ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


台灣


ヨミ: タイワン
掲示板をミル!
2391カキコ!
基礎データ
正式名称 中華民国
中華
国旗
通称:滿
国歌 三民主義[動]
公用語 中国語
首都 台北事実上)
面積 35,980k世界134位)
人口 2300万人(世界第47位)
通貨 ニュー台湾ドルNT$, TWD)
時間帯 UTC +8(台湾標準時,TST

台灣(台湾)とは、以下の意味で用いられる地名である。

当項では、「台湾」と同を領域に含む「台湾」、及び実効支配地域の大半が台湾である「中華民国」の3つについて扱う。

また、ニコニコ動画カテゴリタグの一つ……だった。

概要

中華民国(ちゅうかみんこく、中華)とは、1912年に建されたアジア初の共和制国家である。

の実効支配下にある台湾(たいわんとう)の面積九州よりやや狭く、人口は中部地方とほぼ同じ。

通貨は「ニュー(新)台湾ドル」で、通貨記号は$もしくはNT$だが、基本単位は「」(円の繁体字、一般的には「元」と省略)である。

時間帯は、世界定時より8時間進んだUTC +8である。中華人民共和国中国標準時(CST)などと同じで、日本標準時よりも1時間遅い。サマータイム制度はい。なお一般的な別名として「台北時間」、台湾政府の正式名称として「標準時間(NST)」と呼んでいる。

日本では「台湾」と書かれるが、現地では「台灣」および「臺灣」と表記される。当記事では日本語表記にしたがって特別の場合を除き「台湾」と記述する。アルファベットではTaiwanが一般的だが、旧称としてFormosaを使う場合がある。第二次世界大戦以前はこちらのFormosaを使用することがほとんどだった。戦後になるとポルトガル語に由来するFormosaよりもTaiwanを使うべきという考えが流となり、現在Taiwanのほうが表記としてはメジャー。ちなみにFormosaポルトガル語で「美しい」の意。

西暦のほか、が使用されている。これは1912年の中華民国設立(辛革命)を紀元とする記念法である。これを民紀元もしくは民歴という。例えば民100年は、西暦2011年である。


国際的地位


1949年の中華人民共和国の建以前は世界の大半から国家承認を受けていたが、大陸の喪失と蒋介石及び中国国民党の台湾敗走を得て、影が衰退していく。1971年アルバニア決議を得て、中華人民共和国際的地位を取って代わられ、現在際的には一部のにしか承認されていない。中華人民共和国政府は台湾を中華人民共和国台湾であるとしているが実効支配は出来ていない。国際法上の地位は各により異なる。としては下記の通りである。

  1. 日本統治の終了以後、国家空白地帯」(台湾地位未定論)
  2. 日本の撤退以後、中華民国の領有が認められている」(中華民国政府)
  3. 「中華民国は消滅しており、継承理論により中華人民共和国の領土である」(中華人民共和国政府)
  4. アメリカ合衆国や連合の暫定統治」(しかしアメリカ政府としては「台湾の中華民国領有に疑問はい」としている)

1912年の辛革命により中国本土で生まれた「中華民国」が正式なである。中華民国を率いた中国国民党第二次大戦後に中国共産党から中国本土を追われ、台湾に進駐。これが台湾において「中華民国」という表現が使われる所以であり、国民党は今も「大陸本土の奪還」(大陸反攻)を諦めていない

しかしながら、現状台湾が独立した共同体となっていることは明であり、台湾独立を望むも内外から強まっている。処での「台湾独立」は、「中華人民共和国中国共産党)と中華民国(中国国民党)双方からの独立」を意味する。民主進歩党独立を標榜しているが、1992年中華人民共和国と中華民国(中国国民党)は「一つの中国を維持する(=台湾独立を認めない)」ことで合意している。

一つの中国とは、「中国はひとつだから、中華人民共和国か中華民国のどちらかを選べ」という外交政策である。中華人民共和国・中華民国の双方が「中国のものだ」としている為に起こる政争。鄧小平による革解放後は、中華人民共和国との立し、中華民国と断交する国家が相次いだ。日本田中角栄日中交正常化を達成すると同時に、中華民国と断交した。2015年現在バチカンパナマ、パラグアイなど22が中華民国を承認している。(中華人民共和国165以上)

アルバニア決議後、中華民国は国連を脱退した。そのため、UNESCOへの世界遺産申請も不可能である。現在国連でも、中国中華人民共和国だったり、中華民国が建前上本土奪還を諦めていない事情もあり、オリンピックではチャイニーズタイペイ(中華台北)を名乗らざるえない。ただし最近、日本マスメディアは「台湾」と呼称するメディアも増加している。

中華民国の行政区域としての台湾(たいわんしょう)について、中華民国政府は中央と地方の繋がりを強化するため、1997年台湾の機凍結を決定し、同年で実施した(このことは一般的に「凍」、「」などと呼ばれている)。明文法律としての規定上、あくまで「機停止」であって、「止」ではなく、台湾の身分明書は今でも住所欄に「台湾」と書かれている。が、15年以上も経った現状では、「台湾は台湾、台湾はもうない」というのが台湾民衆の一般的な認知であるようだ。なお、中華民国は台湾だけでなく福建に属する嶼地域(地区)も統治下に置いているため、としての台湾と台湾イコールではない(なお福建も台湾同様「凍」によって機が停止されている)。

先述の通り、中華民国と交を持たないが多いが、これは貿易や交通を禁止するものではない。1970年以降、急速な工業化と高い経済成長率を達成し、アジアNIESとなる。現在では、HTCASUS、鴻などが世界企業として認知されるほどである。

2008年からは、中華人民共和国との「三通」を開始し、関係の善が図られている。これにより両の港湾解放に伴う貿易や、直航便の解禁による人的交流が、以前に増して盛り上がりを見せている。

対日関係

日本政府は、1972年日中交回復に伴い「中華人民共和国」を正式かつ一の中国政府と認めた際に「中華民国」と断交している。すなわち台湾を国家として承認していない。これが政治的には台湾と距離を置かざるをえないというジレンマを生んでおり、日本における故宮博物館展で「国立」の文字を消去するなど、しばしばトラブルの元になっている。その後、「立」が復活東京国立博物館特別展 台北 國立故宮博物院 -神品至宝- [外部]九州国立博物館特別展 台北 國立故宮博物院 -神品至宝-[外部]

日本では国家として承認されていない為、民95年(2006年)に正された台湾の「國籍法[外部]」で「中華籍」と規定している台湾籍を、出生が日本日本国籍保有者が取得する事は、日本国籍から離脱する際に他籍をもっている必要がある等の条件から基本的には出来ない。

台湾人は非常に親日的で、日本が好きだという人が多く、日本を高く評価しているといわれる。これは日本統治時代に、鉄道ダムなどインフラの建設、識字率の向上、衛生環境が行われたためである。近年は、日本の芸アニメーションが盛んに輸出されており、哈日族が形成、維持されている。

一方、負の歴史も存在するため、日本を良く思わない年配の台湾人もいる。皇民化政策などの日本統治に反発する武装起も発生したが、日本逮捕や殺で弾圧した。台湾原住民(先住民)との間では、社事件が発生した。また台湾における慰安婦問題被害を訴える方もいる。

また日本統治時代の全肯定に否定的な台湾人も多い。肯定論者でも「中国国民党の統治よりも日本統治時代がマシ」と相対的評価をする場合がある。このように日本統治時代の評価は様々であり、デリケートな要素を含む。日本統治時代の台湾」をる時、特に台湾人と会話する際は注意を要されたい。

2010年中国漁船衝突事件以降の尖閣諸島の領土や両関係の善もあって日台関係が冷えつつあると言われていた時期もあった。ただしこれは「昔ながらの漁場」感覚で、尖閣諸島バイトしに行っているというのが実情である。大抵香港大陸くらんだ一部の漁民は、大陸に輸出していたりする。なお2013年に「日台漁業取り決め」が締結され、漁業における問題は一定の解決が図られた。

前記の通り、中華人民共和国との共同明により、中華民国=台湾は国家として承認していない状態だが、民間交流は、政治的交流とはべ物にならないほど盛んである。

東北地方太平洋沖地震に対して台湾のテレビ局21局がチャリティー番組を放送し、日本円にして義捐40億円相当が集まった。
東日本大震災津波被害にあった宮城県南三陸町病院(南三陸病院・総合ケアセンター三陸)が台湾からの22億円の義援を得て復活。この義援の額は建設費の4割にあたる津波に浸かった南三陸町の公立病院、台湾の義援金22億円で復活[外部]

最初に海外版のニコニコ動画が開設された地域であり、プレミアム会員も存在する(詳細は次項参照)。

台湾の言語

台湾の公用語中国語である。中国語以外にも大陸由来の台湾閩南閩東先住民の言などが広く使用されている。台湾閩南は台湾とも言われる。

時折、台湾の公用語を「台湾」と勘違いする者もいるが、「台湾」は台湾閩南の別名であり、公用語中国語とは異なる。「台湾」で話し掛けても理解できない台湾人もいる。特に、若年層は顕著である。

台湾閩南や客の正書法は、19世紀に伝来したキリスト教教師が開発した教会ローマ字(別名:話字)である。ただし漢字でも、方言字やローマ字を交えて表記可である。

例として「台北」の教会ローマ字表記は、台湾閩南では"Tâi-pak"、客では"Thòi-pet"となる。

中華民国教育は、上記の教会ローマ字を推奨している。しかし漢字表記の反対も根強い。

戦前日本に統治されていたため、日本語ネイティブの高齢者が存在する。また哈日族の若者は第二言として、日本語を学習するものが多い。そのため、日本語を理解できる人々が較的多く存在する。そして台湾内の外来語に、強く影を与えている。

台湾は多民族で構成されている。そして言も各民族ごとに存在する。公共放送PTSでは台湾閩南・客での放送も行われる。台北捷運(MRT)などの公共交通機関では、中国語→台湾閩南→客英語 と原則4言で放送される。

台湾全土ではにこの4言が中心であるが、台湾南部・東部では先住民アミ族の言であるアミの構内放送・車内放送も実施されている。2005年には原住民族テレビ[外部]が設立され、各先住民族の話者による放送がなされている。各先住民の言は、言語学的にオーストロネシア語族に属する太平洋系の言である。
中国語・台湾閩南・客は、大陸系のシノチベット語に属し、先住民族の言とは異なる。


台湾の中国語


台湾中国語は、言語学的には中国の標準中国語普通話/北京語)と同一である。しかし全に同一ではなく、以下の点が異なる。

台湾(中華民国) 中華人民共和国
呼称 ・台湾 普通話
漢字の字体 繁体字・正字体 簡体字
記号 ボポモフォ(初等教育
通用ピンイン、ウェード式(地名など)
ピンイン
発音特徴 調が緩い 調が鋭い

次へ»
最終更新日: 19/01/23 05:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ