ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大家健


ヨミ: オオカケン
掲示板をミル!
5カキコ!

大家健とは、DDTプロレスリング下のガンバレ☆プロレス代表を勤めるプロレスラーである。二つ名は「カリスマ号泣師」。


概要


かつては何度となく失踪を繰り返していた(しかも大事な大一番を逃げ出すこともあった)。プロレス自体もしょっぱい試合扱いされることが多く、同業者やファンから「汁レスラー」の代表呼ばわりされてきた。

しかし、その愚直な根性と努によって、半分馬鹿にされながらもしだいに認められるようになる。もっとも、ユニオン時代まではブレイクしたと思ったらもとに戻るの繰り返しが続いていた。

だが、ガンバレ☆プロレスを立ち上げてからはガチで彼を支持するガンプロユニバースと呼ばれるファンも増加。旧友男色ディーノマッスル坂井には「気持ち悪い(笑)」と言われつつも、本当にカリスマ化しつつある(ただし、ごく一部の方向で)。


生誕~DDT~ユニオンプロレス


1977年4月8日富山県福野町(現・南砺)に生まれる。高校までは正会館で空手の腕を磨いていた。高校卒業後に日本大学に進学し上日本大学理学部文理レスリング連盟(BWA)に所属。リングネームアレクサンダー大家。当時BWAには後に同僚となるKUDOヤス・ウラノ、三和太らが所属していた。卒業後には闘門に7期生として入団(ここにも同期大鷲透が居た。)するもデビュー前に退団。

門退団後にDDTプロレスリングに入団。2001年12月スーパー宇宙パワー戦でデビュー
2002年には宇宙からの電波を受信し「今のDDTは間違っている!」と大家革命を謳い、リングネームをO.K.Revolution名。T.M.Revolution衣装で闘うようになる(これは顔がT.M.Revolutionに似ていると言う理由もあったようだ)。また、翌2003年にはカミングアウトゲイ路線に走るが、リストラとなりリストラされてしまう。すぐに当事社長だった一宮章一のとして復帰するが、2004年5月引退勧告を受けて引退。その後失踪。
2005年12月に突如姿を現し、翌2006年1月に復帰。ユニオンプロレス所属となるものの5月折し4ヶの長期離脱、更に2007年1月男色ディーノKUDOvsマッスル坂井ゴージャス松野&大家健のアメリカコントラ引退マッチに敗れ再び引退3月には矢郷良明率いるYAGOプロレス旗揚げ戦で復帰するものの即日解雇された上YAGOプロレス自体も同日に解散。翌4月にはユニオン復帰をかけてノーピープル5人がけマッチ(対石川修司木髙イサミ726・チェリー)を行い全敗。その後ユニオンに参戦していた小笠原先生の下で空手修行に励み、火の輪くぐりを成功させてユニオン復帰を許される。その時の様子はこちら[動]

その後2009年にはDDTプロレスリングと役員待遇契約を結び、取締役売店部長に就任。この年の8月には憧れの存在であった新日本プロレス獣神サンダーライガーとのシングルマッチを行う。
2010年にはDDT行でいつでもどこでも挑戦権を獲得。行のたびに当事王者だった大日本プロレス関本大介を挑発してはラリアットで吹っ飛ばされていたが、関本が飯伏幸太の挑戦を退けた直後に乱入し挑発、逆に炎のスピアーで関本を吹っ飛ばして見せた。この際、「関本には8:2絶対が勝つ。そして両国国技館大会のメインに立つ!だが、もし両国国技館メインに立ったら、両の売店はが仕切るんだ!?関本大介お前DDTの売店仕切れんのか!?理だろ!だから、このいつでもどこでも挑戦権をはこの男に譲渡する!」と石川修司に挑戦権を譲渡。そこまでして売店にこだわっていたが、両大会の直前の大会で左膝陥没折と言う重症を負う。しかしそれでも両国国技館には車椅子で登場し売店を仕切った。

2011年1月に復帰し、復帰戦で元全日本プロレスプロレスリングNOAH菊地毅パン食いデスマッチを行い、この試合がカルト的な人気を博す。また、新日本プロレス社長に直訴の結果BEST OF SUPER Jrの予選にも出場。その後、紫雷美央記者会見遅刻をきっかけに抗争が勃発。当事SPGグロバルジュニアヘビー級王座に君臨していたにもかかわらず紫雷美央に敗戦。ここで投げつけられた首輪を自ら装着し、以後は紫雷美央駄犬としてリングに立つこととなる。この抗争「けんとみお」をきっかけとして紫雷美央日本インディープロレス大賞でニューカマー賞を受賞した。また、この年には本浩二のシングルマッチを行ったり、初のデスマッチを行ったりした。

2012年には4月行で行われたユニオンサバイバルマッチで優勝。当事DDT EXTREAM級王者であった宮本裕向にユニオンプロレス最大のビッグマッチであった後楽園ホール大会で売店デスマッチで挑んだ。
また、この年にはエビスコ店長KUDOが試合中のアクシデントにより右肘を脱臼してしばらくの間厨房に立てなくなってしまった。そこで飲食店でのアルバイト経験のある大家白羽の矢が立ち、以降は役職が取締役エビスコ店員となり、現在までエビスコ場で料理の腕を振るっている。

2013年には当事ユニオンプロレスで暴れていたチームドリフに対して喧を売り、リーダーである石井慧介と自身と紫雷美央ユニオン撤退をかけてシングルマッチを行うが敗戦。ユニオンプロレス退団となってしまった。
その後ユニオンプロレスには覆面軍団が襲来。覆面軍団は大増殖の上ユニオンプロレスで大暴れするが、覆面Aに扮していた大家仲間割れから自らマスクを脱ぎ捨て正体を明かして再びユニオンプロレスから撤退。
それと前後して、休業期間を終えてDDT本格復帰をしていようとした大鷲透の復帰定試合に便乗してDDT復帰を画策するものの、試合に敗れた後に木曽大介レフェリーを人質に取ってまでDDT復帰を訴えるもののこれも失敗。すると高木三四郎社長鶴見亜門GMの財布から定期代の1万5千円を勝手に差し出し、「大仁田厚は5万円でFMWを旗揚げした!お前もこの1万5千円でお前の新団体を旗揚げしろ!」と新団体旗揚げを促した。


ガンバレ☆プロレス旗揚げ~プロレスキャノンボール2014


旗揚げを促された翌週のDDT行終了後に、ツイッター上で大家に賛同したリングアナウンサーワンダーマンとともに記者会見を行い以下の宣言を行った。

この記者会見で元ZERO1の浪口修が乱入して大家ワンダーマンに加えて映像班としてたまたま記者会見を撮影していた今成夢人を暴行。これに高した大家はその場で浪口修vs今成夢人のカードを即決。(このとき今成は「素人」とされたが、多摩美術大学時代はリングネームヶ丘」を名乗り学生プロレスを行っており、マッスルや闘うビアガーデンリングでのプロの試合の経験もあったレスラーであった。)
プレ旗揚げ戦ではアンケートの結果70対3で圧倒的多数で旗揚げについて支持された。大家はそれでも反対が3票入ったことを理由に旗揚げ中止を宣言するが、その後4月17日東京新木場1stRINGで正式な旗揚げ戦を行うことが発表された。
旗揚げ後は上記の記者会見で喧を売ってきた浪口修との抗争を中心に行を行う。その抗争終結後はユニオンプロレス乱入してまるで三島事件のような形で抗争を勃発させる。そしてその後はシバター率いる炎上軍との抗争経て、大家の友人であったが、その後離婚などボロボロ人生を送ってきた藤田ミノルとの抗争を行っている。
それ以外には三代目J-SOULパンディータのような怪奇丸山扮する様々な覆面レスラー女子レスラー力道山三世のなどといった胡散臭すぎる雰囲気を漂わせながら、「ガンプロユニバース」と呼ばれる熱狂的なファンの圧倒的支持を受けつつ定期的に行を行っている。

2014年10月に撮影が行われたプロレスキャノンボール2014では当初参加の予定はかったものの、大家健&今成夢人の「ガンバレ☆プロレスチーム」として自参加。内容についてはDVDが発売中のため(購入はこちら[外部]ネタバレは控えるが、高木三四郎マッスル坂井鈴木みのる葛西純男色ディーノ飯伏幸太HARASHIMAKUDO坂口征夫マサ高梨赤井沙希鶴見亜門といった個性的な面々の仲で演と言っても差し支えないほどの大活躍を見せる。そして撮影了後も大家は大船渡で行われる東日本大震災チャリティー行のために東北に残り、営業活動を行った。この行は平日の開催、しかも開催発表から実際に行が行われるまでわずか1ヶと言う状況にもかかわらず1150人満員の大観衆を集め大成功を収めた。
また、プロレスキャノンボールは当初発表された1週間のレイトショー上映が全てチケット売。その後も様々な映画館で上映が行われ、現在DVDが発売されたにもかかわらず映画館での上映が続いていると言う異例のヒット作品となった。


第52代KO-D無差別級王者 大家健


2015年にはガンバレ☆プロレス行において三富政行に勝利したことによっていつでもどこでも挑戦権を獲得。以降は王者であるKUDOをほぼストーカーのように付け回し、挑戦の機会をうかがうようになる。そして6月後楽園大会でKUDOに対してヤス・ウラノがいつでもどこでも挑戦権を行使して防衛戦を行っている最中に乱入鶴見亜門GMに対して3WAYマッチで王者を決めろと要。これが受け入れられると、炎のスピアーヤス・ウラノから3カウントを奪って第52KO-D差別級王者にく。が、負けずに王者から陥落したKUDOもいつでもどこでも挑戦権を所持していた為、その場で挑戦権を行使。ここで敗れたためにわずか5分ほどで王座から陥落してしまった。


その後大家は同い年である男色ディーノスーパー・ササダンゴ・マシンタッグ結成を宣言。DDT最大のビッグマッチである両国ピーターパン石井慧介入江茂弘高尾蒼馬チームドリフが所持しているKO-D6人タッグ選手権への挑戦をアピールする。当初は鶴見亜門GMもこの挑戦に対して渋っていたが、前戦で結果を残して結果的に挑戦を許可両国国技館でベルトに挑む。スーパー・ササダンゴ・マシンの分析を元にアリキックを中心にチームドリフに挑むものの敗戦。

すると敗戦直後にスーパー・ササダンゴ・マシンはこの3人によるユニット#大家帝国」でのリマッチを要。敗れた挑戦者がリマッチを要すると言う余りに非常識な要に対して石井慧介は即座に「お断りします!」と要を拒否したが、何度もリマッチを要した結果9月後楽園大会で挑戦することに。この試合で大家入江茂弘から炎のスピアーで3カウントを奪って勝利し、KO-D差別級に続いてKO-D6人タッグ王者にもいた。


#大家帝国の栄光



次へ»
最終更新日: 16/02/25 19:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ