ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


夏色DIARY


ヨミ: ナツイロダイアリー
掲示板をミル!
14カキコ!

夏色DIARYとは、BEMANIシリーズに収録されている楽曲である。


概要


BEMANI8機種+αで行われている大規模連動イベントBEMANI SUMMER DIARY 2015」。
このイベントにおいてすべての絵日記を書き終えると「エピローグ」のページが出現、この絵日記を書き終えることで解禁される、いわばプレイヤーへのごほうび楽曲である。

エピローグ到達後はイベント終了まで執筆できた、執筆促進期間は8月31日までイベント自体も10月26日午前5時に終了した。また、この曲では「ジャンサマ」による代筆オーブは使用できない

猫叉王子猫叉Master+肥塚良彦)の原曲ベースに8機種それぞれのコンポーザー達がアレンジした「猫叉王子+各機種スペシャルアレンジバージョンとして収録されている。
エピローグムービーで流れている曲が原曲だが、このバージョンで遊べる機種は現在存在しない。

全機種でジャケットの曲名とデザインが異なる(ジャケットの存在しない機種でもイベントサイトで確認することができる)。また、IIDXDDRGITADORAビーストではキャラクターシルエット写真バックに「BEMANI SUMMER DIARY 2015」で登場・移植された全楽曲の曲名が流れる専用ムービーが用意されている。これも機種毎に細かい部分に違いがあったり、最後に表示される「夏色DIARY」のアレンジ名も自機種のものとなっている。

イベント終了から3年後の2018年8月、当時未稼働だったノスタルジアアレンジ移植された。

それぞれの機種ごとのバージョンは以下の通り。


Beatmania IIDX:夏色DIARY - L.E.D.-G STYLE MIX -


ジャンル HAPPY SUMMER CORE
アーティスト 猫叉王子 feat.L.E.D.-G
BPM 190
BEGINNER NORMAL HYPER ANOTHER
SP - 6 10 12
DP - 6 10 12

L.E.D.-GによるアレンジLOVERY STORMConfiserieのようなキックの強いバスが特徴的で、全アレンジ中でも最も疾走感溢れるものになっている。


pop'n music:夏色DIARY(Yu-yake Style)


担当キャラ ミミ[ラピストリア]
(使用キャラがミミの場合はニャミに変化)
アーティスト 猫叉王子 feat.PON
BPM 137
難易度 EASY NORMAL HYPER EX
7
(5ボタン)
26 35 40

PONによるアレンジタイトル通り、の終わりを感じさせる爽やかチューン

前日に解禁出来たperditus†paradisusが非常に難しい難易度だったせいか、はたまた歴代のED曲の難易度を踏襲したためなのか、pop'nのみ中間難易度に抑えられている。ただし所々に押しづらい同時が混ざる他、サビには軸縦連もあるため適正には少々厳しめ。


DanceDanceRevolution:夏色DIARY -DDR mix-


アーティスト 猫叉王子 feat. TAG
BPM 160
難易度 BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE
SP 3 7 10 14 -
DP - 6 11 15 -

TAGによるアレンジイントロ8bit音で始まるが、その後はStarlight Fantasiaを髣髴とさせる、TAGTAGしいド直球TAG曲。チップチューン路線がビースト版と被ったため途中で方針転換したとかなんとか

SPは16分交じりの捻り、地団駄、体と色々詰まっているので、Lv14以降の地作りにお勧め。
DPはSPよりレベルが上がっているが、16分3連はSPよりかに少ない。その代わり、8分での左右振り回しが多く、重心移動のスキルめられる。…とは言え、他の15どころか14よりも弱めで、逆詐称気味。
譜面Triple Journeyの再来となることが懸念事項だ


GITADORA:夏色DIARY -GITADORA style-


アーティスト 猫叉王子 feat.OJ
BPM 178
BASIC ADVANCED EXTREME MASTER
GUITAR 2.10 3.80 6.70 8.00
BASS 2.05 3.45 5.70 6.65
DRUM 2.35 4.25 6.35 7.45

OJ(=肥塚良彦)によるセルフアレンジ

概要の通り、ムービーは収録機種毎に細かい違いが見受けられているが、最も変化が大きいのがGITADORAバージョン。こちらでは、ギターの「シャーン」という音に合わせてエフェクトが追加されていたり、ドラムスティックギターピック、ツーバス背景に紛れ込んでいたりする他、キャラの方もひまわり*パンチの3人もゲスト出演した物になっている・・・
と、ここまでは至って普通ムービーなのだが、何を思ったのか、ひまパン3人のうち長男の「弦」だけリアルジャンサマ「ゲン」としてムービーラストで待ち受けている事から、全機種一のムービー殺しになってしまった。どうしてこうなった・・・

どの譜面も肥塚譜面の特徴が出やすく、得手不得手が分かれやすいものとなっている。
ドラム譜面も、タムやハットの使い方に肥塚譜面の特徴的な部分が詰まっており、左右移動についていけるかで、体感難易度が変わるかもしれない。


jubeat:夏色DIARY 俺のjubeat編


アーティスト 猫叉王子 feat.時を駆けるショッチョー
BPM 170
難易度 BASIC ADVANCED EXTREME
5 7 10

難易度クリア称号:時を駆けたショッチョー
難易度フルコンボ称号:時を駆け抜けたショッチョー

ショッチョーによるアレンジ
楽曲自体はS-C-U印のインストテクノナンバーにアレンジされているが、ラスト付近で突如ショッチョー自身が某音楽グループを彷彿とさせるラップを歌い出す初見殺しに注意。そのボーカルの性質から「須磨」と呼ばれ、加えてマインド・ゲーム以来となるショッチョーボーカルが聞ける、ある意味重な1曲である。

EXTでは頻発する出張配置もあり、シャッターを全開にできない事も多いかなりの個人差譜面


REFLEC BEAT:夏色DIARY 懐色DIEARY


アーティスト 猫叉王子 feat.矢作
BPM 150-230
難易度 BASIC MEDIUM HARD W-HARD
7 10 14 -

矢作の正体はボーカルからしてバレバレだがおそらくDes-Row
pop'n同様にの終わりを感じさせるチューンで、こちらは同機種で展開しているDes-Row先生シリーズを彷彿とさせる作りになっているが・・・終盤にいきなりBPM230に加速した上、デスメタルになるという、ある意味初見殺し

BPM230地帯が勝負の分かれ。急に密度が上がるほか16分乱打や三配置の同時など忙しさもあり、HARDゲージ以上のプレーではそこで落とされるケースも少なくない。

リフシアでの譜面仕様変更に巻き込まれて一時削除されていたが、現在は復活している。


SOUND VOLTEX:夏色DIARY -Summer Dazzlin' Vacation miX-


アーティスト 猫叉王子 feat. PHQUASE vs. MAD CHILD
BPM 155
難易度 NOVICE ADVANCED EXHAUST GRAVITY
5 11 16 16
エフェクト PHQUASE vs. MAD CHILD Megacycle feat. PHQUASE vs. MAD CHILD
ジャケット BEMANI Designers

PHQUASEMAD CHILDによるアレンジエフェクトも担当している。
なお、アレンジャーの片割れMAD CHILDSDVXでつまみの魔術師と評されているエフェクター(譜面職人)のHirayasu Matsudoと同一人物という事がtwitter等からほぼ確定しており、この事からSDVXが誇る2大エフェクターの初の合作とも見て取れる。

GRAVITY譜面では「KHAMEN BREAK」のようにマッシュアップエフェクトが使用されている。引用されている曲は「cinder」「Hydrogen Blueback」「onslaught」「Voice 2 Voice」「draw!!!!」。


BeatStream:夏色DIARY BisCoの思い出(>▽<)


アーティスト 猫叉王子 feat.Qrispy Joybox
BPM 187
難易度 LIGHT MEDIUM BEAST NIGHTMARE
3 7 9 -
ジャケット BEMANI Designers
ムービー NASU+BeatStream Designers

Qrispy Joyboxによるアレンジチップチューン中心のスタンダードな曲調。

Lv9ん中ともいえる譜面で、今後の上位譜面の足掛かりには是非プレーしておきたい。

なお、BeatStreamシリーズ2017年9月1日に全サービスを終了したためか、バージョン現在プレー不可能。同機種の書き下ろし楽曲はBS稼働終了後も様々なBEMANI機種に移植されていったが、本曲は一応の書き下ろし楽曲ではあるものの、連動イベントの参加曲と扱われているのか残念ながら他機種へ移植されず、不憫な扱いを受けている楽曲と言えよう。


ノスタルジア:夏色DIARY 夕凪ノスタルジア


アーティスト 猫叉王子 feat.wakhuta
BPM 表記なし
難易度 NORMAL HARD EXPERT REAL
3 7 10 1(11)

イベント当時はまだ稼働していなかったが、2018年の終わりにノスタルジアƒORTEへと移植。本曲がƒORTE最後の配信曲となった。

アレンジ担当は名義から当時アレンジを書いていなかったwacakhuta合作と思われる。
wacによると、イベント当時には曲を書いていたが出す機会がなかったらしく、「いつか出したい」と話していた。自身が中心となって制作しているノスタルジアへの移植という形でそれがった。

ジャケットにはCroitらしき黒猫が描かれている。

ピアノ体のノスタルジアらしく、落ち着いた曲調で展開され、難易度も低めに抑えられている。


関連動画



次へ»
最終更新日: 19/11/21 09:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ