ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


古英語


ヨミ: コエイゴ
掲示板をミル!
38カキコ!

古英語(Ænglisc sprǣċ, En: Old English)とは、印欧語族(Indo-Europeans)に属する、五世紀から十二世紀にかけてコーンウォール(Cornwall)を除くイングランド地方(England)で話されていた言である。中英語(Middle English)、近代英語(Modern English)へ続き、現代英語スコットランド英語(Scottish English)、スコットランド(Scots)及びその他現在世界各地で話される英語の祖(Proto-language)となった言である。現在死語

便宜上、その終わりをノルマン・コンクェスト(Norman Conquest, 1066年)とする。ここから、ロマンス(Linguae Romanicaeオイル系(langues d'oïl)のノルマンフランス語(Norman French)及びれが発展したアングロ=フランス語(Angro-French)が英語に流入し、これをもって古英語は中英語に移行しはじめる。ただし、これは必ずしも、これ以後、古英語が使われなかったということではない。


概要


ゲルマン(Germanic languages)西ゲルマン語群(West Germanic languages)に属し、更にその中の北海ゲルマン諸(Ingvaeonic languages)に含まれる。アングル族(Angles)・フリジア族(Frisians)・サクソン族(Saxons)・ジュート族(Jutes)などが話していた言葉がイングランドいて混ざり合って生じた言である。古ザクセン語(Altchsisch, Old Saxon)などとも近いが、最も近い言は古フリジア(Old Frisian)である。そのため、よくアングロフリジア(Anglo-Frigian)とまとめられることもある。

ノーサンブリア(Northumbrian)、マーシア(Mercian)、ケント(Kentish)、ウェセックス(Wessex, West Saxon)の四方言に大別される(このうち、マーシアノーサンブリアの方言をまとめてアンリア方言(Anglian)ということもあるが、これはこの地域に移住してきたのがアングル人であるからである)。これはそれぞれアングル族、ジュート族、サクソン族の移住した地域に近く、つまりは、大陸でのゲルマンの分化のを受け、それが古英語の方言差となったと思われる。このうち、ウェセックスイングランド統一を成し遂げこ方言が古英語における事実上の標準となった。また、アルフレッド大王(Arfred the Great, Ælfred)の時代に聖書翻訳や伝承の集を積極的に行ったため、当時も現代もウェセックス方言が占める重が大きい。

彙は、現代英語と異なり、ケルト(Celtic)由来の地名やラテン語(Latin)由来の聖書関連の言葉を除き、ほぼゲルマン由来の単である。後期には、北ゲルマン群の古ノルド(Old Norse)のを受けるが、を受けた地域はデーンロウ(Danelawノーサンブリアとマーシア)が中心で、古英語において流だったウェセックス方言はそのが少なかった為、文章上で明確にが見えるのは中英語からになる。

ちなみに現代英語の単において、西ゲルマン祖から順当に継承したものは40のうち約1000とかなり少ない。基礎的な単でも実は外来語ということがよくあるのである。以下はその一例。

take, get, give, they, rich, egg, dream, birth, art, etc.

これに加えて、中英語以降の文法の簡略化やドイツ語(German, Deutsch)の保守性などのお陰で、古英語の文章はイギリス人よりドイツ人の方が理解ができるという場合が往々にしてあるらしい。

略語

A., acc. accusative case 対格
adj adjective 形容詞
adv adverb 副詞
art article 分詞
C consonant 子音
cf. confer 較せよ、例示
comp comparative 較級
conj conjunction 接続詞
D., dat. dative 与格
def definite 冠詞
dem demonstrative 示詞
dual dual number 両数
E. English 英語
f. femine 女性
Gmc. Germanic ゲルマンゲルマン
Goth. Gothic ゴート語
Gr. Greek ギリシャ語
I., ins., instr. instrumental 具格
IE Indo-European 印欧インド・ヨーロッパ語族
imp imperative
indecl indeclinable 不変化詞
inf. infinitive 不定詞
interj interjection 間投詞
Lat. Latin/Lingua Latina ラテン語
m. mascline 男性
ME Middle English 英語
ModE. Modern English 現代英語
N Nasal 鼻音
n. neuter 中性
N., nom. nominative
num numeral 数詞
OE Old English 古英語
OF Old Frisian フリジア
OHG Old High German 古高ドイツ語
ON Old Norse ノルド
O.Sax. Old Saxon 古ザクセン語
PGmc Proto-Germanic ゲルマン祖
PIE Proto-Indo-European 印欧祖
pl. plural 複数
p.p. past participle 過去分詞
prep. prepositon 前置詞
pres. present 現在
pron. pronoun 代名詞
rel relative 関係詞
sg. singular 単数
subj. subjunctive 仮定法
sup superative 最上
vowel
v. verb 動詞
W. Gmc. West Germanic 西ゲルマン西ゲルマン語群
1st first person 一人称
2nd second person 第二人称
3rd third person 三人称

音韻



子音


両唇音 唇音 歯茎 後部歯茎 硬口蓋音 軟口蓋音 門音
鼻音 m (n̥) n (ŋ)
破裂音 p b t d k ɡ
破擦音 tʃ (dʒ)
摩擦音 f (v) θ (ð) s (z) ʃ (ç) (x ɣ) h
接近音 (l̥) l j (ʍ) w
顫音 (r̥) r

母音


前舌 後舌
非円唇 円唇 非円唇 円唇
i iː y yː u uː
e eː (ø øː) o oː
æ æː ɑ ɑː

二重

第一
iy/ie iːy/iːe
eo eːo
æɑ æːɑ

発音・文字


古英語のりの慣習として、発音との一致がしないものもある。


アルファベット


使用するアルファベット(Alphabet)は現代英語ラテン文字26文字の内V/v, W/wを除く24文字に加えて合字Æ/æ、Œ/œと、ルーン文字Þ/þ(thorn;ソーン)とÐ/ð(eth;エズ)、Ƿ/ƿ(wynn;ウィン)とȜ/ȝ(yogh;ヨッホ)が使われる(但し、Ȝ/ȝが必ず使われるわけではない)。

現代では発音の区別のため、長音ā,ǣ,ē,ī,ō,œ̄,ū,ȳと、ċ,ġを使うことがある他、Ƿ/ƿはP/pとの区別がしにくいためW/wに置き換えられる。


子音文字


発音はほぼ日ローマ字どおりに読めばよい。ただし、一部で違うところがある。以下にそれを記す。


次へ»
最終更新日: 20/07/18 07:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ