ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


変態企業


ヨミ: ヘンタイキギョウ
掲示板をミル!
242カキコ!

変態企業とは以下の企業に贈られる最大級の賛辞であり、称号である。

  1. アーマード・コアシリーズにおける特定企業
  2. フロム・ソフトウェア及びコトブキヤ
  3. 現実における特定企業及び団体

以降、各項について説明する。


1.の概要


アーマード・コアシリーズに登場する特定企業ファンによるスラングである。キサラギアクアビット、GAEトーラス有澤重工アスピナ機関がこのように呼ばれている。これらは登場作品は異なるが、

といった共通点が存在する。

この技術が常人なら研究しようなど考えないような代物であり、実用化のための実験環境みないようなこともある。ただし、それらの技術をほぼ全て実用化させている。ここが、変態企業として賞賛される理由である。


アーマードコア作中の企業


以下、上記の企業について説明する。

ネタバレ注意
ここから先はアーマード・コアシリーズネタバレ要素があります。
見たくない方はご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キサラギ

アーマード・コア3ラストレイヴンに登場した企業

AC3においては火炎放射器やら投擲など一癖あるパーツ群を販売している。シリーズ初となる実体ブレード、通称とっつきを開発した。これは当てやすく使用回数制限のENブレードとは異なり、非常に攻撃は高いが非常に当てづらくしかも使用回数制限つきとなっている。特に対AC戦においては重量級以外命中率は絶望的で使いどころを見出すのが難しく、他のパーツ以上に癖が強いものとなっている。

ACNXにおいてもその変態ぶりは揺るがず、キモくくるしい(?)外見と特性を持つある意味ネクサスマスコットキャラクターとなったAMIDAを開発。そしてACLRにおいてはアライアンスに隠れて寝食を忘れるほどAMIDAの研究に没頭し、研究所にアライアンス察が入る際には研究データの回収を主人公に依頼し研究所を爆破した。

これらの独自の発想とAMIDAに対する研究に対する熱意による一連の行動、それらを実現する高い技術キサラギの変態企業としての地位を不動のものとした。

アクアビット

アーマード・コア4に登場。

タイトルの最大の特徴である「コジマ技術」のリーディンカンパニーで、ネクストパーツFCSなどの精密製品や、プライマルアーマーの性のなどコジマ技術に特化したパーツを多数開発している。

同社製パーツ(一部レイレナード製)パーツで構成された機体「アクアビットマン」は低機動・装甲という理由からシリーズネタアセンとして知られる。

GAE

アーマード・コア4に登場。

GAヨーロッパ支社であり、GAグループ内のコジマ技術を担っている。

裏ではレイレナード営であるアクアビットとの共同開発も行っており、後に「あんなものを飛ばして喜ぶ変態」と呼ばれることとなる元ソルディオス」を開発した。

シナリオ終盤でアクアビット共々壊滅、後に合資しトーラスを創立する。

トーラス

アーマード・コア フォーアンサーに登場。

アーマード・コア4で壊滅したGAEアクアビットを前身とする。上記の通り、変態企業が合わさってできた企業なのだから、それが変態企業であることは自明の理である。

開発するパーツの傾向もアクアビットから引き継いでおり、内装系パーツコジマ技術特化パーツが大半を占める。

環境汚染みぬネクスト用のコジマキャノン、前作に登場した大コジマソルディオス」を、を飛び回る自兵器ソルディオスオービット」に改造、自社製ネクストソルディオスオービットにしか見えないパーツを搭載、オーバードブーストを使えばコジマ粒子をそのまま垂れ流しているようにしか見えない、など変態企業っぷりには事欠かない。

また、作中において実際に主人公のオペレーターと後述の有澤隆文に「変態」扱いされている。

有澤重工

アーマード・コア フォーアンサーに登場。

大艦巨砲主義を地で行く日本企業。生産するネクストは、実弾防御とAPに特化したタンクと、グレネードランチャーに特化している。中でも背中に装備するグレネードランチャー「OIGAMI」はACネクストより長い身とハイスピードメカアクションにおいてはあるまじき長時間の身展開のシークエンスから作中屈ネタ武器としてされた。

そのトーラスとは逆に特化した方針や「OIGAMI」の存在により、こちらも変態企業として扱われることがしばしばある。

また、同社の43代社長有澤隆文」は、何と自らがリンクスとして戦場に赴く。影武者説もあるが、社長自ら戦場で体をって自社製品をアピールする様はまさに社長の鑑。

ソルディオスオービットを見て「面妖な、変態技術者どもめ」と発言、主人公のオペレーターと同じく作中で「変態」発言をした人物である。

アスピナ機関

アーマード・コア フォーアンサーに登場。

fAにおいては、オーメルの一研究部署という地位にある。

機関が開発した試作ネクスト「X-SOBRERO(フラジール)」は、「パイロットを機体が殺す」とまで言われるトンデモ高機動・装甲機体であり、その外見は内装パーツやコクピットがどこに収まっているのかすら怪しいT字コアや、腕というよりも武器を挟むクリップといった趣きの簡易腕部など、シリーズ通しても例を見ないほどの前衛的デザインであり、しばしば「」の字に例えられる。

そして何よりも、搭乗者「CUBE」の「AMSから、光が逆流する…! ギャァァァァァッ!」などのセリフネタセリフとして有名になり、ニコニコ動画において多数のMAD製作される要因となった。


2.の概要


フロム・ソフトウェア及び、コトブキヤのことをす。この二社にはアーマード・コアシリーズに関わっていて、素晴らしいクオリティの作品を発売したことへの讃辞として「変態企業」の称号が贈られるという共通点が存在する。

フロム・ソフトウェアアーマード・コアシリーズの開発元である。この会社には設立の経緯に始まりゲーム業界に参入した際の処女作、やたら高クオリティオープニングムービー製作したゲーム内で変なこだわりを実現させようとするなど変態企業たらしめる逸話、要因は多く存在する。

但し、USTREAMでのフロム・ソフトウェアゲームアーマード・コアⅤ」の実機プレイ映像配信において機械への余りのこだわりぶりに「変態」扱いされた際、鍋島俊文プロデューサーは「変態?どこが?」と返すあたりどうやら本人達には自覚がないようである。

コトブキヤアーマード・コアプラモデルシリーズ「ヴァリアブル・インフィニティ」(以下V.I.)を発売している。V.I.はACシリーズの特徴である複雑で細かいデザイン再現するために非常に細かくパーツ分けがなされており、中には1ミリ単位の大きさのものもある。だがこのパーツ分割のおかげで塗装をせずに組み立てるだけで、非常に高レベルの色分けの再現が可となっているただし、武装パーツに関しては基本的に単色成


3.の概要


1.の意味から転じて実在、架であるかを問わず、

特定の分野において斜め上方向に尋常ではない技術キチガイとしか思えない発想、そして狂気じみた熱意を持つ企業らびに団体

も変態企業と呼ばれるようになった。ただし、現実と架のそれとでは少々意味合いが異なる。

現実企業においては広告がおかしかったり、エイプリルフール駄に気合が入ったものを製作するなど、奇行とも取れる行為を実行する企業が含まれる。

企業においては悲惨を通り越してジョークの域に達している実験を行う企業・団体がに取り上げられることが多い。

どちらにせよ公式が病気であることには変わりはい。


該当する企業・団体の紹介



次へ»
最終更新日: 18/04/10 19:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ