ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


壊獣


ヨミ: カイジュウ
掲示板をミル!
40カキコ!

壊獣とは、

  1. ソーシャルゲームグランブルーファンタジーに登場する敵生物(登場イベントロボミの記事を参照)
  2. トレーディングカードゲーム遊☆戯☆王アーク・ファイブ オフシャルカードゲームに登場するカード

である。本項では2について取り扱う。
両者ともに、ネーミング怪獣のもじりで間違いないと思われる。


概要


海外先行で登場したカテゴリ2016年9月10日発売の「EXTRA PACK 2016」において日本に上陸するが、その際に日本名が「壊獣」と名付けられている。
海外でのカテゴリ名はKaiju」であり、元々「Kaiju」という言葉は日本独自の「怪獣」という概念を他映画と区別するために作られた単である。
有名どころでは「パシフィック・リム」などでこの表記が適用されており、本カテゴリはこういった日本特撮の「怪獣」をモチーフにしたものであると推測できる。
なお、カテゴリ成立当時までを見てもOCGに「怪獣」と名のついたカードは一切存在しない。

属するモンスター全てが最上級という快な設定となっており、一部例外を除き共通して以下の効果を持つ。

(1):このカード相手フィールドモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスター自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない

溶岩魔神ラヴァ・ゴーレムなどと較し、各プレイヤーフィールド上にカテゴリモンスターが1体しか存在できないものの、通常召喚権を放棄することがない
相手フィールド上に存在する厄介モンスターを「壊獣」の召喚のためのリリースとして処理できる。
これは先例と同様にコストであるため、如何なる効果耐性を以てしても防げない極めて悪な除去手段であり、特殊召喚を後出しで効にしてもリリースされた分は帰って来ず、挙句再び「壊獣」の特殊召喚を許してしまう。
これを防ぐにはリリースか特殊召喚自体を禁止するしかない
また、この方法などで相手に「壊獣」を押し付けた場合、自分は手札の「壊獣」を特殊召喚できるため、己の戦としても活用
共通や属するモンスターの傾向から、日本特撮怪獣同士の突を再現する形となっている。

一の例外と成る「壊獣」モンスター《対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン / Super Anti-Kaiju War Machine Mecha-Dogoran
これは特殊召喚モンスターであり、相手フィールド上に「壊獣」が居る場合手札から自身の効果でのみ特殊召喚できる。
元ネタから推測するに、人類側の対怪獣兵器イメージされたものと思われる。故にAnti-Kaiju War Machine」
ちなみにこの「メカドゴラン」、海外日本で裁定が違い、他の効果でデッキから特殊召喚させてくれないため、海外で狙われていた《妨げられし壊獣の眠り》とのコンボ不可能という笑えない事態を引き起こしている。

このカテゴリは、フィールド魔法KYOUTOUウォータフロントを始めとした「壊獣カウンターを溜められるカードと併用することで価を発揮する。
現在「壊獣カウンター」を溜められるカード海外に3枚存在し、他に永続魔法、永続の1種類ずつ。
逆に言えばそれらを引けない場合、各「壊獣」の価を発揮することは難しい。リリースによる除去だけでも十分に強だが。
KYOUTOUウォータフロントフィールドカード墓地に送られるたびにカウンターが1つずつ溜まり、KYOUTOUウォータフロント自体がターン制限のない耐性(カウンター1を犠牲にした身代わり効果)を持っているため較的維持しやすい。
永続魔法と永続はいずれも別の方法でカウンターを溜めることができるが、耐性を持たない。

相手フィールドに攻撃の高いモンスターを特殊召喚するという特性から、洗脳解除》などでコントロールを奪い返すコントロールデッキとして構築可
ただし「壊獣」の制約を忘れてはいけない。制約の関係上、「壊獣」2体以上を自分フィールド上に並べられないモンスターを並べるのが難しく、また元々高レベルであるため、シンクロないしエクシーズ召喚に用いるには一工夫が必要。
通常召喚権を行使しない為、相手の場に高い攻撃を持つモンスターが存在することを前提にしたコンボが非常に整いやすい。
総じて非常に快かつトリッキーで、応用性の高いカード群である。

なお、海外では高レアリティに設定されがちな「Komo」と較してスーパーレア以上が1枚しか存在しないというレアリティ面でやや不遇なカテゴリであった。
Komo」は「スター・ウォーズ」などの海外SF作品をモチーフとしているが何かレアリティ格差と関係あるのだろうか。
この関係は同じく海外で展開していた「彼岸」と「U.A.」の両者の関係と似ている。


関連動画



■sm31285507[ニコ動]

■sm26639981[ニコ動]
■sm27512950[ニコ動]


関連商品


■azB01HPC5IWK


関連項目



最終更新日: 17/05/29 01:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ