ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


名古屋グランパス


ヨミ: ナゴヤグランパス
掲示板をミル!
37カキコ!

名古屋グランパスとは、愛知県名古屋市豊田市みよし市を中心とする愛知県全県をホームタウンとするJリーグプロサッカークラブである。
2008年より呼称を、名古屋グランパスエイトから名古屋グランパスに変更した。


概要


日本プロサッカーリーグ
名古屋グランパス
基本情報
創設年 1939年
クラブカラー レッド
ホーム
スタジアム
名古屋市瑞穂公園陸上競技場[名古屋市瑞穂区]
豊田スタジアム[愛知県豊田市]
ホームタウン 名古屋市豊田市みよし市を中心とする愛知県全県
前身クラブ トヨタ自動車サッカー
プロサッカークラブテンプレート

Jリーグ発足時より参加しているオリジナル10の一つ。前身はトヨタ自動車サッカー部。 ホームタウン愛知県名古屋市ホームスタジアムは名古屋市瑞穂陸上競技場および豊田スタジアムである。

Jリーグ発足時は弱小チームだったが、1994年ドラガン・ストイコビッチ、翌1995年には監督としてアーセン・ベンゲルチームに加わるとチームは一変。リーグ戦で健闘し、天皇杯ではタイトルを手にする。

1996年途中にベンゲルが去って以降はリーグ戦で中位をうろつく状態(それでも99年に天皇杯を獲っていた)が続いていたが、2008年ストイコビッチ監督就任を機に躍進。優勝争いに加わり、リーグ戦3位でシーズンを終えた。

ストイコビッチ体制3年2010年田中マルクス闘莉王を始め崎夢生や千代反田充を獲得しダニルソンが期限付き移籍で加入。開幕戦は勝利したもののチーム染むのに時間がかかった。しかし、第18節に首位に躍り出てからは徐々に勝ちを積み重ねていった。そしてついに最終節を残し第31節の湘南戦を初のJリーグ年間優勝タイトルを手にした。最終的には一度も首位を明け渡すことなく、最終的には「シーズン23勝」(3分8敗)、「勝ち点72」(タイ記録)、2位G大阪との「勝ち点差10」など1シーズン制移行後最高の記録を残し、圧勝でリーグ戦を終えた。

2013年シーズンをもって、丸6年チームを率いたストイコビッチ監督が退任。後任には西野朗の就任が発表された。しかし、順位は振るわず就任二年終了後退任。

2016年小倉隆史が就任するも成績が振るわない中休養を発表の後コーチに復帰していたボスコ・ジュロヴスキー監督に就任した。一時は残留圏まで順位を上げるも最終的に16位で初のJ2降格が決定。シーズン終了後にジュロヴスキー監督を退任した。


J2降格後


クラブ初のJ2降格により多くの選手の流出するも広島から移籍した佐藤寿人を始め渋谷飛翔や押等が加入。また、期限移籍の櫛引一紀や宮原和也とC大阪から復帰の玉田そして、移籍の噂があった田口泰士がクラブへの残留。新監督前川崎の風間が就任。
そんな中ではじまった2017年は開幕戦こそ勝利を収めるも第3節の敗北で13位まで下降するもその後4連勝を挙げ一時は首位に立つもその後6位に転落。最終的には自動昇格2位長崎抜くことが出ず3位でプレーオフに回った。
プレーオフ準決勝はシーズン2敗の千葉を相手に逆転勝利し、決勝では福岡スコアレスドローであったもののプレーオフ規定によりシーズン上位であった名古屋が昇格となった。
これにより1年でJ1復帰を果たすもクラブシーズン得点数得点数1位の圧倒的な得点を見せた反面、失点試合は42試合中わずか7試合で、総失点数はリーグワースト6位(65失点)、かつJ2から翌年J1に昇格したクラブとしては史上最多の失点数を記録となった。


2012年シーズンより、ホームタウン名古屋市のみから名古屋市豊田市みよし市を中心とする愛知県全県に拡大した。


主な所属選手


現役

OB


主なタイトル



関連動画



■sm6116868[ニコ動]

■sm2659909[ニコ動]
■sm5880439[ニコ動]


関連商品


■azB01MRS063A
■azB001F8ROGY
■azB001CZ7JR4
■az4817254122


関連項目



関連リンク


名古屋グランパス Official Web Site[外部]


最終更新日: 19/11/19 02:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ