ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


又吉克樹


ヨミ: マタヨシカツキ
掲示板をミル!
13カキコ!

又吉克樹(またよし かつき、1990年11月4日-)とは、沖縄県出身のプロ野球選手投手)である。現在中日ドラゴンズに所属。

概要

中日ドラゴンズ #16
又吉克樹
基本情報
日本日本
出身地 沖縄県
生年 1990年11月4日
身長
体重
180cm
74kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 2013年ドラフト2位
経歴
際大会
代表チーム [画像を見る]日本
APBC 2017年
プロ野球選手テンプレート

中学は軟式野球の控え選手。高校でも二塁手が本業で、3年時には井寛仁の控え投手をしていたが、当時の球速は最速117km/hだった。甲子園出場はなし。

太平洋大学に進んでから球速が一気に138km/hまで伸び、2年から投手となって活躍する。卒業時にプロ志望届を提出したが、この時にはスカウトからも「ただ投げているだけ」という評価で名漏れ。独立リーグ香川オリーブガイナーズへ入団する。

香川西田監督陶を受け1年で急成長、球速148km/hまで伸び、あわや完全試合の1安打完封勝利を挙げるなどエースとして活躍。チームを前期優勝に導き前期MVPシーズン通算で13勝を挙げ最多勝を獲得した。

2013年ドラフト会議で、中日ドラゴンズから、独立リーグ史上最高順位となる2位名を受け入団。背番号16

中日時代

2014年は開幕一軍入りし、リリーフとして登板4月17日横浜DeNAベイスターズ戦でプロ勝利。前半戦だけで5勝をあげる。後半戦は防御率1.07という抜群の安定感で、セットアッパーに定着。最終的に67試合に登板し、9勝1敗2セーブ防御率2.21という成績を残した。また、先発リリーフの違いはあるものの、最多奪三振タイトルを獲得した、ランディ・メッセンジャー奪三振率9.76を上回る奪三振率11.51を記録した。新人王争いでは広島東洋カープ大瀬良大地に大差をつけられて敗れ2位となり、新人王は獲得できなかった。
オフにはシーズンで散々投げたのにミニカのウインターリーグに派遣され、17試合で0勝2敗4ホールド、防御率1.69の好成績を残した。


2015年も引き続きセットアッパーとしての活躍を期待されるが、開幕戦の阪神タイガース戦でいきなり3失点の大炎上3月31日読売ジャイアンツ戦では自身が勝利投手となったが2失点を喫し、防御率が11.25という数値にまで跳ね上がる。
これ以降は較的安定した投球で徐々に防御率を下げていったが、時には接戦の場面で失点を許して敗戦投手となる面が立ち、阪神タイガースには防御率が8.10と特に苦手とした。最終成績は72.1回を投げて6勝6敗30ホールド、防御率3.36と前年よりやや数字を落とした。


2016年4月防御率が4.975月は連投による疲れもあってか一気に4敗を喫する等シーズン当初は不安定な投球が立ち、5月7月にそれぞれ一度ずつ登録を抹消されている。しかし8月12日に再昇格して以降は安定感を取戻し、シーズン終了までの23試合の登板でわずか2失点で切り抜けた。なおこの年複数回の抹消があったにも関わらず、3年連続となる60試合登板を達成している。


2017年シーズン当初はロングリリーフとして起用されたが、4月13日東京ヤクルトスワローズ戦にて初先発し、4月27日に同じくヤクルト相手に先発としての初勝利を達成。6月6日千葉ロッテマリーンズ戦ではプロ投・初完封も記録した。なお独立リーグからドラフト名された選手の投、完封勝利又吉が初となる。
しかし6月終盤からは再びリリーフに回っている。7月にはオールスターに出場したが、これも独立リーグからのドラフト名者では初だった。オフアジアプロ野球チャンピオンシップAPBC)の日本代表に選出された。


2018年は不振に陥り、4月中旬から二軍調整。40試合の登板で2勝5敗9ホールド、防御率6.53に留まり、初めて50試合登板に満たなかった。本人は不調の原因を「フォームが固まらなかったこと」とコメントし、キャンプファームを鍛えた。

プレースタイル・人物

サイドスローから放たれる140km/h台の速球と切れ味鋭いスライダーで、非常に高い奪三振率を誇る。

ニックネームは相手から勝ちを盗んで逃げていくということから「怪盗ルパン」。自身のツイッターアイコンも以前はルパン三世だった。現在は名前が一字違いの芸人小説家である「又吉直樹」が又吉写真のパネルを掲げている画像になっている。とてもややこしい

成績

年度別打撃成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2014年 中日 67 0 0 0 9 1 2 24 .900 81.0 28 104 20 20 2.21
2015年 63 0 0 0 6 6 0 30 .500 72.1 23 82 27 27 3.36
2016年 62 0 0 0 6 6 0 16 .500 54.2 17 55 22 17 2.80
2017年 50 9 1 1 8 3 0 21 .727 110.0 36 78 27 26 2.13
2018年 40 0 0 0 2 5 0 9 .286 41.1 17 28 30 30 6.53
2019年 26 2 0 0 3 3 0 3 .500 44.1 19 37 21 20 4.06
NPB:6年 308 11 1 1 34 24 2 103 .586 404.0 140 384 147 140 3.12

独立リーグの通算投手成績

年度 球団 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2013年 香川 24 2 2 13 4 0 131.1 29 101 31 24 1.64
四国IL:1年 24 2 2 13 4 0 131.1 29 101 31 24 1.64

記録

登板 2014年3月29日 広島東洋カープ2回戦 ナゴヤドーム
奪三振 広島東洋カープ2回戦 キラ・カアイフエから
ホール 2014年4月6日 読売ジャイアンツ3回戦 ナゴヤドーム
勝利 2014年4月17日 横浜DeNAベイスターズ3回戦 ナゴヤドーム
セーブ 2014年8月17日 東京ヤクルトスワローズ18回戦 ナゴヤドーム

関連動画


■sm23351389[ニコ動]

関連コミュニティ

■co6771

関連項目

外部リンク


最終更新日: 19/12/10 06:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ