ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


土屋正忠


ヨミ: ツチヤマサタダ
掲示板をミル!
70カキコ!

土屋正忠(つちや まさただ、1942年1月13日 - )とは、日本政治家である。衆議院議員東京18区選出、当選3回)。自民党所属。元副総務大臣。


概要


1942年武蔵野市生まれ。同職員を経て同議を2期、同市長を6期務めた。2005年総選挙自民党認で出民主党菅直人に約1万票差で敗れるも例復活を果たす。当時既に63歳で地方政治30年携わったキャリアもあったが、一応いわゆる「小泉チルドレン」の一人であり、彼らが結成した「83会」では会長を務めた。

続く2009年総選挙ではに大差で敗れ、例復活も出来なかった。辱を期して臨んだ2012年総選挙では、民主党への逆に加え元民主補の乱立で票割れが起きたこともあり民主党を離党した現職の横粂勝仁所属で、同じく民主党を離党した元府中市議の杉村康之が日本未来の党認で出した。2005年とは逆にを約1万票差で破り、返り咲きを果たした(東京ブロックで復活当選)。2014年総選挙との事実上の一騎打ちとなったが、集票の衰えを隠せないに前回よりも差を広げて当選した(以下略)。

第48回衆議院議員選挙では、例区からは出ず、東京18区から出していたが、落選候補者情報 毎日新聞[外部]


政治思想


立ち位置的には自民党内でも右に属する人物であり、靖国参拝議連のメンバーとして度々靖国神社を参拝しているほか、2013年に非嫡出子の法定相続分差別を違とする最高裁判決が出た際にはこれに猛然と反発、衆議院議員らと共に「家族特命委員会」を結成して伝統的制度の維持を訴えた。

また児童ポルノ規制にとりわけ熱心な議員の一人であり、漫画アニメ等のいわゆる二次元ポルノについても積極的に法的規制をかけるべきとしている(後述)。


二次元ポルノ規制論


武蔵野市長時代に海外児童ポルノに関するニュースを見たことがきっかけで「児童ポルノ犯罪に結びつく」との考えを持つようになり、政進出後は児童ポルノ規制を熱心にするようになった。いわゆる二次元ポルノ規制にも積極的であり、2014年児童ポルノ法正時に刑事罰の対として追加されたのが実在児童のポルノの単純所持のみに留まり、二次元ポルノが対外とされたことに強い不満を表明している。

ちなみに同法正時に開かれた法務委員会での審議では児童ポルノを「国家秩序の根本に関係すること」と表現して規制の必要性を説き、「(購入時期は)たまったホコリの量で判断するんだよ憲法で遡及処罰は禁止されているため、単純所持が刑事罰の対となっても施行以前から所持していた児童ポルノについては処罰の対とならない。しかし当該児童ポルノの所持開始時期を客観的に判断しづらいケースもあるため、実際には遡及処罰が発生してしまう可性が摘されている。」「(児童ポルノで)事件は起こってるんだよ!」「萎縮したってしょうがねえんだよ」と野次を連発する姿が話題を集めたエロマンガは、性犯罪のシミュレーションに使われている!? 自民党・土屋議員が法務委員会で気炎を上げる[外部]

また後日イランテレビインタビューに応じ、「日本でも非実在児童ポルノ規制すべきとの認識は着実に広まっており、今後も自民党内で規制に向けた検討を進めたい」との意気込みをっている土屋正忠のブログにようこそ! : 「イランのプレスTVから児童ポルノ規制改正法について取材を受ける―イランの場合は重罰、司法処罰より家族が復讐するだろう。」[外部]

更に同年9月1日にはビートたけしのTVタックルに出演、アニメ規制の是非を巡り規制賛成の急先鋒として弁舌を振るった。そこでは「過な描写のアニメ性犯罪に相関関係はない」という統計に対して「現場の実感としてはあるんだ」と強弁し、「感覚や偏見に基づいて規制を訴える賛成徴的反応」として批判を浴びた。

二次元ポルノ規制を訴える理由については概ね以下の通り。

なお土屋は「人々に勇気を与えたり、希望を与えたり、失意のそこに陥っている人を励ましたり」する創作物として、手塚治虫漫画のほか、「サザエさん」「ドラえもん」「ゴルゴ13」「まことちゃん」「漂流教室」「明日ジョー」「課長島耕作」「沈黙の艦隊」「ワンピース」「テルマエ・ロマエ」を挙げている。いずれも権威ある著名な漫画家の作品や映画化・ドラマ化等で一般に有名になった作品である点は特徴的である。

ちなみに二次元ポルノ規制による創作活動萎縮問題が取り沙汰されるようになった原因は、「児童ポルノ」のうちいわゆる3号ポルノの定義が曖昧で、規制範囲が必ずしも明確とは言い難い点にある。

二次元3号ポルノ規制範囲を検討すると、2014年正前は「児童に見えなくもないキャラ衣服の一部を着けていない状態で描写されたコマシーンがあり、それによって性欲が刺されるかもしれない」場合は摘発可性を否定できず、正後も「・胸が強調されている」という点を加えて満たせばやはり規制に含まれ得る構造になっている。土屋が好ましい創作物として挙げた作品の中にもこのような描写は数多く存在する(特に手塚治虫)。

そのため萎縮効果は土屋が考えるところの「表現の保護に値する創作」の一部にも及ばざるを得ないのだが、この点を土屋が理解しているかどうかは不明である。そもそも憲法が保障する表現の自由創作物における適用範囲として「勇気希望を与える」「失意の人を励ます」といった主観的かつ抽的な要件を挙げていることに鑑みると、表現規制立法にめられる明確性の原則などの法理論に理解が及んでいない可性も否定できない。


Wikipedia


ネット右翼からの好評ぶりを反映してか、Wikipediaの記事「土屋正忠」は一時期まで土屋の業績や発言を褒め称える記述で埋め尽くされていた。ピーク時には約18,000字が同種の記述に費やされていたが土屋正忠 - Wikipedia(2013年11月21日時点の版)[外部]、中立性や検証性を欠いているとの問題点が摘され、2014年6月18日時点ではほぼ全て削除されている。

おこれらの編集は少数のIPアドレスおよびアカウント(そのいくつかは土屋の記事しか編集していない)によって行われていたことが明らかになっているwikipediaの土屋正忠議員の項目がアレな件 - 今日も得る物なし[外部]


ユーザーアカウント


■user/13625387


関連動画



■sm7924887[ニコ動]

■sm7927778[ニコ動]
■1279692802[ニコ動]
■sm19558962[ニコ動]


関連チャンネル


■ch90


関連ニコニコニュース



関連項目



外部リンク



最終更新日: 17/10/23 22:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ