ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大塚英志


ヨミ: オオツカエイジ
掲示板をミル!
53カキコ!

大塚英志とは、ロリコン雑誌編集者漫画原作者、評論家である。


概要


1958生まれ。筑波大学第一学群人文学日本民俗学専攻卒。大学の専攻は民俗学であり、評論家になってからも民俗学に言及することが多い。

80年代ロリコン漫画雑誌漫画ブリッコ』の編集長を務める。『漫画ブリッコ』上で中森明夫の「おたくの研究」を連載したことにより、「おたく」と言う言葉が世間に広まることとなった。も、大塚英志は中森のこの連載に反発し、この連載は打ち切りとなった。また、宮崎勤の弁護側人をつとめた。おたくを表記するさいには必ず「おたく」と平仮名で表記する。

漫画原作者としては『多重人格探偵サイコ』『リヴァイアサン』などが有名。自分でノベライズを書くことも多い。

評論家としては『物語消費論』『戦後まんがの表現間』など漫画研究、ライトノベル*1研究で有名であるが、「戦後民主主義」者を自認し政治的な発言も立つ。また、純文学を「不良債権」とよび、笙野頼子をキレさせた(結果的に文学フリマの開催につながった)。

*1…大塚本人はこの表現はあまり使わない。


関連動画


 


関連商品


■az4047131881
■az4044191220
■az4062879573


関連項目



最終更新日: 18/04/03 21:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ