に突入してきた陸軍25軍はまずジットララインを突破しなければならなかった。陸軍藤原岩市少佐率いるF機関を組織し、ジットララインび込ませた。

12月11日午前8時、第25軍はジットララインに攻撃を開始。実は日本側の多くはジットララインの存在に気付いておらず、航空艦砲射撃の援護しに猛攻を仕掛けた。まさか援護しで突っ込んでくるとき思わなかったイギリス軍は虚を突かれ、あちこちで突破を許した。さっそく先遣部隊を撃破し、対戦車2門を鹵獲した。英印軍第15団のガレット准将は後退を命じたが、戦車を先頭に突き進んでくる日本軍に追いつかれ、後方部隊が散々に打ちのめされる。第15団は恐慌状態に陥り、またしても対戦車鹵獲されている。ようやくアスンを守備していたグルカ族の中隊が反撃に転じ、しい戦闘が繰り広げられた。日本側は素先手を打ち、正面と側面からグルカ中隊を攻撃。彼らは散り散りになり、秩序き撤退を強いられた。英印軍は総崩れとなり、潮が引いていくように退却。レスター大隊やグルカ人部隊が頑強に抵抗し、何度か攻勢を跳ね返した事はあったが、日本軍の勢いを止めるには至らなかった。

F機関マレー青年同盟やインド独立連盟と秘密協定を結び、ジットララインを守るインド兵とマレー兵に投降を呼びかけた。するとい投降表を持ったインド兵やマレー兵が次々に投降し、それに伴ってイギリス軍の情報もどんどん舞い込んできたという。

12月12日、疲弊した英印軍は南方50kmのグランまで後退、わずか1日でジットララインは失陥した。防備となった飛行場群は日本軍に占領された。アロースターにあるケダ後方をして英印軍は後退していたが、その多くは重い武器を捨て去っていた。またマレー人に扮した日本軍狙撃兵が撤退中のインド第11師団を狙っており、落した兵から撃ち抜かれていった。それでも英印軍はケダに架かる道路の爆破に成功し、日本軍の進撃速度を落とした。

日本軍しい襲を受け、ペナンからも英印軍が撤退した。その後、やってきた日本軍はペナン潜水艦基地としての価値を見出し、基地を整備。以降、終戦まで活用される事になる。


最後の砦シンガポール


1942年1月22日、第18軍シンゴラに上陸。24日、日本陸軍第三飛行集団の航空資材を積載した輸送船2隻がシンゴラを出港。マレー半島南部エンドウに向かった。これを阻止すべく26日にイギリス軍機のべ68機が襲来したが、直掩機と護衛艦艇の対火により十数機を撃墜。損は軽微だった。またシンガポールから英駆逐艦ネットヴァンパイアが出撃し、翌27日に交戦。サネットは命中弾多数を浴びて撃沈、ヴァンパイア煙幕を焚いて撤退した(エンドウ戦)。揚陸作業は28日に了、作戦は成功した。

英印軍が南部に撤退していくにつれ、現地人の心は宗から離れていった。日本軍に協するマレー人が出始めたため、インド兵がそれを取り締まった。必要な物は現地調達が出来たため、補給部隊の到着を待たずに進撃できる日本軍は常に高速だった。快進撃を見せる日本軍は要所を次々に攻略、特に九七式中戦車が大活躍した。戦車を持っていない英印軍は対戦車に全て頼らざるを得ず、撃破する手段に乏しかった。上陸から55日後の1月31日に南端のジョーホルバルに到達。シンガポール要塞の対に布したが、一度準備を整えるために進撃を停止。後続の部隊が到着するのを待った。2月3日162機の爆撃機シンガポールを攻撃し、英印軍に損を与えた。

2月8日、第25軍の準備撃が始まった。約20万発の弾が撃ち込まれたのち、翌9日に三方向から渡河を開始した。陸軍は紀元節にあたる2月11日までにシンガポール攻略したかったが、英印軍の必死の抵抗により、その意図は頓挫。さらに英印軍の攻撃はしく、第25軍の弾薬が欠乏し始めた。一度退却する事も考えられたが、その寸前にパーシバル中将旗を揚げた。どうやら英印軍も弾薬が尽きかけていたようだ。2月15日シンガポール陥落。約13万のイギリス兵が降伏するというイギリス史上最悪の敗北だった。想像をかに上回るスピードマレー作戦を終えた。イギリス空軍が誇る新鋭機ハリケーン鹵獲するというオマケ付きだった。


蘭印方面(vsオランダ軍)


産油地帯であるインドネシアジャワ島を本拠地とするオランダ軍が支配していた。南方作戦は重油の確保が標なので、インドネシアの制圧は是が非でも成功させなければならなかった。言うなれば、マレー作戦フィリピン攻略は同地を円滑に制圧するための前戦に過ぎなかった。オランダ軍に対する一連の軍事作戦作戦と呼称される。

作戦を実行に移す前に、日本軍はセレベスの中心地であるメナドに矛先を向けた。ここには約1500名のオランダ軍が守備するランゴアン飛行場があり、B-24リベレーターまで配備されていた。郊外カカスにはカタリナ飛行艇用の水上基地まで擁しており、これを脅威と捉えた日本軍は1942年1月10日攻略作戦を開始。この戦闘日本軍は初の挺降下部隊を投入。ダバオから飛び立った九六式輸送機27機と零戦54機はっ直ぐにメナドへ向かったが、中で水上機母艦瑞穂零式水上観測機に敵機と誤認され、輸送機1機が撃墜。搭乗員5名と降下兵12名が犠牲となった。午前9時20分頃、降下開始。オランダ兵約400名が待ち伏せる飛行場へと降下した。相手はトーチカ機関銃で撃ちかけるのに対し、降下兵はピストルしか持っておらず、苦戦。重火器を梱包したも一緒に投下されていたが、まずはそれを探し当てなければならなかった。それでもトーチカ手榴弾を投げ込んだり、戦車機関銃鹵獲して善戦。午前11時25分には飛行場を制圧し、14時50分にメナド全制圧した。

1942年1月11日香港攻略作戦から転戦してきた坂口支隊約5000名がボルネオに上陸。産油地や油田があるタラカン、メナド、バリクパパン、ケンダリーを次々に占領。退却するオランダ軍が一部の油田施設を破壊していったが、すぐに修復された。制圧した飛行場には航空隊が進出し、長大なエアカバー提供

連合軍の抵抗は非常にしく、陸のみならずでも戦が生起。バリ島沖海戦スラバヤ沖海戦バタビア沖海戦が発生したが、いずれも日本側が勝利。敗退した連合軍艦艇はオーストラリアインド洋方面への撤退を強いられた。攻略は順調に推移し、3月1日からジャワ島への上陸が始まった。そして3月9日オランダ軍が降伏。作戦は成功に終わった。


フィリピン方面(vsアメリカ軍)



アメリカ海軍の一大拠点キャビテを爆撃



次へ»
最終更新日: 20/12/14 17:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ