ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


国立国会図書館


ヨミ: コクリツコッカイトショカン
掲示板をミル!
30カキコ!

国立国会図書館とは、本がいっぱいある場所である。


概要


日本国内で出版されたほとんどの出版物を保存する日本一の法定納本図書館。要するに日本で一番本が多く置いてある場所で、蔵書数は2500万冊をえる。国会に属する機関であり、国会議員の調研究のための図書館であるが、満18歳以上ならでも利用することができる。

たまに、「国会図書館に行けば、保存されていない本はない(=どんな書籍類でもある)」と言われることがあるが、実際は(媒体にもよるが)収集率100%ではない。つまり収集漏れが出ているのが現状である。漏れがあった場合は、国会図書館側が出版会社等に通達を出したりする訳だがそれでも収集できていないというのも現状。
だがしかし、行ってみれば大抵の本は見つかる。


国会図書館とその支部図書館 



東京本館


住所は東京都千代田区永田町1-10-1。国会議事堂のすぐ近くに位置する。本館(1968年完成)と新館(1986年完成)の2つの館から成っている。大まかに言うと本館で書籍、新館で雑誌を取り扱っている。


国際子ども図書館


住所は東京都台東区上野公園12-49。1906に建てられた帝国図書館装して2000年に開館した支部図書館内外の児童書を集めている。表収蔵は約40万冊。


関西館


住所は京都府相楽町精台8−1−3。2002年に開館した支部図書館。一般書店ではあまり流通しない学術書や洋雑誌のどを中心に100万冊以上を所蔵している。 


納本制度


国会図書館を支えているのは納本制度である。国会図書館法第24条ならびに第25条によると、地方公共団体独立行政法人並びにその他の者は出版物を国会図書館に必ず納めなくてはならないとされている。
第24条で規定されている納入対には、内で発行された全ての図書、逐次刊行物(雑誌・新聞)、楽譜地図映画フィルムレコード、電磁気的記録物(CDDVDビデオなど)などが挙げられる。要するに全て対である。例えば印刷所に依頼し配布した同人誌なども対に含まれるが、出版社を経由しないこれらの納本率はかなり低いようだ。さらに納本率が低いものに、ミュージシャンロックバンド、芸人のファンクラブ会報誌などもあるが、配布される人々が限られることから、国会図書館の収集をもってしてもかなりの欠号がある。

図書の定義など詳細は 同人誌はAmazonよりも先に国会図書館に納本する義務があるよという話[外部] などのサイトが参考になる。

納本を行わなかった場合の罰則規定として、定価の5倍以下の罰が課せられる国立国会図書館法第25条の2)とされているが実際の適用事例は今のところ存在しない。

実際に納本をするときは「〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1 国立国会図書館 収集書誌部 内資料課 収集第一係」宛に郵送するか、直接東京本館の納本カウンターに持っていくかすると良い。
納本すると本の代(またはそれ相当の額)が支払われる。なお、同じ本を2冊納本すると、東京本館のほかに、関西館でも保管してもらえるので、手元に余裕があれば、2冊納本していただけると後世の役に立ちます。 

なお、本の発行者本人以外が納本する場合は『寄贈』という扱いになるため、郵送先が若干異なる。
寄贈先については下記を参照していただきたい。
寄贈する際の基準としては、概ね納本制度に準ずるが、雑誌・新聞は、資料の継続的な収集がめられることから、国会図書館における欠号分を除き、発行元(納本義務者)以外からの寄贈は受け付けていない。
地方向けのタウン誌や古い漫画雑誌などは納本されていることが少ないので、もし寄贈したいのならば一度オンラインで確認してみるとよいだろう。
また、
汚損、破損、カビ、書き込み等がないこと、国会図書館での利用・保存に堪え得る状態であること、内出版物の場合、発行者の事業終了等により、納入される見込みがないこと、パッケージ系電子出版物(CDDVDなど)の場合、未開封コンピューターウィルス等の感染のおそれがないことなども条件となる。


寄贈先



国内出版物のみ(100冊未満)の場合


国立国会図書館 収集書誌部 内資料課 収集第二係
100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
電話:03(3581)2331(代表)(内線:24621,24622)(平日9時~17時45分)
メールアドレス:kizo@ndl.go.jp


外国出版物のみ(50冊未満)の場合


国立国会図書館 収集書誌部 外資料課 際交換係
100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
電話:03(3581)2331(代表)(内線:24802)(平日9時~17時45分)
メールアドレスkokan@ndl.go.jp


上記以外の場合


国立国会図書館 収集書誌部 収集・書誌調整課 収集企画
100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
電話:03(3581)2331(代表)(内線:24520)(平日9時~17時45分)
メールアドレス:shukikaku@ndl.go.jp


複写について


国会図書館では、著作権の範囲内で、個人での利用に限るが、調研究の用に供するためであれば、収蔵本の複写を依頼することが可である。
但し、著作権上、本そのものの全編複写は出来ず、単行本は半分まで、短編集・論文集・分担執筆などもそれぞれの作品・論文・執筆箇所の半分まで、博士論文は1冊が1つの論文で構成されている場合には半分まで、複数冊で構成されている場合には、それぞれの冊子の半分までという制約がある。

18歳以上であればでも利用可だが、最初に国会図書館の利用者登録を行う必要がある。

このサービスインターネットでも遠隔複写サービスという形で申し込むことが可で、当ての書籍の該当部分を定し、じ部不鮮明箇所や欠落、カラーページなどがある場合は図書館から連絡が来るので了承するしないの返答を行う。

あとは自宅に届くのを待ち、同封されている振込用にて額を支払うことで恒久的に重な資料(のコピー)を自分の手元に置くことが可である。

なお、一部の資料は本の状態が悪い等の理由で複写を許可していないものもある。
また、原本の状態が悪いものの中には図書館側が電子化したデータベースに複写する資料も存在している。

また上記の通り収蔵漏れがかなりあるので、もし自分の手元で保管しきれなくなった資料があれば、国会図書館の収蔵状況を見て寄贈を検討していただきたい。


関連動画



■nm8439255[ニコ動]


関連商品


■az4380980081
■az481691434X


関連項目



最終更新日: 19/04/23 20:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ