ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


南方熊楠


ヨミ: ミナカタクマグス
掲示板をミル!
4カキコ!

南方熊楠(1867年5月18日 - 1941年12月29日)とは、日本の博物学者、生物学者、民俗学者である。

別名「歩く百科事典」。

柳田く「南方熊楠は日本人の可性の極限だ」。


概要


1867年和歌山県で生まれた彼は、幼いころより童として扱われ、大変な読書でも有り、「和三才図会」(105巻81冊の百科事典、絵図入り)を全部筆写するなど筆写魔でもあった。

1883年、中学校卒業後上し、共立学校を経て翌年に大学予備門に入学植物採集などに明け暮れていたため学業が振るわず1886年中退。同年反対する親を説得しアメリカ留学に出発し、翌年ミシガン農業大学入学するも更にその翌年に寄宿舎での飲禁止規則を破り退学。その後地衣類学者ウィリアム・カルキンスに直接師事して標本制作を学び、フロリダを中心に中南まで足を伸ばし動植物の観察を行った。

1892年、それまでの研究データを持ってイギリスに渡り、翌年科学雑誌「ネイチャー」に初の論文「極東の星座」を寄稿。大英博物館に出入りして蔵書を読みふけり筆写しつつ論文を投稿する生活を送った。その後1895年に大英博物館の東洋図書録編纂係として雇われるも、1898年暴力事件を起こすなど度々問題を起こし、1900年に出入り禁止処分を受け、日本へ帰。このイギリス滞在中に孫文と知り合い親交を深めるなどしている。

日本へ帰後、寺に身を寄せるなどしたあと和歌山へ帰郷しした造会社(現在世界一統)を経営していたの世話になりつつ植物採集や論文の執筆などを続けた。1907年には神社明治政府国家神道的観点に基づいた神社を減らす法律)に自然保護的観点から反対した。これは日本最初の自然保護運動である。

その後柳田男と交流を深め民俗学分野にもその研究範囲を広げ、1929年には紀南行幸中の昭和天皇戦艦長門上で進講し、粘菌標本を献上した。

1941年死去。満74歳であった。なお1906年に結婚しており、妻との間に息子が一人ずついたが、孫はいなかったため彼の直系の子孫は途絶えた。しかし、世界一統は系が現在も経営しており、南方熊楠生誕120周年を記念して「」というシリーズが三種ラインナップされ現在も製造されている。

彼の業績は残されたものを見る限り膨大で広範な分野にまたがっていたのは確かであるが、その一方で論文の発表数は少なく、彼の発見した新種はすべて別の研究者の手によって発表された。これらにより観察者・収集者としての評価は高いが、研究者としては業績は少ないとするのが現状である(科学研究では論文の出版発表をもって正式な業績とするため)。

なお彼は粘菌の属(種の一つ上の分類)を発見しており、それにはミナカテルラ・ロンフィラ(標準和名:ミナカタホコリ)という彼に由来した学名が付いている。


逸話


十種の粘菌を発見し、属まで発見した南方熊楠は大学を二回中退、大英博物館出入り禁止などのかしい経歴でお分かりのように奇行でも有名で、それ以外にも数々の逸話が残っている。

あんまり多いので詳しくはwikipedia他を各自参照してください。


関連動画


南方熊楠に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


■az408858421X
■az4041929075
■azB007EHXJ1Y


関連コミュニティ


南方熊楠に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



外部リンク



最終更新日: 15/03/15 08:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ