ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


坂本九


ヨミ: サカモトキュウ
掲示板をミル!
31カキコ!

坂本九(1941年12月10日 - 1985年8月12日)とは、日本を代表する歌手の一人である。

神奈川県川崎市川崎区出身。称は「九ちゃん」。歌手の活動以外にも俳優タレント歌手会者・福と数多くの活動に奔走した。

上を向いて歩こう」・「見上げてごらんを」・「明日があるさ」・「心の瞳」・「幸せなら手をたたこう」・「レットキス(ジェンカ)」・「涙くんさよなら」・「世界の国からこんにちは」など、後世に残る様々な歌を歌った。

特に「上を向いて歩こう」は、世界中で1300万枚の売り上げを記録した。

現代でも重要視されるヒーカップ唱法(非常に強く裏をしゃくりあげ、独特のアクセントをかもす歌い方)を日本で最初に取り入れた歌手とされる。癖があるものの、のどかで優しい発音が彼の特徴である。

1985(昭和60)年8月12日日本航空JAL123便墜落事故に遭遇。帰らぬ人となる。享年43。


概要



幼少期


1941年12月、荷物の請負を行なっていた「丸木組」社長坂本寛(ゆたか)とその妻の坂本いくの間に生まれる。9人兄妹のうち、9番に生まれたことから「九(ひさし)」の名が与えられたらしい。

その後、第2次世界大戦しくなると、実家である茨城県付近に疎開。疎開中、土浦駅付近で発生した事故に巻き込まれていたが、事故の寸前に他の客へ移動していたため、事故死を逃れる。後々、この事を知らされると「稲荷神様が守って下さった」と想い、終生信仰した。その後柏木由紀子氏との結婚の折、稲荷神社で挙式し、事故死後の遺体の決め手であったペンダントも、稲荷にまつわるものだったという。


50年代~60年代


日大横浜学園高等部在学中、両親が離婚する。九は側に引き取られ「大島(母親いくの旧姓) 」となる。しかし、それぞれの自宅は徒歩で通える程度の距離であったそうで、兄妹ともに変わりなく遊んでいたとのこと。

また、この頃からエルビス・プレスリー、バディ・ホリーペリー・コモなどの米国歌手に憧れ、校内でモノマネを行い、人気者に。特にエルビスのモノマネに関しては非常に上手かったと言われる。

1958年5月ザ・ドリフターズ(当時は現在知られるようなコント体のグループではなく、純ロカビリーバンドだった。まだいかりや長介加藤茶などは加入しておらず)に加入。バンドギターを担当し、ロカビリー歌手として第3回日劇ウエスタカーバルに初出演する。新人賞を受賞。同年11~12月頃脱退し、ダニー飯田パラダイスキングに参加する。

ジャズを巡業し、ボーカルに担当。ひどいニキビ顔であったそうだが、男子女子共にとても人気があったという。彼が歌っているところをマナプロダクションの曲直瀬信子マネージャーに見出され、マナプロに所属。

1959年ビクターから「何もいらないだけど・題名のない唄だけど」でデビューするが、ヒットせず。

「上を向いて歩こう」の快挙とその後

1960年に「悲しき60才」が10万枚売り上げ、「ステキなタイミング」などがヒットする。これを皮切りに森山加代子とタイアップ、近所のおちゃん・お兄ちゃんの印で次第にテレビ等でも人気者となる。

そして1961年8月11月頃にNHK番組「夢であいましょう」内での「今のうた」として永六作詞中村八大作曲上を向いて歩こうを発表する。同年10月15日レコードが発表されるとたちまちヒット、当時の音楽雑誌「ミュージックライフ」によると1961年11月1962年1月まで1位を独走する。

売り上げは相当であったが、当時の歌謡界において九の歌新であったそうで、作詞の永六でさえボロボロ批判される始末、高くは評価されなかった。しかし、ひょんなことからこの評価は覆されることとなる。詳しくは「上を向いて歩こう」を参照されたし。

1961年第12回紅白歌合戦に初出場。同曲を披露する。


70年代~80年代


60年代後半から1第19回(1968年)紅白歌合戦白組会、1970年大阪博覧会での万博博委員に任命など、会業の色が強くなっていく。

その一方で、あゆみ(障児(者)のために映画俳優 森繁久彌・伴三郎が始めた募活動)運動手話運動、それにまつわる曲(永六作詞中村八大作曲「そして想い出」、初めて手話体とした歌曲である)を発表するなど、福活動にを入れる。

当時北海道夕張市を中心に流行していた小児麻痺のためのチャリティーショーノーギャラで出演、それをきっかけに北海道札幌放送(STV)「ふれあい広場・サンデー九」に取り組むようになる。

1975年柏木由紀子と結婚東京都目黒区に自宅を構える。


1985(昭和60)年~事故当日


1985年「懐しきlove-song・心の瞳」をリリース

当時歌手よりも会を中心として活動していた九は、事故の直前8月9日に長年の盟友であった、中村八大コンサートの際「もう一度6・8・9(永六中村八大・坂本九のコンビとして囃された名)としてやり直したい、歌手としてやり直したい」という意志を伝え、中村と再度の意気投合を誓ったという。

8月12日、九はNHK505スタジオにて「一番!坂本九(NHK-FM)」収録を行い、「すてきなタイミング」・「上を向いて歩こう」・「For The Good Times(ペリー・コモ)」・「We are the world」・「親父」・「見上げてごらんを」・「心の瞳」・「懐しきlove-song」を歌唱。これが最期に九が人前に披露した姿であった。その後、大阪の友人の選挙活動の応援のため、小宮勝広マネージャーと共に羽田空港に向かい、伊丹ジャンボジェット機JAL123便に搭乗。午後6時56分に機体が御巣山に墜落し、永眠。(日本航空JAL123便墜落事故

99時間後の8月16日に、家族らにより遺体が確認された。カセットテープを機内に持ち込んでいたため、遺言があるかと期待されたが、特に確認できなかったという。九が搭乗していた位置は2階右側前方席であり、墜落時には機体がほぼひっくり返る状態で墜落したため、遺体の損傷がしく、胸の部分のみであり、その日も首にかけていた稲荷神社ペンダントが突き刺さった状態でなんとか確認できたという。


その後


九が死去した後も2000年2002年歌詞が変更・追加されたものの「明日があるさ」が流行、若年者を中心とする「心の瞳」の合唱会、「上を向いて歩こう」が50年以上経った今でもカバー合唱されるのは特筆すべき点であろう。

また、に疎開したことなどから、2007年に位置する常磐線岩間駅友部駅水戸線発車メロディが「上を向いて歩こう」「明日があるさ」「幸せなら手をたたこう」「レットキス(ジェンカ)」に変更されている。

坂本九は、今でもどこかでにこやかに歌っているのかもしれない。


関連動画



■sm2470439[ニコ動]

■sm12348594[ニコ動]
■sm4158341[ニコ動]
■sm4158428[ニコ動]


関連商品


■azB00022M4Z0
■azB0050PRRE2


関連項目



最終更新日: 15/02/16 15:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ