ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


原田泰夫


ヨミ: ハラダヤスオ

原田泰夫(はらだやすお)とは将棋棋士である。段位は八段(引退後半年で九段)。2004年に81歳で亡くなった。棋士番号35加藤治郎名誉九段門下、新潟県出身。

将棋界に多大な貢献をし、綬褒章、勲四等日小綬章を受賞している。


概要


昭和の強棋士の一人で、棋戦優勝3回。だが、タイトル戦経験はない。48歳でA級に返り咲いたこともある。

むしろ、棋より「三手の読み」といわれ、将棋初心者に対する懇切丁寧な手ほどきや導、明確で分かりやすい棋書を数多く上した功績が知られる。そして、コピーライターさながらの宣伝、広報センスも持っていた。「の高跳び歩の餌食」とか「三あって詰まぬことなし」、「歩のない将棋は負け将棋」といった有名な格言を数多く制作(ほとんど原田の作といわれる)しており、今日でもよく知られている。

また、数々の強棋士に対し、◯◯流というキャッチコピーを作ったのも原田である。中原誠自然流、米長邦雄さわやか流、または泥沼流、内藤國雄の自在流、淡路仁茂の不倒流、森安秀光だるま流、勝浦修のカミソリ流、谷川浩司光速流など枚挙に暇がない。

30代で日本将棋連盟会長を務めたこともある。また、引退後もご意見番として活躍し、将棋まつり将棋の日イベントなどを整備した功績も知られる。

棋士以外でも俳人、書としても活躍しており、号も持っていた。

文筆にも長け、将棋ペンクラブ名誉会長の座に、逝去直前まで就いていたこともある。


関連商品


■az4340071099


関連項目



最終更新日: 18/04/01 20:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ