ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


厄介


ヨミ: ヤッカイ
掲示板をミル!
41カキコ!

厄介とは、

  1. 手間がかかって迷惑なこと。面倒なこと。
  2. 面倒を見ること。また、世話になること。(例:厄介になります)
  3. 1.に転じて、声優などのライブ現場において、演鑑賞に関するマナーレギレーションを守らず他の観客に迷惑をかけたりする人や集団などの喩表現

本項では3.について説明する。


概要


アイドル系や声優アニメイベントに出没し、最近の例ではアイドル臭がする声優系のイベント、そして合同アニソンフェス(アニサマなど)で多く見かける事がある。

本来の意味は、AKBハロプロなどといった地下アイドル現場の独特の習をそれ以外の全く関係のい所で持ち込んだりする人や集団の事をしたが、昨今では前述での意味の方が強くなってきている。

こういったライブの現場では、つまらないイベントでも楽しめるように様々なファンが自的に色んなアクションコールを考案し、後にそれが「オタ芸」や「コール」として体系化されてくる。
更に地下アイドルの現場ではそういったことから、演者が未熟なのである意味客が」という側面がある。

厄介はその「客が役」というのを都合の良いように拡大解釈して、声優ライブといった商業ベース完成度の高いライブに出没しては雰囲気を壊す非常に迷惑な存在である。

特にどうってことないような感じに思えるかもしれないが、常識的に考えれば序良俗に反するものから犯罪や訴訟問題、さらには演者までもが実を被る事例も多数存在する。


主な迷惑行為の一覧


ここでは実際にライブ運営側の公式発表で迷惑行為と断定されているものを中心に記述する。

咲きクラップ(咲クラ
一般的には「咲クラ」と表現、使用される。
曲が静かになっている部分でサイリウムを使って本来「げ(ケチャ)」をする所をあえてせず、リズムに合わせた大きなクラップをする行為。厄介に思われる理由としては「静かに聞くべき部分の妨げである」「開いた腕がライブ鑑賞の邪魔になる」等があり、以上のことから禁止になっている現場も増えている。由来・詳細は「咲きクラップ」の項を参照。リズムに合わさずただ単にひたすら高速にクラップするだけの「高速クラップ」と呼ばれる生系も存在する。
声優歌手である水樹奈々ライブでは、「他のお客様の観覧を妨げる手拍子(特に曲が静かになっている箇所で大きな音を鳴らす行為)」として2015年からは全面禁止がアナウンスされた。
推しジャンプ(「推しジャン」「マサイ」等とも言う)
推している(応援している)メンバーが話している、または歌っている時に飛び跳ねる(ジャンプする)行為のこと。 厄介に思われる理由としては「後ろの客がステージを見渡すことが困難になる」等が考えられる。
改造自作、その他明らかレギュレーション違反な発物の使用行為
改造アライト(チア)や、孔雀輪(扇状、円状になっている自作物の総称。詳細は「孔雀(サイリウム)」を参照)など、販のサイリウム製品より極度に度や長さを増した物などが挙げられる。こちらも前述のバルログ同様、利点としては非常に立つことが考えられるが、万が一ショートなどの科学的な事故が起きてしまった場合は、他の観客の迷惑だけでなく、ライブ自体の進行や自分自身に影する可性が非常に高いため大変危険である。 近年ではこういった自作の発物はどの現場で使用禁止とされている。

過去に問題となった事件など


など。


関連動画


厄介に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 17/06/03 04:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ