ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: タ
掲示板をミル!
7カキコ!

とは、おおいこと、たくさんを表す漢字である。




一般言語


一般言では、数がおおいことを意味する。対義は「少」。
何をもって「多」とするかは主観により、一概に決めることはできない。


数学・物理学など


「通常より多い」の意味で使われる。通常1つであれば2つ以上、2つであれば3つ以上である。
対義は、2以上を「多」とする場合は「単」または「一」。それ以外は場合による。

例えば、xを1つ決めればyがただ1つ決まるのが通常の関数だが、yが2つ以上決まる関数を「多価関数」という。また、通常「」「偽」の2値である真理値をもっと多くして考えるのが「多値論理」である。

一方、「任意の自然数という意味で使われる用法もある。この場合「1」も「多」である
これは、数が1つであるか2つ以上であるかという議論に意味がい場合に用いられる。

例えば、「多形」は「n形(n∈)」という意味であり、「一形」を多形に含まないわけではない。ユークリッド面には存在しないが、その他の面には存在することがあり、その場合は「一形」も「多形」である。

また、中学高校数学の教科書では、「単項式」と「多項式」を分けて考えているが、より高度な数学では「多項式(多項式関数)」は「指数関数」などと対立する関係であることが多く、単項式を分けて考える意味は薄い。従って、「単項式」は「多項式」に含まれる(高校の教科書では「整式」といわれる)。
例えば、計算理論において「多項式時間」という用があるが、時間の関数が単項式で表せるとしても「多項式時間」である。


人名



多氏


古代族の多(おお)氏は神武天皇の皇子、八井命の後裔とされるものの、確実なことは不明。カバネは臣。大和飫富郷(現奈良県田原本町)発祥とされる。

多氏は畿内、九州に勢を持ち、その後宮中で雅楽の奏者である楽として続いた。鉄道唱歌作曲者、多稚は多氏の末裔である。また、古事記を書き記した太安万侶も多氏の一族とされる。

多はウジであり、多入鹿であれば「おお・の・いるか」と所属を表す「の」を入れて呼称するのが正しい。現在苗字としての多姓はその名残で多くが「おおの」と読む。


実在の人物



その他



漢字として


Unicode
U+591A
JIS X 0213
1-34-31
部首
夕部
画数
6画
読み(常用)
訓読み(常用)
おおい
意味
おおい、おおく、まさる、戦功。
爾雅・釈詁〕に「(衆)なり」とある。
夕を重ねた会意。夕はを表している。供えるが多いことから多いの意味となった。の上がを表しているのと同じ。
説文解字〕には「重ぬるなり。重夕に(したが)ふ。夕なる者は、相ひ繹(たづ)ぬるなり、故えに多と爲す」と、夕が重なった構成の字とし、繹と夕が畳韻であることをもって解釈している。また「重夕は多を爲し、重日は曡を爲す」とあり、夕を重ねたのが多で、日を重ねたのが曡としている。
音訓
読みはタ(音、音)、訓読みは、おおい、まさる。
規格・区分
常用漢字で、小学校2年で習う教育漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。JIS X 0213第一準。
部首
説文解字〕では部首である。多のほか夥、𡌪、㗬の合わせて4字を収める。
多を符とする漢字に、侈、卶、垑、哆、陊、姼、迻、栘、移、眵、趍、誃、鉹、䡔などがある。
多寡・多感・多岐・多士済々・多重・多少・多情・多数・多大・多聞・多量

異体字


𡖇
Unicode
U+21587
部首
夕部
画数
6画
𡖈
Unicode
U+21588
部首
夕部
画数
6画
𡖩
Unicode
U+215A9
部首
夕部
画数
12画
𢑑
Unicode
U+22451
部首
画数
6画
Unicode
U+591B
部首
JIS X 0213
1-52-76
夕部
画数
6画
𢑰
Unicode
U+22470
部首
工部
画数
16画

関連項目



最終更新日: 18/11/15 15:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社