ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


国定信用貨幣論


ヨミ: コクテイシンヨウカヘイロン
掲示板をミル!
45カキコ!

国定信用貨幣論とは、貨幣の成り立ちや、貨幣の定義に関する学説の1つである。


現代貨幣理論(MMT)が採用する貨幣論として有名である。

商品貨幣論とはあらゆる面で正反対のをしている。国定信用貨幣論と商品貨幣論の論争は1000以上も続いてきた。

商品貨幣論金属主義[外部]Metallism[外部])とも呼ばれる。それに対して、国定信用貨幣論は表券主義Chartalism[外部])と呼ばれる。


国定信用貨幣論を包括するのが信用貨幣論である。国定信用貨幣論は「国家の負債が貨幣」と論じるのに対し、信用貨幣論は「民間人の負債も貨幣になり得る」と説く。
 


概要


政府は、債務を測る尺度として貨幣法律で定め、民へ一方的に強制する。

そして政府は、民間人の貢献に対する報酬として、貨幣で支払う。政府用の建築物の材料となる木材を民間人から徴収したとき、その対価として貨幣を払う。政府用の建築物を建設した労働者に対して、その対価として貨幣を払う。政府に所属する公務員(軍人、官吏)に対して、給料として貨幣を払う。こうして、貨幣経済にばらまかれる。

そして、貨幣で計算された納税義務を法律で定め、民へ一方的に強制する。市場が開かれていたら商人達に「貨幣で売り上げに応じて税を払いなさい」と要し、関所を通る通行人に「貨幣で税を払いなさい」と要する。そうすることで、民の間でその貨幣を必要とするようになり、民の皆が貨幣を貯蓄しようとする。政府の徴税権により、貨幣に対する需要が高まり、もが貨幣を尊重するようになる。

民の皆が貨幣を所有しているので、民間の商取引の交換手段としても使われるようになる。どこの庭でも貨幣があるので、貨幣を仲立ちにして商売することができる。

貨幣となるのは、「民間人に偽造されにくい」という条件を満たしていれば何でも構わない。切れでも瓦礫でも、何でも構わない。

政府が徴税権を強めると、貨幣の需要と価値が高まってデフレになる。

政府が徴税権を弱めると、もが「貨幣なんて持っていてもしょうがない、他の商品と交換してしまおう」と考えるようになり、貨幣価値が減ってインフレになる。

政府の意思で通貨価値を上げたり下げたりすることができ、政府の徴税権が健在ならばインフレを止めることができる。内乱などで政府状態になり政府の徴税権が失われると、ハイパーインフレになる。

以上が国定信用貨幣論のあらましとなる。


商品貨幣論とはあらゆる面で対極に位置しており、まさにと油である。商品貨幣論と国定信用貨幣論の較表は、以下のようになっている。
 

商品貨幣論 国定信用貨幣論
貨幣の定義 利用する皆が一様に価値があると信認しているもの 政府が納税の手段として一方的に強制しているもの
貨幣を支える 市場に参加する民間商人 政府の徴税権
不換紙幣の時代の通貨 大衆心理・共同幻想によって通貨が成り立っている 強大で確実な政府によって通貨が成り立っている
貨幣とは 皆が価値を信認していて欲しがる 皆が納税のため貯蓄している
暴落が始まるのはいつか 皆の貨幣に対する信認が失われたとき 政府が徴税権を失ったとき
貨幣本質的にどういうものか 貨幣とは、本質的に財産である」 貨幣とは、本質的に債務である」
分かりやすい表現 貨幣とは、皆が大事に思っている宝物」 貨幣とは、偉い人向けに差し出す貢ぎ物」


 


信用貨幣論との共通点


国定信用貨幣論は、信用貨幣論の一部であり、両者はよく似ている。

信用貨幣論は「貨幣とは負債である」と定義しており、民間人が発行する小切手手形といった負債明書も貨幣となり得る、と論じている。ここでの負債は「所有権を放棄する義務、相手に支払いをする義務」といった意味である。

国定信用貨幣論は、「貨幣とは政府の負債である」という考えである。どういう負債かというと、「徴税権を放棄する義務、相手を納税義務から解放する義務」となる。
  


国定信用貨幣論の欠点


とにかく浪漫がない、というのが欠点である。

商品貨幣論は「貨幣とは、市場に参加する全員によってその価値を認められており、皆が追いめる夢のような宝物である」と、まことロマンチックな説明をする。

国定信用貨幣論は、「貨幣とは、権者がばらまき、権者が徴税することで成立する。権者の、権者による、権者のための具である」と、身も蓋もない言い方をする。ロマンチックだとか、甘美さだとか、そんなものは一切ない。
 


国定信用貨幣論の支持者


現代貨幣理論(MMT)を信奉したり理解を示したりする学者に支持者が多い。米国ランダル・レイ[外部]ステファニー・ケルトン[外部]日本松尾匡[外部]など。

国定信用貨幣論と酷似した考えを示した歴史上の人物というと、日本江戸時代荻原重秀[外部]である。元時代に勘定奉行を務め、貨幣鋳を行って貨幣量を増やし、経済インフレに導いた。「貨幣国家が造る所、瓦礫を以ってこれに代えるといえども、まさに行うべし」という有名な言葉を言い、国家の権の後押しがあればどのような素材であろうと貨幣になりうるという国定信用貨幣論そのものの考えを示した。
  


物価の調整役は議会が担うべき


国定信用貨幣論は「貨幣価値は徴税権によって決まる」と論ずる理論である。

このため、物価の安定(インフレデフレの調整)は、立法府(日本でいうと国会)が先頭に立って行うべきである、という結論に到達する。日本国憲法第41条[外部]で「国会一の立法機関」と定め、日本国憲法第84条[外部]で「租税は法律で決める」と定めてある。アメリカ合衆国憲法第1条第8節[外部]でも「議会が税を決める」と書いてある。インフレデフレの調整役は国会議員なのだという考えになる。

そして、そういう考えは「中央銀行独立性」を尊重したがる勢にとって否定すべきものとなる。アメリカ経済学者現代貨幣理論(MMT)を罵倒する姿は、多く見られる。それはなぜかというと、現代貨幣理論(MMT)は国定信用貨幣論を採用していて、中央銀行独立性を否定しているからである。

いつの日かFRB(アメリカ中央銀行)の議長になり、物価調整の大役を担う権者になって、皆から尊敬の眼差しで見つめられたい」と思うタイプ経済学者は、FRBから物価調整という仕事を奪い取る国定信用貨幣論や現代貨幣理論(MMT)が大嫌いなのである。

ちなみに、アメリカ民主党現代貨幣理論(MMT)の信奉者が多い。民主党リーマンショックを引き起こしたFRBを嫌っており、FRBとかいうエリート集団は信用ならない、FRBから権を剥ぎ取りたい、と思っている。そのためFRBを弱体化させる国定信用貨幣論や現代貨幣理論(MMT)が大好きなのである。

ちょっとややこしいので、表にして簡潔にまとめたい。
 

現代貨幣理論(MMT)反対者 現代貨幣理論(MMT)支持者
貨幣 国定信用貨幣論を受け入れたくない 国定信用貨幣論の支持者
物価調整 中央銀行が物価を決める 徴税権を決める議会が物価を決める
物価調整の担い手 中央銀行エリート学者 泥臭い国会議員
物価調整の理屈 頭の良いエリート理論 国会議員民から吸い上げた民意
中央銀行独立 断固として死守すべき。政府や議会の要をはねのけ、経済学説を体現したい 中央銀行独立などどうでもいい中央銀行政府に従属した存在になるべきだ

 
※この項の資料・・・中野剛志『全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室【戦略編】』332~335ページ[外部]東洋経済記事4~5ページ[外部]ランダル・レイ『MMT現代貨幣理論入門』4~5ページ(中野剛志の解説文)[外部]
  


通貨発行権を認める


通貨発行権を認める国定信用貨幣論 通貨発行権を忘れる商品貨幣論

国定信用貨幣論の一大特徴は、政府通貨発行権を認める点である。「通貨とは、権者(政府)が作り出したものである」というのだから、もちろん通貨発行権を認めることになる。

その一方で、商品貨幣論政府通貨発行権を積極的に認めない。商品貨幣論の信奉者は政府通貨発行権があることをすぐ忘れてしまう。商品貨幣論は「通貨とは、民間人が自発的に作り出したものである。政府は、民間人が作り出した通貨寄生しているだけである」という考え方をする。それゆえ、「政府通貨発行権なんてないんじゃないか?」と考える傾向がある。


国定信用貨幣論は通貨発行権を認めるから、「政府通貨発行権を使って予算を作るのが普通である。税収というのにとらわれる必要はい」と論ずる。「政府中央銀行というのは通貨発行権を持っている。政府中央銀行は、まず必要なだけお金を発行して、それを民間に支払いつつ民間から財やサービスを得ている。民間に出回るが増えすぎるとインフレになるので、インフレを抑えるため税を掛けている」と松尾この記事[外部]で説明しているが、これこそが国定信用貨幣論に基づく考え方である。

一方で、商品貨幣論の信奉者は通貨発行権というものをさっぱり理解できず、通貨発行権が頭の中に入っていない。このため財政均衡義をとる。「税収と歳出は一致しなければならない。政府は、税収よりも上回る歳出をしてはいけない」と論じ、プライマリーバランス基礎的財政収支)の黒字化を強くし、常に財政再建という名の緊縮財政を採用することになる。

ここで表を作って、整理しておきたい。
 

商品貨幣論金属主義 国定信用貨幣論(表券主義)
通貨発行権を理解できない。政府は、民間が作り出した貨幣に寄生しているだけ 通貨発行権を認める。貨幣政府が作り出したものである
どんなときも財政均衡義。財政再建という名の緊縮財政が大好き 税収よりも多い歳出をしても構わない。特にデフレの時はそうしてよい
は財そのもの インフレ防止のために掛けているだけ
デフレ志向 インフレ容認

 

通貨発行権の歴史

政府通貨発行権を認めるのか認めないのか。人類の歴史では、前者と後者で何度も揺れ動いてきた。


19世紀や20世紀前半の各経済は、管理通貨制度[外部]金本位制[外部]の2つの間で揺れ動いた。管理通貨制度は、政府は好きなだけ紙幣を発行できると考える。一方で本位制は、政府の保有している塊のぶんだけ紙幣を発行でき、塊が少なくなれば紙幣を発行できない、という考えであり、通貨発行権を大きく制限するものである。その当時に管理通貨制度を志向する人は「国家権を維持しようとする人」とされ、本位制はグローバリズムだった。

20世紀終盤にはEU欧州連合)というものが作られ、1999年に統合通貨ユーロが発行されるようになり、加盟各通貨止した。統合通貨ユーロは、グローバリズムの体現であるともてはやされたのだが、その一方で、加盟各国家権の重要な一部分である通貨発行権を剥奪されたのである。近年ではEU離脱をする政治家が多く現れるようになったが、その人たちのは「国家権を取り戻せ、通貨発行権を取り戻せ、自由政府予算を組めるようにしよう」である。

グローバリズムというのは国家権を剥奪して、カネの移動を自由にしようという考えであり、新自由主義と言われる。19世紀~20世紀前半のグローバリズムは「すべての本位制を採用し、それぞれのとの通貨決済を容易にするべきだ」とし、20世紀終盤~21世紀のグローバリズムは統合通貨ユーロを作り出した。

そうしたグローバリズムの根っこにあるのが、「政府通貨発行権を持っていない」という考えであり、商品貨幣論と極めて高い親和性がある。



ここで表にして簡潔にまとめておきたい。
 


次へ»
最終更新日: 19/10/27 22:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ