ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


地方競馬


ヨミ: チホウケイバ
掲示板をミル!
21カキコ!

地方競馬とは、全都道府県市町村、複数の地方公共団体催し、開催される競馬である。


概要


日本でよく名前の挙がる競馬といえば、農林水産省管轄の特殊法人であるJRA日本中央競馬会)が催する中央競馬である。これに対し地方競馬JRAの管轄ではなく、競馬場所在する各都道府県市町村催となって開催される競馬す。単独の自治体都道府県ないし市町村)が運営体となるケースもあるものの、所在する県と町が一部事務組合を設立して共同で運営を行うのが流である。

地方競馬の統括団体として、地方共同法人の地方競馬全協会(地全協)があり、登録・記録管理・騎手等の養成・成績優秀者への表などを行っているが、地方競馬はあくまで各催者が体的(悪く言えばバラバラ)に運営を行うため、地方競馬界全体への強な統制はもっていない。なお、日本中央競馬会と混同して略称を「NRA」と誤記されることがあるが、地全協の略称は「the National Association of Racing」の頭文字から取った「NAR」であるので注意。

1990年代半ばまでは中央競馬ほどではないにしろ、大な売上を誇り、地方自治体の一大収入となっていた。しかし気の低迷やアラブ系の生産縮小によるレース形態の変化、JRA場外発売所の地方進出などにより急に売上が低迷。2001年中津競馬の半ば強引な止劇が引き金となり、2000年代半ばにかけて地方競馬の止ラッシュが起こった。現在も余談を許さない地方競馬は多く、大変苦しい経営が続いている所が多い。
また、JRAで通用しないレベルや、ダートの素質が高いの大きい受け皿という側面がある一方で、JRAから認定競走として大な補助を貰わなければ自前では新を確保することが出来ない競馬場が大半で、JRAへの依存が大きいのも事実である。(運営規模が大きい南関東レース方式が異なる帯広(ばんえい競馬)はこの限りではない)

そんなこともあり、運営革を積極的に行っている(行う必要のある)競馬場が多い。
例えば、個人の負担でレースの協賛をし、オリジナルレース名をつけてレースが行えるという「個人協賛競走」を導入する地方競馬も多い。所謂「痛レース」としてニコニコ動画でも話題を集めている。
電話投票インターネット投票の充実もあり、門別競馬場高知競馬場のように本場の売上に頼らず、場外やインターネット投票の売上を当てにした開催にシフトする催者も出てきている。

専門も中央と同じブランドの物(競馬ブックなど)もあれば、ローカル色溢れる地元資本の予想。「ばんえい金太郎」「いわてテシオ」「ケイシュウニュース」「キンキ」。金沢競馬全般のようにじ込みの冊子状になったものも存在する。2000年代初頭まで北海道では手書きガリ版刷りの予想も存在していた。


中央競馬と地方競馬の違い


中央競馬では芝のコースでのレース体とし、補的にダートを用いているのに対し、地方競馬では芝コースを用いるのは盛岡競馬場の一部レースのみで、ほかは全てダートコースレースが行われている。なおかつては、中京競馬場で地方競馬が開催されていた当時に芝コースでのレースが行われていた。
中央競馬べて小ぶりなコースが多く、1,000m~1,200mの周長がメイン。なお地方競馬専用競馬場での最大周長は1,600m(大井競馬場門別競馬場盛岡競馬場)で、ここまで大きくなるとJRA競馬場べても遜色ない。かつては帯広競馬場も1,570mのコースを有していた。

小回りという事で内側にが集中しないように、内側の砂を深めに調節する競馬場が多い。また先行タイプが有利になりすぎないようにスパイラルカーブを導入しているところも多い。JRAダートコースよりも全体的に砂が厚く、パワーを要する馬場が多い。

中央の競馬場では3・4コーナー辺りから勝負をかけることが多いが、地方距離の短さからそれよりもい地点である向こう正面辺りから仕掛けないと間に合わない。その仕掛け方も一辺倒ではなく前方の群への対応など状況がまぐるしく変化するため、競走馬のみならず、騎手の技量も大きく問われる。

照明を備えた競馬場もあり、JRAでは行われないナイター競馬を開催する競馬場もある(門別、帯広大井、船川崎園田高知)。

開催日程は各催者で異なる。JRAの商圏に被るエリア平日開催。被らないエリアは土日開催が基本となる。

競馬場を乗り回るJRA騎手と違い、地方競馬の騎手は所属した地域でのみ騎乗を行う。そのため「この競馬場ならこの騎手」という人気ジョッキーや名物ジョッキーが各地域に存在する。また南関東など一部を除いて着用する勝負騎手ごとに個別になっているため、より騎手の個性がるようになっている。ゲームで地方競馬場が登場する場合、同じ騎手競走馬が出てくると同じ勝負だらけのレースになることも(現実でも中央で社台関係の勝負だらけということはあるが)。

JRAの上位騎手は厩舎に所属しないフリーランスが多いが、地方競馬でフリーランスを導入しているのは南関東4場のみ(2012年度より。「騎手会所属制度」とよぶ)。大抵の騎手は、厩舎への所属料として給が賞や手当とは別に支給されており一定の収入は確保されている。騎乗手当もJRAが1レースにつき4万円前後であるのに対し、地方競馬は1レースにつき3000円~15000円ほどと安い。各地の上位騎手JRA開催にスポット参戦し、出稼ぎに出る事もある。ホッカイドウ競馬岩手競馬金沢競馬期休催があるため、騎手の間に南関東など他地区に騎乗に出る事も多い。


JRAとの交流競走


1990年代半ばまでは、日本において催者や地区を跨いだ競走は少なく、特にJRA所属と地方競馬所属っての競走はごく限られたものであった(ハイセイコーオグリキャップなど「地方競馬所属JRAに移籍したうえで注を集める」という例はあった)。しかしその後は大幅に増えている。

地方競馬全協会でも、ダートグレード競走は地方競馬で実施される注度の高いレースとして、特集ページを作ったり[外部]競馬場等に特集ポスターを掲示したりするなど、を入れて取り上げている。


予想屋


ホッカイドウ競馬ばんえい競馬岩手競馬以外ではJRAで見られない「予想屋」も存在する。場内各所にブースがあり、そこで展開や展望を軽快なトークで説明する。人気のある予想屋さんのブースの前には大量の人だかりができるのも地方競馬の風物詩の1つである。
基本1レース100円200円(1日全レース800円前後)で予想スタンプ手書きの走り書きで書かれた小さいが貰える。過去にあらゆるを渡して的中しているように見せかける不正行為があったため、現在では不正防止のためにレース締め切りの間に販売した予想開する(競輪競艇などでも同様)。

高配当が見事に的中すると、予想に乗って配当を得た客が「ご祝儀」として千円札を予想屋に直接渡す。その現ボードに貼り付け、「うちはこれだけ当たっている」とアピールする事もできる。

場内にいる予想屋さんは全て催者から認可され、免許交付の元、商売を行っている。所謂「コーチ屋」と呼ばれる犯罪行為ではない。


賞金


競馬日本最高賞レースJRAジャパンカップ有馬記念で3億円。しかし地方競馬の場合はJRAべて大幅に賞が少なく、JRAしか知らないライト競馬ファンはその賞の低さに驚く事が多い。地方競馬の最高賞レースJBCクラシック東京大賞典8000万円である。(2019年現在
余談だがこれは日本中央競馬の賞が総じて高すぎることが要因。海外は重賞であっても日本の条件戦~オープン特別レベルの賞が設定されていることがしくなく、一部の大レースのみが突き抜けている状態である。

1990年代までは岩手のみちのく大賞典で2000万円・北海道営記念で2500万円というように交流重賞ではないローカル重賞ながら高額賞レースを組む事ができていたが、売上の低下により年々賞額も減額されている。

南関東こそ、JRAの3割ほどの賞額があるが、それ以外の催者の賞の涙ほどである事が多い。しかも5着まで賞が必ず出るJRAと違い、3着まで、4着までにしか賞が出ない場合もある。

最下級クラスの1着賞は低いところだと2018年4月現在帯広ばんえい競馬)が12万円(一部11万円)、岩手高知佐賀20万円、営が25万円という状態である。そのため相対的に出走手当(催者によるが3~10万円とも)が高く、賞を当てにせず、出走だけを的として連闘を重ねるも多いのが実情である。特に賞が安い競馬場では下位人気はそもそも勝ちに行くことを放棄している場合が大半なので、馬券が非常に堅く収まり、当てやすいといえる。


現存する地方競馬場



次へ»
最終更新日: 19/11/18 12:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ