ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


外道門仏


ヨミ: ゲドウモンブツ

門関』第32則より。

世尊(仏陀)は外道(異教徒)から、「不問有言、不問言(言葉でもなく、沈黙でもないものはなんですか)」と問われた。世尊はしばらく黙って座っていた。外道は大いに賛嘆して、「悟り世界に導いていただきました」と礼拝して立ち去った。難(子)が世尊に「あの外道はいったい何を悟ったのでしょうか」と尋ねた。世尊は「良がただの影を見るだけで走り出すようなものだ」と答えた。


概要


 外道は異教徒であるから、仏陀に挑んでいる。つまり何かを言えば「それは有言ではありませんか」とやっつけ、黙っていたら「それは言ではありませんか」とやりこめようとする。そこで仏陀は、じっと座ったまま無我の境地に入ってみせた。
 「有言か言か」という二択は、自の働きを前提として成り立つ。そこで無我の据座を示し、外道の問いの前提を覆した。言葉と沈黙を分別する自というものを脱却した世界が示され、有言でも言でもないものが提示されたのである。


関連商品


■az4003331214
■az4061595687


関連項目



最終更新日: 17/09/27 11:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ