ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


南海ホークス


ヨミ: ナンカイホークス
掲示板をミル!
20カキコ!

南海ホークスとは、福岡ソフトバンクホークスの前々身球団である。


概要


関西大手私鉄である南海電気鉄道下で活動していたプロ野球チーム
本拠地は大阪球場チームカラー
『Hawks』というの筆記体で書かれたユニフォームは伝統の一つで、1988年まで一度もこのネームデザインを変えなかった。また、南海伝統の緑色ビジターユニフォームファンの間でされ続けていた。

1938年に『南海軍』として発足した。
阪神電気鉄道大阪タイガース(現:阪神タイガース)、阪神急行阪急軍(現:オリックス・バファローズ)に続く、関西私鉄としては3つの球団であった。

1944年に、南海鉄道関西急行鉄道と合併して近畿日本鉄道となったため、球団名も親会社に倣い『近畿日本』と称された。1946年には『近畿グレートリング』(近鉄体となった大阪電気=大軌より)と名乗るが、翌1947年に南海鉄道近鉄から離脱し、球団の経営権もこちらに戻ったため、球団名は『南海ホークス』と称された。
この名称が、球団がダイエーに売却される1988年シーズンまで使用されることになった。

パ・リーグの結成された1950年から1966年まで、17年連続2位以上優勝9回鶴岡一人監督の元で黄金時代を築いた。

鶴岡監督退任後も、勢いは多少落ちたものの首位を射程範囲としたリーグ戦を繰り広げ、1973年には野村克也選手兼任監督の下で再びリーグ優勝を果たした。
しかし1977年野村が解任されて以降は見る影もなく低迷し、「弱小チーム」の称号を得てしまった。人気も一気に落ち込み、とうとうBクラスから脱出できないまま、1988年ダイエーに身売りとなった(なお連続Bクラスはその後も実に1997年まで続いた。この20年連続Bクラス入りは日本記録である)。

現在ダイエーからソフトバンクに球団経営権が移っているが、今なお「ホークス」の名は冠され続けている。
福岡ダイエーホークス」「福岡ソフトバンクホークス」となって以降も、南海時代の球団歌『南海ホークスの歌』を歌い続ける『全グループ』という私設応援団がある。

2008年には、福岡ソフトバンクホークス南海電鉄の協ユニフォームを復刻した。

2010年オフ大道典嘉引退したことで、南海ホークスに所属した経験のある現役選手がついに姿を消した。

大阪球場

正式名称は大阪スタヂアム。
南海電鉄ターミナル駅である南海難波駅の南口に隣接していた。

狭いスペースに何とか建てた為、スタンドがやたらと急で、まるですり鉢のようであったことで有名。

関西随一の繁である難波の玄関口という立地は、阪神甲子園球場阪急西宮スタジアム、大阪ドームなどとべてもさらに頭ひとつ抜けて優れたものであり、アクセスのよさは随一であった。

が、南海ホークスが活躍していた頃は、巨人戦や阪神戦ばかりがテレビ中継で大きな人気を獲得し、パ・リーグ影が薄い時代であったため、ここまでの好立地にも関わらず、客の入りは残念なものであった。

1998年全に解体され、跡地は商業団地『なんばパークス』として再開発された。

このなんばパークス内に、南海ホークスメモリアルギャラリーという施設が作られている。南海の名選手の写真や手形、ユニフォームや優勝テナントが展示されており、南海時代を知る野球ファン人気のスポットとなっている(ちなみに、選手兼任監督として活躍した野村克也だが、彼に関するものだけは一切展示されていない。これは退団時に野村と球団がもめたためと言われる)。


大百科に記事のある南海戦士



関連動画



■sm5159739[ニコ動]

■sm4181042[ニコ動]

関連商品


■azB000H6SW7U
■az4314009470
■yskyoyasports_BCC-101
■yskyoyasports_BUCJ-126

関連項目



最終更新日: 15/10/12 21:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ