ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


古川登志夫


ヨミ: フルカワトシオ
掲示板をミル!
132カキコ!

古川登志夫ふるかわ としお、1946年7月16日-)とは、青二プロダクション所属の男性声優である。本名古川利夫読みは同じ)。妻は同じく声優柿沼紫乃


概要


古川登志夫
基本情報
性別 男性
出身地 日本
栃木県
生年 1946年7月16日
血液型 B型
事務所 青二プロダクション
職業
声優テンプレート

元々、中学時代は児童劇団に、大学卒業後は劇団櫂に所属して俳優として活動していた。その後、劇団櫂の座長であった中田浩二に、海外ドラマアフレコ仕事を紹介されて以降、いつの間にか声優としての仕事が増えていったという。

そのため、本来の俳優として仕事が出来なくなり、声優の専門事務所である青二プロダクションに移籍する。しかし、舞台への情熱が抑えられずに自ら劇団を立ち上げたり、ラジオ出演やバンド活動などで、ますます多忙な日々に陥いることになり、一時期は「歩く睡眠不足」とのあだ名を付けられたことがある。古川自身もどれだけの役を演じて来たかは把握しきれていない。

機動戦士ガンダム」のカイ・シデンような少しひねくれた役から、「うる星やつら」の諸星あたるのような三枚まで幅広く演じられる。「クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」では、表向きは明るくひょうきんだが、野原しんのすけの前ではシリアスでドスい発言を放つ悪役ス・ノーマン・パーを演じ、子供たちにトラウマを植え付けた。

二枚目役を中心に担当しており、前述の諸星あたるは三枚役としては初の起用、ピッコロ悪役としての初仕事だった。この2役は、声優俳優の大きな転機だったと本人はっている。

ピッコロ役以前に演じた「北斗の拳」のシン悪役ではあるものの、純な悪とは言い難い役であった。古川は当初憎々しげに演じるのかと思っていたが、ディレクターから「男の悲哀を出してくれ」と言われて、苦労したとのことである。

シーズーを飼っており、名前は「あたる」(他界)、「遊馬」、「エース」。いずれも自分が演じてきた役の名前から取っており、役に思い入れがあるからこその名付けだろう。

フィギュアマニアで、自身の演じたキャラクターフィギュアを集めている。特にピッコロがお気に入りで、青野武が演じたピッコロ大魔王フィギュアまで集めている。

本人のサイトでもフィギュアを紹介しているページがあり、他にも釣り鉄道模型ジオラマミニカー映画読書の紹介ページがあり、色々な趣味をお持ちである。

10男5女の15人兄弟の末っ子。古川の長である善一郎は、太平洋戦争時に重巡洋艦鳥海機関手を務めていたが、鳥海爆撃を受けてフィリピンで没し、22歳で戦死した。古川が生まれた時には、両親から「この子は善一郎の生まれ変わりだ」と言われたとのこと。


諸星あたる


うる星やつら」の諸星あたるは、今でこそ彼の代表キャラクターだが、放映当初は本人も三枚役の演じ方に戸惑っており、原作ファンからも降依頼が殺到していた。その反応に対して古川は、声優仕事を本気でやめようかと思うほど悩んでいた。

ついにスタッフ古川の降を決断し、その旨を原作者の高橋留美子に伝えに行ったところ、話を切り出す前に高橋から「キャスト全員イメージに近く、特にあたるは璧」と評した。そのため、高橋の意志を尊重して続投が決まった経緯がある。高橋によると、以前より古川ファンであり、古川の演技自体もあたるのイメージにぴったりだったと、後に述べている。 

後に「銀河英雄伝説オリビエ・ポプランを演じているが、ポプランは女好きであるため、ファンからは「イゼルローン諸星あたる」とのあだ名が付けられていた。


ピッコロ(マジュニア)


ドラゴンボール」のピッコロマジュニアについては、低音がどうしても出せず役作りに苦心し、息(の混じる)でこなしたと本人はっている。

ドラゴンボールZ」の戦闘シーンで、掛けバリエーションが尽きてしまった際、収録スタジオ内にあったピアノにして、咄嗟に「ピアノピアノ!」とアフレコしたことがある。また、幼少時の孫悟飯をしごくシーンでは、野沢雅子荘真由美から悟飯ちゃんをあまりいじめないでね」と言われ、八奈見乗児から「子供いじめるな」と怒られたエピソードがある。

脳内エステIQサプリ」でナレーターを担当していたが、間違い探しで「ドラゴンボールZ」のオリジナル問題が出題された際には、ピッコロナレーションを行った。


ルパン三世


ルパン三世と言えば、山田康雄、またはその跡を継いだ栗田貫一イメージが強いが、実は古川OVAルパン三世 風魔一族の陰謀」でルパンを演じたことがある。

OVA制作するにあたって、制作元である東京ムービーは当時経営難に陥っており、ギャランティが高い山田メイン5人の声優を降ろして製作費を抑えようとしていた。また、制作スタッフの中には、山田演じるルパンに対して否定的な者もおり、意図的にそのイメージを覆そうとしたともされる。

古川ルパンを演じる以前から、山田に対して尊敬の念を抱いており、彼の出演する番組を全て録画し、演技を盗もうと練習していたほどである。

ルパンオファーが入った時、「そっくりに演じれば真似、似ていなければお前ごときが、と批判される、そんな負ける商売はしたくない」と断るつもりだった。しかし、マネージャーから「他のキャストは受けているのに逃げるのか?」と言われ、仕方がなく受けることにした。

古川でやるしかなく、それで構わないか?」ということで、ルパンを演じた際は「物真似ではなく、自分ならではのルパンを」と自分のそのもので演じたが、それでも絵や山田が作ったイメージに引っられてうっかり真似してしまったとのこと。OVA発売後、大量のファンレターが届くも、中身が批判的な内容だらけだったため落ち込んだ。

なお、山田ルパンについては制作側から知らされておらず、古川山田挨拶にしに来たことで初めて知り、制作側に対して大激怒ファンからも抗議が殺到し、その後のTVスペシャル以降、ルパン山田に戻されることになった。


神谷明との関係


同じく声優で、同い年である神谷明との関係は深い。

共演する機会が多く、特にライバルや敵対関係になる役柄が多い。うる星やつら」での共演はもちろんのこと、「劇場版 ドラゴンボールZでは、監督が「古川さんのライバルといえば神谷さんだ!」という理由で、敵役であるガーリックJr.役に神谷を抜選したエピソードもある。

北斗の拳」と「シティーハンター」のオーディションでは神谷に敗れた過去があり、その際に神谷の演技や役作りに脱帽し、神谷とのオーディション争いに勝利することを標にするようになったという。

キン肉マンII世」においては、製作予算の都合上、神谷の代わって古川キン肉スグルを演じている。

また、1977年趣味として声優仲間と結成したバンドスラップスティック」でも一緒に活動していた。しかし、バンドが商業デビューする際、神谷は和気藹々と活動していたアマチュアバンドが、プロとしてデビューすることに疑問を抱いて脱退している。 


古谷徹との関係


同じく声優古谷徹とは、互いのを行き来するほど仲が良く、「機動戦士ガンダムや「ドラゴンボールなどで共演している。

古川声優としての活動して日が浅い頃、「マグネロボ ガ・キーン」で北条猛を演じるにあたって、収録が始まる前に「鋼鉄ジーグ」の現場へ見学しに行った際、古谷をはじめとした出演者の演技をの当たりにし、「こんな器用なこと、にはできないな」と思ったという。

また、スラップスティックでも一緒にバンド活動を行っていた。


主な出演作品



関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/08/24 12:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ