ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


地上の楽園


ヨミ: チジョウノラクエン
掲示板をミル!
7カキコ!

地上の楽園とは、北朝鮮のことさ。素晴らしいらしいよ。労働者の地上の楽園なんだってさ。

え?北朝鮮はそんなじゃないって?だって左の人や活動家の人が言ってたんだもん。地上の楽園だよ。

 


(※上記は本記事の初版の内容である。蛇足的な解説なども知りたい方のみ以下に読み進めてください。)


 

地上の楽園とは、たく言うと「すばらしいところ」を表現する言葉の一つである。

そのまま楽園的な場所をして使う場合もあれば、「楽園と喧伝されているが実際には楽園とは程遠い場所(ディストピア)」を皮って言う場合もある。


概要


単純に「楽園」と称しておらず「地上の」と付いている理由は、「楽園」は本来「にあるもの」だという概念が前提となっているためである。これは「楽園」と類似の言葉である「天国」という単をとってみてもわかりやすいだろう。

いつ頃から使用されている言葉かは不明だが、少なくとも中世ヨーロッパでは使用されていた言葉のようである。その一例としては、14世紀初めごろにイタリア詩人ダンテアリギェーリが著したキリスト教叙事神曲』が挙げられる。その第二部『煉篇』において、ダンテは地上にある煉の山を登っていくが、その山頂にあるのは「Paradiso Terrestre」、すなわち「地上楽園」である。そこは地上にあって天国に最も近い場所であり、そしてアダムイブに追放されるまで暮らしていた地であったという。この「地上楽園」はそのまま「楽園のような場所」をしている。

対して、風刺混じりでの「地上の楽園」の用法としては、イギリス経済学者トマス・ロバート・マルサス1798年の名著『人口論』での使用が確認できる。マルサスは同書のある章で、無政府主義アナキズム)の先駆者ウィリアム・ゴドウィンの著作『政治正義』について論じる。ゴドウィンる、政治制度をして知性と博が育む幸福な理想社会について、マルサスはその魅を讃えながらも「想像上の美しい幻影にすぎない」と理路整然と退けていく。その文脈内において、ゴドウィンの理想社会に対し「terrestrial paradise」つまり「地上の楽園」という表現が使用されるのである。

現代の日本では、皮ではない使い方としては明媚な土地を称賛する言葉として用いられることが一般的である。特にいわゆる「南の」「リゾート地」などを表現して使用されることが多い。例えばセブ、タヒチ、セーシェル、バリなど。

そして、揶揄する形での使い方としては朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)をして使用されることが多い。これは、1959年から始まる在日朝鮮人の「帰事業」に端を発する。これは在日朝鮮人北朝鮮に移住させるという事業であったが、この事業が行われた際に在日本朝鮮人総聯合会北朝鮮を「地上の楽園」と表現しつつ、移住後の素晴らしい生活を広告して盛んに参加者を募った、という背景があるため。革新政党共産党社会党社会主義の優位性を示す為に全面的に宣伝、保守政党である自民党犯罪率が高い在日朝鮮人の「厄介払い」の為に黙認、後に全面的に支援、さらに、大手マスコミ朝日新聞など左寄りとされる新聞だけでなく、産経新聞などの右寄りとされる新聞も例外ではなかった)もこの帰還事業を称賛していた。この言葉を信じて北朝鮮に渡った人々のその後の苦難はよく知られている。

ニコニコ動画においても、この言葉がタグとして使用されている動画がいくつか確認できる。北朝鮮関連の動画が多いようだが、他には動物に囲まれて楽しんでいる動画や、南の動画独裁者シミュレーションゲームトロピコシリーズプレイ動画などにも使用されている。


関連項目



最終更新日: 15/11/29 16:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ