ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大塚晶文


ヨミ: オオツカアキノリ
掲示板をミル!
2カキコ!

大塚晶文(おおつか あきのり)とは、千葉県出身の元プロ野球選手投手)である。

2003年途中から2012年までの登録名は「大塚晶則」(読みは同じ)。


概要


OB
大塚晶文
基本情報
日本
出身地 千葉県千葉市
生年 1972年1月13日
身長
体重
182cm
95kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 1996年ドラフト2位
引退 2014年
経歴
選手歴 監督コーチ
際大会
代表チーム 日本
WBC 2006年
プロ野球選手テンプレート

横芝敬高校東海大学日本通運を経て、1996年ドラフト会議近鉄バファローズ2位(逆名)で名され入団。野茂英雄の退団後き番となっていた背番号11を希望して受け継ぐ。

1年1997年は、52試合に登板して82.2イニングを投げ抜いた。奪三振数は127奪三振13.83を記録し、防御率も2.07という素晴らしい数字を残した。フロントリリーフエース赤堀元之に「大塚が独り立ちしたら先発転向させる」と約束していたため、中継ぎであったがセーブ数も7記録している。

1998年は開幕からストッパーとしてフル回転し、49試合に登板して55.1イニングを投げ、防御率2.11という好成績を残した。セーブ数は当時のパ・リーグ記録となる35を記録し、初の最優秀救援投手いた。

しかし、翌1999年は故障で大きく出遅れてしまう。25試合登板で6セーブしか記録出来なかったが、入団から3年連続で防御率2点台を記録した。

2000年は復調し、入団から4年連続の防御率2点台を記録した。しかし、投手が壊滅(チーム防御率4.66)してチームが最下位に低迷したため、登板機会そのものが減ってしまいセーブ数は24に留まった。

ここまでの勤続疲労が祟ってか、2001年は開幕から大乱調に陥った。リリーフに転向した岡本が奮闘している間に何とか復調し、防御率こそ4.02と大きく悪化したものの26セーブを記録して大阪近鉄バファローズ最後のパ・リーグ優勝に大きく貢献した。

2002年は開幕から出遅れてしまうが、復帰するや守護として君臨、初の防御率1点台となる1.28を記録した。ただ、岡本とのダブルストッパーでの起用だったため、セーブ数は22に留まった。

2002年オフメジャー挑戦をしてポスティングを利用するが、球団が手続きでミスをしていたせいもあってか入札しに終わる。球団への不信感もあって自由契約を要し、銭トレードで中日ドラゴンズへと移籍。

2003年中継ぎスタートしたが、ストッパーエディ・ギャラードが故障で離脱したため代役でストッパーとなる。しかし、山田久志監督はギャラード復帰後も大塚を優先させたため、7月に怒りの退団となった。大塚は引き続きストッパーを務め、51試合に登板して防御率2.09の好成績を残した。シーズン中に登録名を「晶文」から「晶則」に変更。オフ、再びポスティングを利用し、サンディエゴ・パドレスが入札して移籍。

パドレス1年2004年は途中からセットアッパーに定着、73試合に登板リーグ最多の34ホールドを挙げ防御率1.75と大活躍した。翌2005年はビジターで8敗を喫するなど成績を落としたが、66試合で22ホールドを挙げチームの地区優勝に貢献。

2006年1月にトレードでテキサス・レンジャーズに移籍。第1回WBC代表に選ばれ、クローザーとしてWBC胴上げ投手になった。シーズンではクローザーに抜され、63試合で32セーブ防御率2.11と活躍する。

2007年7月に右肘を痛め戦線離脱、そのままシーズンを終えFAとなると、ここから長い怪との戦いが始まる。2008年トミー・ジョン手術を受けたのを初め3度に渡って肘にメスを入れ、所属球団のないまま現役続行をしてリハビリを続けた。一時は右投げを諦め、左投げへの転向にさえ挑んだという。

2013年6月8日ベースボール・チャレンジ・リーグ信濃グランセローズに入団。6年ぶりの現役復帰となった。また登録名を本名の「晶文」に戻すことになった。しかし2013年は再び肩を痛めて結局公式登板はなし。

2014年からは選手兼任監督を務める。7月に選手を手打ちして処分を受けた。投手としては結局7年ぶりの現役復帰登板引退試合となり、この年をもって現役を引退信濃監督も退任した。

2015年からは中日ドラゴンズ二軍投手コーチに就任。2017年からは「派遣コーチ」という肩書きになり、中日所属のままパドレス3Aチームコーチを務めている。2018年からはNPBでのコーチ登録は抹消され、チーム統括本部編成部際渉外担当という扱い。


通算成績


通算:11年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB:7年 305 0 0 14 23 137 0 .378 350.2 117 474 106 93 2.39 1.01
MLB:4年 236 0 0 13 15 39 74 .464 232.0 80 217 71 63 2.44 1.16

関連動画



■sm4002767[ニコ動]

■sm4165516[ニコ動]


関連商品


■azB00554RF2W
■azB000FI9OYK
■az4575299642


関連項目



最終更新日: 19/07/22 18:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ