ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


外房線


ヨミ: ソトボウセン
掲示板をミル!
11カキコ!

[画像を見る]

外房線とは、JR東日本千葉県千葉駅-安房鴨川間(茂原・上総一ノ宮駅勝浦駅経由)を運行・保有する鉄道路線である。


概要


房総半島を一周するJR路線の内、太平洋側(茂原市、いすみ勝浦市など)を経由する路線。
千葉駅から上総一ノ宮駅までは複線区間であるが、上総一ノ宮駅以南では単線区間と複線区間が混在している。

総武線快速京葉線快速通勤快速蘇我駅-上総一ノ宮駅京葉線については一部勝浦駅)まで直通運転をしており、東金線の一部列車千葉駅-大網間に乗り入れている。また、間の上りのみ上総一ノ宮駅発の京葉線普通列車が運行されている。

特急わかしお東京駅京葉線経由で茂原、上総一ノ宮駅勝浦駅、安房鴨川まで運行しており、千葉駅本千葉駅は通過しない。一部の列車勝浦駅-安房鴨川間を普通列車各駅停車)扱いで運行している。

東金線と接続する大網は当初、千葉駅方面から東金線へ直通していたため、茂原方面の外房線の列車は当スイッチバックが必要であったが、1972年5月現在の場所へ移転し、スイッチバックは解消された。

一時期、内房線(当時、北条線)を編入していたこともあり、また、安房鴨川経由で内房線との直通運転も行われていたこともある。

全線でSuicaの使用が可

複線区間


貨物


貨物列車は当初、列車と同じく千葉駅-大網を運行していたが、土気-大網間の勾配は急であったため、1911年東金線全線開通に伴い、大網以南へ向かうの貨物列車総武本線および東金線経由(千葉駅佐倉-成東-大網)へ変更された。その後、1972年の大網移転により、旧大網から茂原方面へ伸びる旧線は貨物用の短絡線として残され、大網を経由せずに茂原方面へ貨物列車が運行された。

大網が移転した後、茂原の高架化と貨物取扱いの止が決まった事で、本納-新茂原間に新たな貨物が設置されることとなり、1986年に新茂原貨物として開業した。

一方、1970年代後半までは安房鴨川まで貨物列車が運行されていたが、1982年11月大原駅-安房鴨川間、1984年2月には新茂原大原駅間、1987年蘇我駅-大網間でそれぞれ貨物営業が止となった。

外房地区では最後まで残っていた大網-新茂原間での貨物取扱いは1996年3月に休止され、1999年3月JR貨物の貨物営業が止された。

これにより現在、外房線で貨物列車が運行されているのは、千葉駅蘇我駅間のみとなった。


貨物専用線


貨物専用線は、1941年に設置された当時の茂原の南側付近から旧日本海軍茂原航空基地へのルート(南ルート)と、戦後に設置された現在茂原市民体育館の北東から基地跡地に建設された東洋高圧工業(後の三井東圧化学現在三井化学)茂原工場へのルート(西ルート)の2線があった。

1970年代に茂原の高架化と茂原の貨物取扱いの止が決まったことで、これら2つの専用線は止されることとなり、1986年の新茂原貨物開業と伴に三井東圧化学へ新たな貨物専用線(北ルート)が開業した。

しかし、1996年3月に新茂原貨物三井東圧化学の専用線での貨物取扱いが止され、外房線の貨物専用線は全て止された。

現在、専用線のレールや木などは撤去されているが、西ルートと北ルートの跡地を確認する事が可となっている。Googleマップ等でも専用線跡地を確認する事ができる。


外房線あれこれ



外房線を走行する車両



普通列車


[画像を見る] 113系 車両セミクロスシート車両
本編成は4両または6両。一部列車では、2編成併結の8両編成や10両編成(6両+4両)で運行していた。209系の投入により全
[画像を見る] 211系
3000番台
車両ロングシート車両2006年10月より外房線に投入された。
本編成は5両。一部列車では2編成併結の10両編成で運行している。
113系を追い出すかとおもいきや209系にまとめて追い出された。
[画像を見る] 209系
2000番台
2100番台
113系211系の置き換えとして、2009年10月より外房線に投入。
本編成は4両または6両。一部列車では、2編成併結の8両編成(4両+4両)または10両編成(6両+4両)で運行している。

基本的に、千葉駅から茂原・上総一ノ宮駅大原駅勝浦駅・安房鴨川の各までの区間を運転している。

例外として、には安房小発安房鴨川行、上総一ノ宮駅発安房鴨川行、大原駅発安房鴨川行の下り列車と、間には安房鴨川勝浦駅行がそれぞれ1本ずつ運転されている。また、外房線の下り最終列車では千葉駅発大網行が運転される。

また、千葉駅蘇我駅間では内房線千葉駅~大網間では東金線普通列車が乗り入れており、間の上りのみ上総一ノ宮駅発の京葉線普通列車が運行されている。かつては内房線や茂原方面から東金線に直通運転していたこともあるが、現在は行われていない。

長年113系聖地だったが、2009年10月1日より209系が逐次投入され、2011年ごろを最後に成田線総武本線内房線東金線鹿島線を含めて113系および211系は全て置き換えられた。


総武線快速


[画像を見る] E217系 総武快速線から上総一ノ宮駅まで乗り入れる快速列車車両
本編成は11両であり、中ほど2両は2階建てグリーン車になっている。

総武快速線から千葉駅-上総一ノ宮駅間に乗り入れている快速列車。かつては勝浦駅大原駅まで乗り入れていた。


京葉線快速・通勤快速


[画像を見る] 201系 スカイブルーが特徴の電車
房総ローカル内の分割運用の関係で最後まで残っていたが、E233系5000番台の投入によりとなる。
[画像を見る] 205系 車両の前面と側面にピジョンブラッドラインが入っている。
E233系5000番台の投入で京葉線を去った。
E233系
5000番台
中古の屋外展示場」も今は昔、201系205系の代替として投入された新車両間には千葉駅に乗り入れる運用も存在する。

京葉線から蘇我駅-上総一ノ宮駅間(一部勝浦駅)に乗り入れている快速通勤快速列車

通勤快速平日のみの運転で上りはに2本、下りは間に1本運転されており、内上下線1本ずつが勝浦駅まで乗り入れている。(上総一ノ宮駅勝浦駅間は普通列車扱いとなり、各に停する。)


特別急行


[画像を見る] 255系 かつて使用されていた189系の置き換えとして登場した車両
登場当時は「ビューわかしお」という名前だった。
本編成は9両。房総には長すぎるのか最近は影が薄い
[画像を見る] E257系
500番台
かつて使用されていた189系の置き換えとして登場した車両
前面は黄色、側面は青色塗装が特徴的。
本編成は5両。一部列車では2編成併結の10両編成で運行している。

東京駅から京葉線を経由して茂原・上総一ノ宮駅勝浦駅・安房鴨川までの運転している有料特急。名称は「わかしお」。勝浦駅~安房鴨川間では、一部の特急列車普通列車扱いとなり、各に停する。

わかしお(特急)


臨時列車


外房線では季節やイベントなどに合わせて、臨時列車を運行している。


次へ»
最終更新日: 20/02/07 14:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ