ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


塚原卜伝


ヨミ: ツカハラボクデン
掲示板をミル!
27カキコ!

塚原卜伝(つかはら ぼくでん)(延徳元年~元二年/1489~1571)

戦国時代剣豪、兵法である。新当流の祖。

同時代の剣豪上泉信綱と並んで“”と称される。


概要


延徳元年(1489)に常陸鹿島に、鹿島宮に使える部(うらべ)吉川覚賢(あきかた)の息子として生まれる。兄弟に、双子である常賢(つねかた)が居る。伝の初名は孝(ともたか)という。伝の祖・呼常は鹿島七流の使い手として知られ、もまた鹿島の使い手であり、鹿島宮の神主や近隣の者など多くの門人を擁していた。

孝が10歳の頃、彼に養子の話が持ち込まれる。塚原、土佐守安幹は50歳の時嫡男を病で失い、もともと剣術を通して親交のあった吉川から養子の話を持ちかけたのである。こうして吉川孝は塚原に入り、のちに元して塚原新右衛門高幹と名乗ることとなる。養の安幹は鹿島七流と共に、香取の飯篠長威斎直の天真正伝香取神道流を学んでおり、これを高幹に教授した。

永正二年(1505)、17歳の高幹はに願い出て修行に出、の都へ上する。この頃のでは一法眼を祖とする八流が兵法の中でも盛を誇っていた。高幹はで名のある兵法者と立ち合い、これに打ち勝ちしだいに名を得るようになる。伝は『生涯三十七度戦場に立ち、二十二度敵とを合わせ、一度も負けず、対首十二、端武者の首十六、二十二人を討ち取ったが、傷は一切受けず、矢傷を六箇所にったのみだった』とされる。永正四年に起こった永正の錯乱に端を発するの動乱の中、高幹もまた戦に参加して兵法の腕を磨いていたものと思われる。永正十五年(1518)、高幹は郷里へ戻った。

鹿島へ帰還したこの頃に、高幹は鹿島宮に千日の参籠を行い義である『一の太刀』を会得したとされている。(養より伝授された、もしくは師である松本政信から授けられたという説もある)

大永三年(1523)、高幹36歳で二度修行に出る。文二年(1533)に鹿島へ帰還。この頃に、高幹は養と祝言をあげ夫婦となるも、妻は祝言を挙げた翌年に病で没した。その後養も世を去り、高幹は督を継ぎ塚原となる。高幹には子がなかったため、塚原一族から養子を貰い受け嫡子としている。

治二年(1556)、高幹は息子・幹重に督を譲ると、剃髪して『伝』と名乗るようになる。68歳になった伝は三度に出る。この時には、まるで大名のような一団を整えて上したと言う。この上のおり、伝は伊勢国司北畠具教将軍足利義輝などにを伝授したとされる。永九年(1566)鹿島へ帰る。

二年(1571)、子の松岡則方のにて亡くなった。享年83

なお、講談などで宮本武蔵と対決する話があるが、武蔵伝没後に生まれた人物であり、史実ではない。


弟子とされる人物



関連動画



■sm4532747[ニコ動]

■sm10805321[ニコ動]


関連商品


■az4061836218
■az4041323169


関連コミュニティ


■co3034
■co1786


関連項目



最終更新日: 15/07/06 23:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ