ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


古典派経済学


ヨミ: コテンハケイザイガク
掲示板をミル!
3カキコ!

古典派経済学とは、経済学の学の一つである。


概要


 18世紀のイギリススコットランド)の経済学者アダムスミスの「富論」に始まった最初の近代経済学思想。どうすれば生産が増進するか、また富の分配はどう変化するかを論じ、それを測る価値を労働におく「労働価値説」を基礎とした。

 スミスは"レッセフェール(なすがままに任せよ)"という言葉に徴される自由放任義を唱え、政府は介入せず社会経済活動の自由にさせておけば”の見えざる手”によって社会的調和が生み出されるとした。これはそれまでヨーロッパに広がっていた重商義(貨幣重視)を逆転させるものであった。

 アダムスミスに続く古典経済学者には「最大多数の最大幸福」という功利義を唱えたジェレミー・ベンサム、「人口論」を著したトーマス・マルサス、資本家と地と労働者の間の分配の理論を生み出したデイビッド・リカード、そして「作ったものは全て売れる」というセイの法則を生み出したジャン・バティスト・セイらがいる。古典派経済学という表現はマルクスが「経済学批判」の中で用いたことに始まる。

 その後歴史の中で、社会主義経済学と勢の奪い合いを繰り広げ、19世紀後半には「新古典Neo classical)」、20世紀後半には「新しい古典(New classical)」という分かりにく過ぎる名前で何度も復権し経済に影を与えていった。


関連動画



■sm3353444[ニコ動]

■sm9067675[ニコ動]


関連商品


■az4000007750
■az4250212025


関連コミュニティ


■co1633732


関連項目



最終更新日: 12/05/14 01:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ