ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


夕雲型駆逐艦


ヨミ: ユウグモガタクチクカン
掲示板をミル!
2カキコ!

夕雲型駆逐艦(ゆうぐもがたくちくかん)とは、大日本帝国海軍の一等駆逐艦である。計画時の名称から前級の陽炎型駆逐艦と併せて「甲駆逐艦」とも言われる。

前級は陽炎型駆逐艦、甲駆逐艦としては本級が最終
一等駆逐艦の次級としては秋月型駆逐艦)/島風)/松型駆逐艦(丁)。

 概要

第四次軍備充実計画(マル4計画)及び戦時急増計画(マル急計画)により建造された、陽炎型駆逐艦である。従って、陽炎型駆逐艦とほぼ同規模の船体である。

以下、陽炎型駆逐艦との対を交えながら解説する。


船体


全長は119.3mで陽炎型若干延長された。これは、陽炎型に個体差が生じ設計速度(35ノット)が出ない艦が生じたためである。また、外観上の相違点として、陽炎型の艦が垂直であるのに対し夕雲型は下へ広がった末広がりの形状をしていることがある。陽炎型最終艦「秋雲」が戦後陽炎型と判明した決め手として、秋雲の艦部を移した写真が決め手になったと言われている。(当該写真では艦部分に夕雲型の特徴がなかったため。秋雲乗組員らは夕雲型僚艦と組んでいたこともあり、秋雲夕雲型と認識していたらしい。)


兵装


は従来の50口径三年式12.7cm連装C(仰55°)ではなく本級及び「島風」が採用した12.7cm連装D(仰75°)。装填装置はCと変わらなかったため、対撃の際近くまでを戻す必要があり、対を取りやすくなった程度で対は乏しいと言える。しかし、陽炎型等に「2番を降ろし25mm機を増備」する達が本級にはなかった点を踏まえると、上層部はこのDに一定の対戦闘があったと考えていたようである。(実際、1944年末まで残っていた長波朝霜沖波にはこの訓工事は行われていなかった。)

 性能諸元

排水量 基準:2077t 試:2520t
全長 119.3m
全幅 10.8m
3.76m
機関 ロ号艦本式缶3基
艦本式タービン2基2軸
52000
35.0kt
航続距離 18ktで5000
燃料 重油:600t
乗員 225
兵装 50口径三年式12.7cm連装D3基
25mm連装機2基
61cm4連装魚雷発射管2基(九三式魚雷8本)
18~36

 同型艦

※④計画第125号艦=島風
※『波』以降、所属は第十一戦隊を経由するが記載省略。10駆=第十戦隊 他=二


次へ»
最終更新日: 21/05/25 16:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ