ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


呂蒙


ヨミ: リョモウ
掲示板をミル!
460カキコ!

呂蒙Lǚ Méng178年 - 219年)とは、中国後漢末期の武将。『三国志志に登場する。
字は子明(zǐ míng


概要


県(現在の安徽阜南県)の人。義の縁故により、最初は孫策に仕える。
最初は異民族・山越の討伐に向かう義の軍にこっそりついていき、気づいた当とに怒られた。しかし呂蒙は「貧しい暮らしから抜け出す為にも、危険を冒してでも功を上げなければなりません」と反論。これには二人ともぐうの音も出なかった。この時15~16歳だったという。
しかし当配下の官吏に悪口を幾度も言われ、いせにり殺したという話が伝わっており、相当血気盛んだったらしい。その後逃亡するも思い直して自首したが、心がけ殊勝であるとして孫策に許され、配下となった。基本的に孫呉ヤンキー気質なのでは……

その後200年に孫策が死去、孫権が後を継ぐ。
閲兵式において呂蒙は自分の部下達の軍装を備えにして参加。よく立つ軍団の見事な統率と高い練度を見た孫権はおおいに喜び、呂蒙の配下を増やすよう命じた。

その後は丹陽征伐や黄祖討伐、江陵の戦いと、多くの戦に従軍しに貢献する。
江陵の戦いの時点ではまだ若く、武者のイメージ内外でも強かったようだが、絶望的な状況に置かれた甘寧を助けるための策を献じたり、周瑜に退路遮断を献策したりと、後の「智謀の将」に繋がる片鱗を見せ始めていた。

(以降はわかりやすさをメインに記述しています)


周瑜の没後


孫権に勉学を勧められ、蒋欽と共に励むことになる。(江表伝より)

初めこそ孫権の「やれよ」という言葉に「軍事忙しいしむりぽ」と断ったものの、
孫権に「お前より忙しいのに勉強してるっつーの。それにお向かいの徳さんだって年食ってから勉強ハマったらしいぜ?言い訳しないでお前もやれっつーの!」と諭され
イヤイヤながらしぶしぶと学問を修めることになる。

わりとすぐにハマったそうだ。
しかもハマり方が尋常じゃなく儒学者レベルの知識を身につけたそうな。凝り性さんめ。

あの有名な「下の」「士別れて三日なれば即ち更に刮して相待すべし」とかの
魯粛とのやり取りは、この項を見てる人なら大抵知ってると思うから説明しなくてもいいよね!


荊州返せ


劉備を手に入れたことにより、孫権が荊州の三を返すようにいった際、

       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( )  ()\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  <州手に入ったら全部返すおwwwww
  |    mj |ー'´      |   (出来ないし返すつもりはないおwww
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ劉備

 とナメた発言をされたので孫権ブチ切れ、呂蒙・魯粛を荊州に派遣劉備を攻めた。
それで降伏させたりヒゲ将軍と和解とかした。(当項はわかりやすさをry)


その後


孫呉の領土である関に入り食料を奪取したり割と外道な行為を行ったヒゲ将軍を討つために
当時名の陸遜を自分の後任に推薦したり、ヒゲ将軍の周囲の人間から降伏させたり裏切らせた。
更に呂蒙自ら白衣の商人のコスプレしたり、虞翻手紙書かせたりして説得したりした。

ヒゲ将軍のいい所は民には優しいという事だが、同じくらいの立場の人間に対してはあからさまに見下していた。今まで勝手に格下扱いされてた武将・文官が次々にヒゲ将軍を見限ったのも仕方ないね
普段の接し方って大事。

占領したにおいても、呂蒙は内の人に侵入する事や略奪行為をする事をかたく禁じた。
そんな中、呂蒙と同郷の兵士を防ぐためにと、民家からを一つ取り立てる。
それを聞いた呂蒙は「同郷の人間といえども法を変えることは出来ない」と言い、その兵を処断。
以降、呂蒙配下の兵士はたとえ路上に落ちてる物があっても拾うことはなくなった。

また占領下における人間への気遣いぶりはハンパじゃなかったらしく、
病人がいれば医師をやり、飢餓や寒さに苦しむ領民がいれば食料や衣類をやったそうな。

こうなると、民の支持はいないヒゲ将軍よりいる呂蒙に向くのは自明の理であった。


関羽討伐・最期


で、そんなこんなで帰る場所がなくなったヒゲ将軍。頼るべき味方もほぼ投降してしまった。
に篭していてもジリ貧ということに気付いたヒゲ将軍親子は、決死の覚悟で中央突破を望む。
……が、彼らが通ろうとしたには朱然潘璋が既に待ち伏せていたのだ。
かくして三国志伝説を刻んだ軍関羽も、呂蒙の手により敢えく果てる事になった。

しかし、呂蒙も荊州を占領した後、程なく持病が悪化。そのまま帰らぬ人となる。

陳寿は呂蒙を、勇敢であるとともに軍略を知る、単に武将であるだけに留まらない人物と評している。

呂蒙は死ぬ前に自分の後釜に朱然を推している。
陸遜ではないの?と思われるかもしれないが、朱然は呂蒙から「決断・実行ともに十二分」と太鼓判を押されている。

これを受け孫権朱然に仮節を与え、江陵の守備に就かせた。
もっとも222年の夷陵の戦いの際、陸遜孫権に大都督として抜され、実質的に呂蒙の後継者となったので、呂蒙の遺言は通らなかった事になる。
(この人事自体は結果的に大当たりではあったのだが)


創作作品での扱われ方


上記の関羽を討ち取った下りは、現代にも後を引いている。
スキーな方々からしてみれば関羽は軍。呂蒙はそれを討った逆賊。
推しからの呂蒙のディスりぶりはそりゃあもう半端なかった。

贔屓に定評のある羅貫中さんの『三国志演義なんかじゃ、呂蒙は関羽の呪いによってトチ狂い、孫権の胸倉を掴んで罵詈雑言を絶叫し、体中のから血を噴き出して死んだことになってる。
なにそれこわい

他にも呂蒙といえば「残虐」とか「狡猾」とかそういったマイナスイメージが付いて回ることが多い。
それもひとえに関羽を処刑したところから来ているのだろうと推測される。
まあ、作品を盛り上げる為には仕方ないと仕方ない部分もある。

だが、「人形劇 三国志」。てめーはダメだ。

人形劇 三国志」はお子様向けの為に、ストーリーを解りやすい勧善懲悪にする必要があった。
その結果、呂蒙がどうなったかというと

「荊州の領民を惨殺したうえ、それを止めさせるために投降した関羽を騙し討ちにしたひどいジジイ

と化した。
しかも関羽赤兎を自分のものにしようと虐待し、遂にはキレた赤兎が旧討ちとばかりに底へダイブする連れとなって死ぬという情けない退場を遂げている。
この「呂蒙と呼ばれる何か」の醜態にファンは怒りと悲しみに包まれる事になった…っていうか田中芳樹普通に怒ってました。

ちなみに、横山三国志では知将とは思えないやたらごつい男として登場。
外見に正史の経歴が反映されているのかどうかは不明。

だがせよ!
そんな可哀想な呂蒙さんも正史や逸話が知れ渡るにつれて、扱われ方は向上している。

蒼天航路』では「一度に三つ以上の事を考えると鼻血が出る」萌えキャラ
三国志大戦』では初代SRカードイラストからデコネタで弄られる萌えキャラ
無双シリーズ』では若者から「おっさん」と言われてぷんすこする萌えキャラ
真・恋姫†無双』では可らしい性格から営でも絶大な人気を誇る釣り目片眼鏡萌えキャラ

こうして現在ではいろんなタイプの呂蒙がより取り見取り。いい時代になったものだ。

だが、「人形劇 三国志」。てめーはダメだ。(大事な事なので二回言いました


関連項目



最終更新日: 18/10/08 12:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ