ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


合気道


ヨミ: アイキドウ
掲示板をミル!
272カキコ!

合気道とは、日本武道である。


概要


円の動きを多用し、合理をもって相手を制するを旨とする武道武術あいきどうのひと

会津のお抱え武術だった大東流合気柔術ベースに、武道・植芝盛がいろいろ工夫を凝らして完成させた。盛の立ち上げた合気道以外にもいくつか「合気道」を名乗る流は存在するが、基本的になんの説明もなく「合気道」と言えば植芝流(=「財団法人日本合気会」下団体)をす。現在は3代植芝守央が

合気会以外の流はいずれもマイナーであるが、較的規模の大きいものとして、盛子の立ち上げた日本合気道協会(昭館合気道)、養館合気道などが存在する。また、8090年代に「西野式呼吸法」を広めた西野皓三や、合気道の実戦性の低さから叛旗を翻した櫻井文夫の合気道S.A.あたりが武術オタを中心にやや知られていると思われる。古武術の例に漏れず、うさんくさい団体が多いので要注意(特に氣のパワーで吹っ飛ばすのを売りにしている系はまずオカルト武術)。高校大学の合気道部は基本的に日本合気会の下と思われる。

この他、平井稔が創始した輪洞合気道も存在しているが、名前が同じなだけで上記とは全く別の武術である。

通常、合気道場には植芝(開祖・盛、2代・吉祥丸など)の写真が飾られている。部活の場合、柔道部と半分ずつ分け合ったりする羽になるケースも多い。場が使えない場合は外で基礎トレや木術の稽古。

武術としての特徴は、基本的に相手に攻撃させるところから始まる点。
稽古は「相手が武器を振り上げ/振り下ろしてくる」「相手が突いてくる、または突進してくる」「相手が衣服の襟や胸倉をつかんでいる」「自分の持っている武器や腕を封じに来る」という想定の状態から始まり、相手の攻撃始動モーション(振り上げとか)と同時に動き、2モーション(振り下ろしとか)と同時に制圧の形に入る。この際、正面から向き合わず、最初のモーションで接近すると同時に身体の向きを変えて側面や背面に密着し、相手の攻撃を“受け止め”ない。この相手のに逆らわず、相手の動きに和合し、相手を制する術理、及びそれを可にする精体の状態が「合気」の由来と思われる。相手から見て攻撃可能面積が狭く、次のモーションに移行しやすい「半身」を基本姿勢としており、最小限の体捌きで向きを変えながら懐に入り、あるいは攻撃の先端を捉え、化を狙う。


よくある誤解


高名な合気道家

植芝盛
合気道の開祖。大東流の達人・武田から伝授された柔術ベースに合気道を立ち上げた。大本という宗教に傾倒し、 霊者・出口王仁三郎の警護のために満州に渡って賊と戦ったりした。弾6発を回避したエピソードなどは合気道部に入ればだいたい先輩から聞かされること間違いなしの定番レジェンド身長150センチそこそこだった。

なお、小柄ながらその体は非常に体幹が強く、村人が複数人で抜こうと躍起になっていた木を少しずつずらしながらとうとう一人で抜いてしまったという逸話もあったりする。
(本気で武術として合気道を修めている人は柔道に遜色ないほどしっかりと筋をつけている。筋トレーニングの積み重ねというより、膨大な量の鍛錬の中で体が作られていくのである。)

塩田剛三
以上に人間離れしたエピソードをいくつも持つ、近代日本武術史のカリスマ。盛の元で合気道を学んだのち、養館合気道を立ち上げる。やはり身長150センチ台、体重も40キロ台と極めて小柄だが、 その強さはまさに伝説的。「こんな小さい日本人が強いわけがない」と疑ったロバートケネディのボディガードを圧倒した映像は、たぶんニコニコのどこかで見ることができるだろう。漫画グラップラー刃牙」の渋川剛気のモデル

スティーブン・セガール
現在時点における人類の最終兵器。 


その他、ニコニコ大百科によればリチャード・マック・マコウィッツ狩野すみれ泉こなた花見川といった人物たちが合気道またはそれに類する武道をたしなんでいる模様。

関連動画


■sm355485[ニコ動]

関連商品

■az4862203663
■azB0000AKIE2

関連コミュニティ

■community

関連項目


最終更新日: 20/08/04 10:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ