ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大山倍達


ヨミ: オオヤママスタツ
掲示板をミル!
49カキコ!

大山倍達とは、史上最強空手であるっ!

バキでたまに出てくるあのおっさんである。バキの愚地独歩や餓狼伝松尾山のモデルになった人と言ったほうが分かりやすいかもしれない。おっさんには空手バカ一代主人公と言えば分かるだろう。

空手道連盟総裁、極会館館長真空十段

その溢れんばかりのエネルギーゴッドハンドと呼ばれた圧倒的戦闘力から世界中を喧しながら周り、極真空手を極めた。

彼の数々の伝説エピソードは今でも多くの人々にり継がれている。


■sm12406123[ニコ動]


大山倍達の最強伝説!


1923年6月4日東京生まれ。少年時代に満州に渡りそこで秘の古流中国拳法借力」を学び、格闘技覚める

14歳山梨少年航空学校入学15歳のときに船越先生日本に初めて空手を紹介した人)の門下生となる。その後、拓殖大学早稲田大学入学し本格的に空手を学ぶ。

戦争に負けた日本で威りくさるGHQの悪いアメリカ兵や、戦後混乱期に跋扈するヤクザを相手に喧を仕掛け全戦全勝。

昭和22年には全日空手道選手権で圧倒的大差で優勝。その大会で披露した大山空手余りにも実践的過ぎたため寸止めルールを採用する伝統から疎まれ、大山の挑戦を受けてくれなくなってしまった。

そこで大山人間ではなくを相手にし、47頭のを撲殺(そのうち4頭は即死)世間に名を知らしめる。

昭和27年には狭過ぎる日本立ちアメリカへ。プロレスラーボクサー対戦真剣勝負7戦するも敗。

31大山をひらき、39空手道連盟極会館を設立直接打撃制による極真空手でブームを生んだ。平成6年4月26日死去

その修行は凄まじく、山に一年以上籠り空手と向かい合ったという伝説がある。その時大山眉毛を剃っていたため付近の住人からは天狗とまで呼ばれた。

大山空手チョップは石を割りビールビンを弾きとばし、凄まじいは、十円玉を捩じ曲げたという。

強く愛国的であった大山戦後混乱期の中民衆に人気を獲得し、現在でも信奉者が多い大人物である。


崔 永宜(최 영의)


1923年、朝鮮の裕福な庭に生まれる。当時の朝鮮半島は旧日本と併合しており日本国扱いであったが、父親日本中立で(韓国では親日は財産を没収されてしまうので中立と呼ぶ)あったため日本の役人と仲が良く何不自由ない幼少期を送っていた。

学生時代の崔はYMCAボクシングを学び、格闘技覚めていく。(けして借力などという訳の分からないものではない)

しかし儒教の影の強い父親自由を重んじる崔はそりが合わず、勘当されてしまう。その後、崔は日本の軍人になるために日本へ密入を果たす(当時日本へ来る朝鮮人余りにも多すぎたので入制限がかられていた)。

だが、日本に着いたはよいものの軍人になるための学校受験に失敗してしまった。それから1945年終戦を迎え、朝鮮日本の支配から解放されるが、祖国へ帰らず日本に住み着く朝鮮人も数多くいた。崔もその一人であった。

戦勝であるアメリカ人から三人(旧日本支配下の住民、在日中国朝鮮台湾人)として扱われた朝鮮人は抑圧の反動から戦後日本で暴れまわっており、崔も愚連隊を結成しその大親分として広く名をかせていた。この争いはやがて朝鮮人同士での内紛へと発展し、その抗争は現在ヤクザの出入りとはべ物にならない規模であったという。特に大きかったのは現在在日朝鮮人総聯合会(総連)と在日大韓民国民団民団)との間で起きていた抗争であり、崔はその実からスカウトされ民団側の暴力グループリーダーとなってた。

その他にも、

拓殖大学入学したり(記録なし)。

アメリカレスラーと戦ったり(記録なし、ただし当時は記録がないのが普通)。

を殺したり(穏やかな性格の畜一方的に屠殺、その後動物団体から怒られる)。

など色々な伝説を残し、極会館を設立。

平成6年4月26日死去


要するに


現在大山伝説の多くは(詳細な部分ではまだ議論されているものの)大山が自分を大きく見せるための虚構だと言われている。

そもそも大山倍達は日本出身ではない。本名、崔 永宜(최 영의)という立韓国人である(日本統治下の朝鮮半島で生まれたので、「生まれたときから日本人」と名乗ってもウソではいが)。日本に不法入を果たした大山朝鮮民族運動に参加した後、日本帰化し大山倍達と名前を変えたのであった。しかし日本帰化したものの朝鮮の戸籍も残っており死ぬまで二重籍者(違法)であり、大山はこの二重籍を悪用し両庭を持っていた。

大山は自分を大衆に知らしめるためにメディアを通じて自分の誇大な伝説を故意に世間に広めた。その最たるものが少年マガジンで連載されていた「空手バカ一代」である。このつのだじろう作の漫画によって大山イメージは固定され、日本中に極ブームを巻き起こした。生前大山は「噓も1000回つけば本当になる」と取材に答えている。

大山は、その伝説が形成される過程で大山は自分と朝鮮の関わりの全て(故郷、師匠兄弟、親友、民族運動への参加など)を黒歴史として葬り、日本人として振る舞った。その為、他の在日の人からは「なぜ素直に韓国人を名乗ってくれないのか」と非常に残念がられていた。しかしだからといって帰化した日本人として日本への情があったかというとそうでもなく、例えばスポーツ日韓戦があった場合は韓国応援すると言したり、そもそも大山倍達の倍達とは日本で言うヤマトのような意味であり、知る人が聞けばすぐに韓国人であることが分かってしまう名前であった。

大山にとっては崔にとって朝鮮だとか日本だとかは小さい問題であり、広い世界の中で自分という人間がどこまでやれるかという事の方が重要であった(悪く言えば両方のいいとこ取り)。民族運動に関しても民族意識からこのような民族運動に参加したわけではなく、自らの空手の技を思う存分発揮できる場所くらいにしか思っていなかったという。

結局のところ大山という人間の実像は人によって評価が別れるものになってしまうだろう。それに加え、大山人生を考えることは日韓併合、強制連行、創始名などのめんどくさい歴史認識問題も絡んできたり、極会館の干渉もあって事実タブーに近いものになっている。

しかしそれでも尚、大山が優れた武芸者であり、極真空手を世に広めたという業績は紛れもない事実である。


関連動画


■sm7140433[ニコ動]
■1328676185?via=thumb_watch[ニコ動]


関連商品


■az4872578996
■az4434103199


関連コミュニティ


■co9735


関連項目



最終更新日: 19/07/16 14:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ