ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大内義隆


ヨミ: オオウチヨシタカ
掲示板をミル!
47カキコ!

「大内義隆」おおうち・よしたか - 1507~1551)とは、日本戦国大名周防大内氏16代当大内義興長男で、内藤矩の(正室)。子息は大内義長(養子)、大内持(養子)、大内義尊(実子)、問田亀鶴丸(=大内義教、実子)、大内義胤(実子)、大内珠光(実)。


概要


名門・大内の当として、中国地方全域から九州北部にかけて絶大なを持った大大名。出雲の尼子と敵対して覇を競うが、文弱な性格が武断の怒りを買い、クーデター(大寧寺の変)により当の地位を追われて自した。後は養子の大内義長が継いだ。(実子の義尊は共に自。)

領内に数多くの御用職人や商人を抱え、大陸ヨーロッパから積極的に技術や学問、鉱物兵器などを購入して領内発展と軍備増強を促進した。内政と外交、経済に通じた教養人だった。
の死後に各地に流出した大内の技術は、日本全体の物品生産や伝統工芸に大きな変革をもたらす。その手腕は歴史でも手放しで称賛されている。その反面、戦国大名としての軍事的功績は振るわず、晩年は文弱に陥って公家趣味と権威義に耽溺してしまった。人格面の問題も多く、毀誉褒貶に満ちた人物である。


生涯


家督相続まで

大内義興と正室内藤矩のの間に嫡男として生まれる。生まれる直前に、・義明応の政変将軍を追われた10代将軍義稙を奉じて上した。その勢いで11代将足利義澄を蹴落とすと、そのまま京都に居座り続けた為に長年を知らず育つ。

10歳の時にが戻ってくるが時すでに遅く、陶を知らず育った義は、文弱な当同性愛を嗜むガチホモと化していた。14歳にはの行軍に帯同し、尼子経久と戦う日々を過ごしていたが、22歳の時(1528年)に52歳で病死したので督を継いだ。

室町以降の大内氏は督争いの兄弟喧嘩が頻発しており、当が死ぬと内乱が恒例行事となっていた。義から義への場合は例外であり、督継承はスムーズに行われたが、この穏便な政権委譲が義の文人大名化に拍を掛けることになる。

戦国大名として

1530年、九州少弐資元を討つべ連を遠征させるが、田手畷の戦いで敗れ失敗すると、寝技(買収策)に方針転換する。朝廷に多額の献を行い続けた結果、1536年には大宰大弐に任官してもらう。
少弐氏の官職は大宰少弐だから、大宰大弐の自分のほうが偉い」という大義名分を獲ると、まだ官位による権威が生きていた当時は役に立ったようで、龍造寺胤栄ら少弐の部下が離反して、少弐を滅ぼす。

1534年、豊後の大友義鑑を討つべく陶房を遠征させるが、勢場ヶ原の戦いで逆転負けを喫したため、今度は婚姻策に転換する。1538年に12代将足利義晴の仲介で和し、大友義鑑に出す。このから生まれた甥が、後の大友宗麟大内義長となる。

1540年、出雲尼子晴久が安芸に侵攻してくると、下の領代表だった安芸の毛利元就に援軍を派遣し、これを退けた。翌年には武田信実を滅ぼし、安芸の支配権を確立した。

1542年に尼子経久が逝去し、尼子臣が大量に離反してくると、これを尼子を滅ぼす絶好の機会と捉え、自ら出雲に遠征した。義は、弱体化した尼子を倒す程度なら大内軍のを動員する必要はないと考え、安芸や石見の人領を中心とした連合軍を結成して出雲に侵攻した。
だが、尼子軍の予想以上の抵抗と長期にわたる兵によって領達の不満は募り、ついには寝返りや逃亡が頻発。大内軍は総崩れとなり、遠征は失敗に終わる。この時、養嗣子として従軍していた大内持が事故死して大きなショックを受けた義は、ますます戦嫌いとなり以後は戦場に出向くことはなくなった。

文事傾倒と最期

1543年、備後へと進出したが、今までの大内軍らしからぬ消極的な戦いとなり、杉原を追い落とす1550年までは地味に尼子との小競り合いが続いた。
この間、臣の陶隆房(後の陶晴賢)が義に不満を募らせ、クーデターの準備を進めていた。安芸の毛利元就独立計画を練っていたが、既に政治への興味を失っていた義自身には知る由もなかった。

そして運命の1551年。臣筆頭の陶隆房が引き籠って謀反の準備をすると、討伐せずに話し合いで解決しようと試みたが失敗。反乱が勃発し、居だった山口館を包囲される。
遠方の吉見正頼や連は味方だったものの、近隣の内藤盛や包や毛利元就重矩が反乱側に与した為に逃げることができず、義は逃亡先の大寧寺で自害した。これを大寧寺の変という。


人物


ガチホモがアダとなる

衆道が一般的だった戦国時代でも、希有なほどの重度の同性愛者だった。以下は、義と交わった、もしくは交わった疑いのある男達である。
毛利隆元小早川隆景兄弟、陶義清・陶隆房兄弟、相良武任、冷泉隆豊、清ノ四郎、安富内、その他。
その入れ込みようは尋常でなく、山口から陶隆房の住む富田若山まで、片35キロ6時間かけてで往復していた時期すらあった。毛利元就長男毛利隆元に至っては、本来人質という立場にもかかわらず賓客のような扱いをしたことで、臣達から不信感を抱かれている。
も、細川政元上杉謙信と違って、子や側室もそれなりにいたため、両遣い(バイセクシャル)だったのかもしれない。

1550年、フランシスコ・ザビエルは義に謁見した際に、キリスト教の教義で衆道は禁じられていると嗜められると布教許可を取消すほど激怒した。この為、ザビエルへ逃れる羽になった。

出雲遠征時に義と衝突した陶隆房は寵を失い、相良武任や冷泉隆豊など文治美人官僚達が寵を獲るようになり陶隆房を含む武断は遠ざけられたという。

あまりに衆道にのめりこみすぎて夫婦の営みが疎遠になりすぎ、最初の正室、万里小路秀房の貞子逃げられている。仕方なく貞子の側近である下級公家小槻(大宮)治の、おさいの方に手を出したところ妊娠し、1545年に男子大内義尊)を出産
嫡子の祖の立場となった大宮治は、用もないのに1546年頃から山口館に居座って贅沢三昧をするようになったために大内の財政を圧迫する。この公家の贅沢三昧は、陶隆房ら武断神経を逆撫でし続けたようで大寧寺の変勃発時にっ先に殺されている。

大寧寺の変の影響

本能寺の変ほどではないが、当時の日本全体に及ぼしたは大きかった。まず大内領内の豊前・筑前・石見は陶の支配を拒否し、長門内藤督争いで分裂していたのを機に、かねてより独立の動きがあった安芸の毛利元就が造反する。
吉見正頼と内藤隆が陶憎しの感情により毛利に加勢し、陶隆房周防と安芸の手勢だけ(それでも2万以上の軍勢で、毛利軍を圧倒はしていた)で厳島の戦いに挑まざるをえなくなり、敗死する。

豊後の大友宗麟漁夫の利を得て、毛利が制圧しきれなかった大内の旧領をもぎ取って復する。肥前龍造寺隆信は後ろの大内義隆を失ったことで基盤を失い、佐賀を逃亡する憂きにあう。
大内義隆の死による大内側の混乱を重く見た明は、大内義隆の後継者の大内義長を簒奪者として扱い交易を却下、一方で毛利大友も同様に却下され、ここに勘合貿易が名実共に断絶してしまう。乱後から明の禁政策が次第に緩くなりつつあったこともあり、以後日中交易は大名や商人らによる私貿易が中心となった。

大内が囲っていた職人は四散し、様々な技術が内に伝播していった。運良く吹法が転がりんだ武田信玄の甲州金山や、製法が手に入った京都の西織は大きく発展した。

金儲けが上手1(倭寇と結託)

・義将軍を再擁立した際に、日明貿易の勘合符を手に入れた。これにより大内博多商人は細川商人から交易利権を奪うことに成功した。
くない細川高国らは、期限が切れた古い勘合符で遣明船を派遣する。賄賂を利用した細川の遣明船が有利に扱われたことで大内側が怒り、明の港であるにも関わらず細川の船を焼き払いドサクサに紛れて明軍も蹴散らすなど、大暴れした。
当然、明は怒ってまっとうな貿易が制限され、密貿易が流になってしまった。これを1523年寧波の乱という。の代に縮小された日明貿易は、後期倭寇が活性化の原因となり明や朝鮮が手を焼いているのを鑑みて、倭寇黒幕である宗氏・松浦党・博多商人・明人らを利益誘導で従えて暴れさせたり取締るふりをして、倭寇取締りを外交のカードとして利用し、1536年と1547年遣明船を派遣している。なお後期倭寇は皮にも大内義隆の死後、戚継による大規模倭寇取り締まりや明禁政策融和とそれに伴う民間貿易・南蛮貿易との貿易競争に敗れ、次第に衰退していくこととなる。

金儲けが上手2(博多商人と結託)

大内大陸から技術を持ち込むことに熱心で、硫化精錬法、製法、吹法など門外不出の技術を博多商人と共に賄賂などを駆使して手に入れている。
博多商人・屋寿に1526年頃、石見銀山を再開発させたり、1533年に慶寿と宗丹という技術者朝鮮から招いて吹法を研究するなど、鉱山採掘と技術開発に柱心して大な利益を生んだ。先祖の大内も、明から硫化の精製法を持ち帰り、閉山していた長登山を再採掘していたり、寺尾鉱山に精製技術を研究していた跡がありこの一族にはけの旨さに定評がある

また、博多織の職人満田三郎を遣明船で技術研修に派遣し、中国広東で織物の技術を持帰させることで明産に大差を付けられていた日本産の織物の品質を飛躍的に向上させた。後に西織が盛し織物の品質上昇に伴い、生糸の内需要も劇的に増加。江戸時代に養蚕が盛んになり、明治時代になって西洋技術の導入もあったため良質な生糸輸出が日本の発展を大きく支えた。

大内博多職人織り技術を持ち帰らなければ、江戸時代を通して養蚕の研究が盛んになることもなかったはずなので、もしかしたら日本歴史が変わっていたかもしれない。

職人を招致して文化や産業を振した結果、扇子・屏といった交易に必要な輸出品の多くを領内で調達することに成功し高い収益をあげた。
交易で書物を輸入することで学問を志す僧・公家なども集まり、山口の人口は6万人をえた。なお2010年日本の人口は1000万→1億3000万と13倍に増えているのに旧山口市域の人口は14万人と2倍にしか増えていない。総理大臣輩出数も多いのに山口の人口伸び率が低い・・・どうしてこうなった

金払いが良い(末世の道者)

公家や寺社の荘園領が横領される戦国時代ではしく、逃げてきた公家を手厚くもてなし、東大寺の横領された土地まで奪い返してあげたり、筥崎宮や八幡宮などの復にも尽し、大陸から経典を輸入して寺社に寄進するなど、リスト問わず寺社を手厚く保護したので、当時の識者からは「末世の者」(末法の乱れた世で仏教める者)と賞賛されていた。
かしこの褒め言葉も、公家の贅沢が武断の不満を煽り陶隆房東大寺の横領地を巡って険悪になって反乱という結果で滅びた今となっては「楽が過ぎての末代になってしまった人」というアワレな印をうける。

官職コレクター

少弐戦で味を占めたのか、その後も朝廷に献を続け、室町将軍よりも高位の従二位まで昇叙している。
当時の朝廷貧乏で、天皇サイン持ちに押し売りしている状態だった。この大な献天皇即位式が行われたり、卿達の生活も救われた。

しかし当時の後奈良天皇は、献を猟官行為として忌み嫌い、勤皇行為とは認定せず、義の死後には何も贈位しなかった。なお1557年に践祚した次代の正親町天皇は、献には厚く応える性格だったようで、毛利元就本願寺顕如は贈位されたり門跡の称号許可された。


辞世の句


討つ人も 討たるる人も 諸ともに 如露如電 応作如是観


関連動画


大内義隆に関するニコニコ動画動画紹介してください。


補足


信長の野望」(PCシリーズにおける大内義隆の力一覧。

シリーズ毎に、政治手腕の評価で数値の乱高下がしい。官位と宝による補正が入ったでは補正後統率92政治107という高数値になっている。
ブルジョワなので高価な宝を大量に保有しており、バランス調整のために本来保有していた名物を多数割愛されまくっても、なお「大内筒」「松本」「大内瓢箪」「威肩」などを保有している。
図」のうち消失した「景山図 伝徽宗筆」や「山図 伝唐筆」「図 徽宗筆」などの宝級の美術品も多数保有していた。


次へ»
最終更新日: 20/06/07 16:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ