ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


吉村貫一郎


ヨミ: ヨシムラカンイチロウ
掲示板をミル!
8カキコ!

吉村貫一郎とは、新選組隊士である。諸士調役兼監察、新撰組師範を務める。氏の名は浅田次郎の小説壬生義士伝』により、一躍有名になった。


概要


肩書は諸士調役兼監察、さらに新撰組撃師範。沖田総司永倉新八斎藤一などという、幕末剣豪っていた新撰組いて撃師範という重役に就いていたにも関わらず、その動向は文献の少なさ故、今日にはど伝わっていない。 

保11年(1840年)、州は盛の下級武士庭に生まれる。文久2年(1862年)、を脱し、大阪に赴いたとされる。彼の流幕末当時、最もポピュラーであった北流(奇しくも後に粛清される伊東甲子太郎と同門)であったという。 

慶応元年(1865年)、新選組に入隊。この時に「を貫く」という意志から「貫一郎」の名前を名乗ったとされる。現在では甚だ疑問視されているものの、脱の際に元に残してきた妻子がいたとされ、中においても家族への送を欠かさなかったという。近藤勇らの長州尋問使に同行し、著名な幹部である山崎烝(肩書は同じ、諸士調役兼監察)と共に長州の動向を調していたことが『中山忠能履歴資料』という史料によって確認されている。諸士調役兼監察(つまり、敵方の密偵と、隊内の不穏分子を調べ上げる憲兵的役割)、剣術師範という重役を務める傍ら、様々な対外交渉の度に駆り出されていることから、文武に優れた士であったことがばれる。

慶応4年(1868年)1月羽・伏見の戦い後、新撰組本隊とはぐれ吉村は途方に暮れ、大阪の盛邸に逃れて帰を願い出たという。だが、蔵屋敷差配役を務めていた南部臣・大野次郎右衛門(架の人物とされる)に「武士としてあるまじき行為」と咎められ、邸内にて自したとされる。享年29。自の際、その亡骸の傍らには家族への送を願う旨の遺書とともに、幾許かの銭がえて置いてあったという。

以上は子沢寛などの作家によって創作されたものであることがわかっており、実際は羽・伏見戦の最中、弾に斃れたとする説が今日では一般的である。「妻子を養うための送」「盛邸に逃れ自」というドラマチック末も、実際は創作と思われる。諸士調役兼監察、新撰組撃師範という重役に就いておきながら、吉村貫一郎という人物について分かっている事は非常に少なく、南部側の資料によれば、本名も吉村貫一郎ではなく嘉村権太郎であったと言われている。

小説壬生義士伝』のドラマ版ではハリウッドスター渡辺謙が、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した2006年映画壬生義士伝』では、中井貴一が彼を演じた。

 


関連商品


■az4004308550
■az4408102830
■az4122027586
■az4122027829
■az4122027950
■azB000YDBVGA
■azB000068RDV
■azB000K4WTIW
■az4167646021
■az416764603X
■az4047250325


関連項目



最終更新日: 14/12/10 02:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ