ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: クチ
掲示板をミル!
4カキコ!

とは、動物に備わっている、外と繋がっている器官である。

転じて外へ出入りする場所のこともいう。例:入り口、出口非常口蛇口、(の)東口、・・。

字がと似ているが別ものである。


概要


口は外に繋がっているので、食べ物を取り入れたり、呼吸に使われたり、音やを発するのに用いられる。

脊椎動物の場合には、口の中(口腔)にがあり、口のへりにがある。は食べ物をちぎったり噛み砕くのに使われる。は味覚器官で食べ物を飲み込んだり発音・発にも使われる。

口からは消化を助ける分泌液が出される。口腔の上部、鼻腔と隔てている部分を口蓋という。口腔は喉を通って食などの消化器官に繋がっている。


ヒトの場合


ヒトの場合には顔の下の方にあり、鼻の下に位置する。

口の形で感情を表したり、それを見て他人が感情を読み取る。

ヒトの場合、口はを発する場所であるので、話すこと・おしゃべりを口にたとえる。


その他の意味



漢字として


Unicode
U+53E3
JIS X 0213
1-24-93
部首
画数
3画
𠮚
Unicode
U+20B9A
部首
画数
4画
𠙵
Unicode
U+20675
部首
画数
3画
Unicode
U+2F1D
意味
くち、、出入りする場所、しゃべる、を発する、言葉、飲み食い、味覚、人の数、とくに女性の人口、という意味がある。〔説文解字・巻二〕には「人の言食する所以なり」とある。
字形
口の開いたところの形。
音訓
読みコウ音)、ク(音)、訓読みは、くち、くちずから。名のりに、あき・ひろ、などがある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校1年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
部首
口は部首口部を作る。くちやに関することを表す意符として用いられる。また口と同じ字形で祝器を表す字があり、それは儀礼に関することを表す意符として用いられる。
口を符とする漢字には、𨙫、、𧥣、釦、などがある。
口案・口淫・口禍・口蓋・口・口給・口腔・口径・口・口実・口授・口臭・口上・口舌・口銭・口頭・口調・口伝・口蜜・口論

異体字

互換文字


関連動画



■sm12562877[ニコ動]


関連商品


■az4752000326


関連項目



最終更新日: 12/07/07 13:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社