ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


四乃森蒼紫


ヨミ: シノモリアオシ
掲示板をミル!
83カキコ!

四乃森蒼紫(しのもり あおし)とは、漫画るろうに剣心の登場キャラクターである。


概要


15歳で隠密御庭番衆の御頭の座についた天才隠密。大政奉還の後、明治政府は四乃森蒼紫だけ要職を用意したが、部下(般若、火男、式尉、癋見)のために職を蹴ると、戦いへ身を投じるために放浪を続ける。

隠密として幼少時から鍛錬を重ねている事もあり性格も常に冷静沈着で、基本的に無口かつ無表情。表情(微笑など)を湛えたのも、全編を通しても数回しかない。だが表面上通り冷酷な人物かというとそのようなこともく、自らを守って散っていった部下達に対する言動から解るように情には熱い。
なにより、「るろうに剣心」作中でも屈の美形キャラとして、作中の女性達のみならず読者からの人気も高い。
剣心の事も当初は「御庭番衆が最強の座を手にするべく、倒すべき敵(=伝説の人り)」でしかなかった。 しかし、京都編での決着を通して後述するように剣心に手を貸すようになっていく。

 

初登場時(3巻・東京編)は武田に雇われた用心棒として剣心の前に現れる。そしてデコも広かった。
だが般若達共々剣心との戦いに敗れ、さらには観の裏切りで4人の部下を全員失ってしまう。

やがて「京都編」で再び登場、自らを守る為死亡した部下たちの墓の前で(最強)の2文字を添えるため、「人をゴミ同然に切り捨てるところが特に気に入った」と自らを評した志々雄真実と同盟を組み、自らを倒す覚悟を決め決闘を挑んできた翁を返り討ちにすると、志々雄アジトで剣心と再度交戦。
その最中、剣心を交えながらの説得の末に御庭番衆御頭としての誇りを取り戻し、再び敗北
そして志々雄真実との最終決戦では志々雄に倒された剣心斎藤一相楽左之助・・・ もはや勝ちがないと思った時、「いや、止めも、勝利の余韻も、まだい」と蒼紫が手負いの状態のまま割って入り、剣心復活までの時間稼ぎのため志々雄に勝負を仕掛ける。その結果、剣心達の勝利に少なからず貢献してみせた。
最終的に剣心が操と約束した通り蒼紫は剣心と共に屋へと帰るが、様々な出来事が去来した経験から屋へ戻って以降は単身、座を組み瞑想の中で自らのに進むべき生き様を模索する日々を送る。

京都編に続く「人誅編」でも引き続き操と共に登場した。死亡(実際には縁に拉致されただけだが)した後の展開において、剣心の復活やの死を巡る真実の解明などにおけるキーパーソンとなっている。
先の瞑想の日々を経て「御庭番衆最後の御頭として、最後を締め括るべく外法の悪党を外法のをもってさらなる闇へと葬り去る」信念に覚めた彼は精的に大きな飛躍を遂げており、そのをもって外印の部下・朱雀を倒すという活躍ぶりを見せた。(外印からは、上述の精面の成長ぶりから「志々雄アジトで見た蒼紫とは、まるで別人のように強くなっている」と評されている。)

全ての戦いが終わった後は屋の本来の業務である「料亭の」としての日々を送っており、剣心共々戦闘からは身を引いている。

 

名前の由来は、新潟県長岡市悠久山の神社一辺をす地名「あおしのもり)」からと言われている。


戦闘術


蒼紫の戦闘スタイル、及び使用技について記述。
当初は小太刀も一流だったが、京都編以降は先代御頭の戦闘スタイルである「小太刀二刀流」を独学で会得したことで、下記に記す二刀流へと移り変わった。

の動き
蒼紫の得意技の1つ。緩急自在に動くことで「動」の動きに慣れた相手を自在に翻弄する。漫画アニメでは残像を発生して動いたり、複数に分身する描写で表されている。
弱点は、攻撃に移る際に「動」の動きが出てしまう事か。
最初に剣心と交戦した時は、後述の必殺技回天舞」へ移る前動作として用いられていたほか、以降の戦闘でも攻撃を回避するために使われていることが多い。
回天
上述の、流の動きから繰り出す攻撃。逆手に持った小太刀の三連撃。
蒼紫の当初の義(必殺技)で、彼にく「過去江戸城び込んできた賊を、全て始末してきた技」。
剣心の持っていたを輪切りにしてしまう程の威を持つ。
しかし剣心に対して二度を放った際、上述の弱点を突かれ破られた。
どうでもいいが、下記の「回天舞六連」共々、「回舞」と誤記される事が多い。

小太刀二刀流

京都編以降から蒼紫が使用する、小太刀二刀流からなる戦闘術。
普段は一本のの両端に二本のが納められており、一見すると一本の長にしか見えないが一旦抜き放つとその正体は二刀流であった・・・というのは、作者・和アイデアからきている。
ちなみに抜した後のについては、「戦いが終わったら落ちてるを拾いにいきます」との事らしい。何だかカッコワルイなぁ・・・と思いきや、外印との戦闘ではもちゃんと戦いの具として利用している。よかったね。

陰陽交叉
二本の小太刀を直に交差させ、振り下ろす。
防御されても両腕ので押し切れる構造ゆえ、翁の持つ鋼のトンファーを切断してしまうほどの切れ味を持つ。
陰陽撥止
二本の小太刀飛び道具として発射する、飛術。前方の小太刀を、後方の小太刀で突きながら飛ばすので二本とも全く同じ軌で飛ぶ。そのため、後方の小太刀が前方の小太刀に隠れており、正面から見るとあたかも小太刀が一本しか飛来していないように見える。
二本とも避けられても、蒼紫自身が即座に間合いを詰めて拳法叩き込む事もできるので、総じて相手の隙が誘い易い。
鉤十字
太刀を、ハサミのように交差させり付ける。誤報10時ではない。
相手の頚動脈(首元)を狙って繰り出す技と思われ、剣心との戦闘では、この技で剣心の頚動脈を一重で切断するところまで追い込み、そして外印との戦闘では一重で攻撃をかわした外印の覆面を切り裂き、素顔を露にさせたほど。
回天舞六連
上述の、回天舞が二刀流バージョンとして昇された、蒼紫の新たな義。
二刀流から瞬速の六連叩き込む必殺技。最初の一撃が左右どちらから入るか見切られにくいという強みがある。威もまた義として申し分く、大木を切り倒してみせたほか翁との戦闘で最初に披露した際は翁を「いつ死んでもおかしくないほどの重傷」へと追い込んだ。(後者については、「蒼紫が意識に手加減していたお陰で生き延びられた」と評されているため、対人ならば確実に死亡、ないし戦闘不能へと追い込めるだろう。)
もっとも翁戦以降はというと、技そのものが不発に終わったり(VS剣心VS志々雄)、朱雀との戦闘では技の動き自体をコピーされた結果全く同じ技でうち返されるなど、どこか不遇な感が漂う。

ニコニコでは


フタエノキワミから。おもな空耳ネタ

など。


関連動画



■sm11755505[ニコ動]

■sm8215266[ニコ動]

ニコニコRPGでもボスキャラとして登場。四VSマリオ闘が見られます。

■sm4155387[ニコ動]


関連商品


■azB00005GAPF
■ysj-shop_FA00029
■ysotakaraitiba_ruro05
■ystoysantamark2_g-rurousuingu-004


関連項目



最終更新日: 13/10/05 19:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ