ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


喜界島


ヨミ: キカイジマ
掲示板をミル!
5カキコ!

喜界島とは、鹿児島県に属する離の一つである。


概要


喜界島の位置場所は奄美にあり、奄美大島の東に位置している。自治体としては喜界町がある。全体の人口は約8,000人。

サンゴを起とする岩石で覆われているサンゴ礁のである。

移動は鹿児島市鹿児島港、奄美の名瀬新港から航路が出ている他、鹿児島空港から路で喜界空港で移動できる。

には携帯電話電波が届く上、通信は利用できないがADSL回線が使える。

HTB水曜どうでしょう』のロケ地になったことがある。リヤカーで喜界島を一周するという企画があった。

CBCノブナガ』の『地名しりとり』でもペナルティワッキーが訪れているが、北海道にいるのにルール路が使えないため、陸路と航路を合わせて半日以上かけて移動した伝説がある。


特攻花と戦争


喜界島では「特攻」、和名はテンニンギク戦争の悲惨さをり継ぐ。
毎年平和へのメッセージを咲かせ続けている。第二次世界大戦(太平洋戦争)の時、喜界島は航空基地があり沖縄戦線への特攻中継基地であった。戦場立つ若い戦士に贈った別れの。「特攻」…大事にしましょう                       喜界町

1931年、日本海軍によって喜界島に飛行場が建設。大東亜戦争劈頭では南方作戦を支える前進基地として機した。1944年には迫る本土侵攻の脅威に備え、拡工事を実施。7月からは軍部隊が常駐した。戦闘揮所跡は町定の史跡となっている。

しかし敗色濃厚となった1945年3月アメリカ軍による沖縄侵攻が始まった。対する軍は大量の特攻機を以って迎撃を開始。ちょうど鹿児島沖縄の中間にあった喜界島は中継地となり、本土から飛来した特攻機が夕暮れ時に一旦着陸し、補給・整備を受けた。

婦女子は、特攻に向かう隊員に向けてテンニンギクを手向けた。隊員は「綺麗なテンニンギクを一緒に散らせてしまうのはびない」と考え、出撃直前に飛行場の片隅に植えたり、出撃後に防を外して放り投げた。こうして飛行場周辺にテンニンギクが根付き、咲き誇る姿は現在でも見る事が出来る。このような歴史からテンニンギクは特攻と呼ばれている。民にとってテンニンギクは「平和を願う」であり、特別な意味が込められている。

しかし5月に入ると喜界島飛行場は中継地としての積極的な運用がされなくなり、代わりに不時着時の定地となった。5月20日沖縄を守備する第32軍から「喜界島侵攻の恐れあり」と報告が入り、あまつさえ新任の指揮官すら未着任だったため、一時は大混乱に陥った。事実上見捨てられた形となったが、米軍機による襲はあれど本格的な上陸はかった。

1996年に戦没者慰霊之碑が建立された。

関連動画


■sm2431748[ニコ動]

■sm4992947[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/07/21 19:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ