ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大島洋平


ヨミ: オオシマヨウヘイ
掲示板をミル!
23カキコ!

大島洋平(おおしま ようへい1985年11月9日-)とは、愛知県出身のプロ野球選手外野手)である。現在中日ドラゴンズに所属。

経歴

中日ドラゴンズ #8
選手会長
大島洋平
基本情報
日本
出身地 愛知県名古屋市
生年 1985年11月9日
身長
体重
176cm
74kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 外野手
プロ入り 2009年ドラフト5位
経歴
プロ野球選手テンプレート

小学生時代から野球を始め、県内でも野球の名門である享栄高校入学。当時は投手外野手の兼任だったが、駒澤大学入学後は外野手を本職とした。

学生時代から既に「俊足巧打」「強肩好守」をウリにしており、東都リーグでは毎年の様に打率3割越えを記録。首位打者タイトルも獲得し、「東都のイチローと称されていた。

2008年日本生命へ入社し社会人野球へ参戦。その勢いは変わらず、日本選手権大会では4試合出場ながら.563を記録し首位打者社会人ベストナインいた。

これらの功績が評価され、2009年ドラフト会議中日から5位名を受け入団。プロ世界に足を踏み入れる。

中日時代

2010年ルーキーながら、その身体の高さを買われ1番センターで開幕スタメン出場を果たす。だが打撃が安定せず、シーズン序盤~中盤は昇格と降格を繰り返した。7月の昇格以降は打撃も徐々に安定し「2番センター」として出場する機会が増加。日本シリーズでは第4戦で決勝点となるタイムリースリーベースを放つなど、23打数9安打(.391)という好成績を挙げ日本シリーズ優秀賞を獲得、チームに大きく貢献。レギュラー奪取にまでは至らなかったが、未来のリーディングヒッターとして今後に期待がかかる年となった。


2011年センター定位置をほぼ確実なものとし、ゴールデングラブ賞を受賞した。


2012年は見え隠れしていた才が遂に開。全試合に出場し打率.310と13打点を記録しリードオフマンとして活躍。
クライマックスシリーズでも打率.428、1本塁打、4打点、2盗塁と大暴れし、元々定評のあった守備走塁面は2年連続ゴールデングラブ賞を獲得。32盗塁盗塁王も獲得するなど大活躍したシーズンであった。


2013年は開幕前にWBC日本代表補選手になったが、左ひじの違和感のため最終メンバーに選ばれなかった。タイトルホルダーとして前年以上に期待のかかる中で、シーズンが開幕するも前述の左ひじの故障により思ったような動きができず、大幅に成績を落としシーズンを終えた。オフに選手会長に就任。


2014年7月を痛め打撃の調子を崩したが、中日タイ記録となる186安打を記録。2年ぶりのゴールデングラブ賞も受賞した。しかしオフには契約で揉めた。


2015年は打撃成績は下がったが、自己最多の20二塁打、6本塁打を記録した。


2016年7月20日広島東洋カープ戦でサイクルヒットを達成した。
カープ先発大瀬良大地投手から先頭打者本塁打を記録すると、続く第二、第三打席で二塁打三塁打と一気にリーチをかけた。迎えた第四打席、カープ二番手の九里亜蓮投手からシングルヒットを放ち、プロ野球史上64サイクルヒットを達成しおたドラゴンズの選手としては、2004年アレックス・オチョア外野手以来となる。シーズン途中に取得したFA権を行使せず残留した。


2017年4月30日阪神タイガース戦で通算1000安打7月25日東京ヤクルトスワローズ戦で通算1000試合出場を達成した。8月31日横浜DeNAベイスターズ戦で死球右手折して戦線離脱した。


2018年は141試合に出場。打率.274、7本塁打57打点21盗塁を記録。2年ぶりにゴールデングラブ賞を受賞した。


2019年は全143試合に出場し、打率.312、3本塁打45打点30盗塁を記録。174安打最多安打タイトルを獲得した。さらに守備では失策と活躍し、2年連続でゴールデングラブ賞を受賞した。

エピソードなど

応援歌

球団 レス No プレイヤー
中日(旧) 応援歌のピコカキコ一覧#126 8716
中日 応援歌のピコカキコ一覧#1210 13247

成績

年度別打撃成績









































2010年 中日 104 374 314 35 81 10 4 0 17 8 27 2 29 2 52 2 .258 .323
2011年 96 355 300 25 73 6 4 3 18 8 19 2 29 5 50 3 .243 .318
2012年 144 631 555 83 172 19 5 1 13 32 17 0 46 13 80 7 .310 .376
2013年 140 555 499 68 124 18 2 3 27 19 10 3 37 6 69 2 .248 .306
2014年 141 642 585 92 186 18 2 2 28 28 6 2 43 6 56 3 .318 .369
2015年 142 620 565 70 147 20 4 6 27 22 10 1 39 5 65 5 .260 .314
2016年 143 656 599 80 175 27 9 3 27 26 4 1 46 6 69 3 .292 .348
2017年 119 521 476 50 149 20 3 3 29 23 1 3 37 4 66 5 .313 .365
2018年 141 645 588 92 161 20 7 7 57 21 1 5 47 4 80 2 .274 .329
2019年 143 623 558 89 174 23 3 3 45 30 7 3 50 9 78 5 .312 .376
NPB:10年 1313 5622 5039 684 1442 181 43 31 288 217 102 22 403 60 665 37 .286 .345

年度別守備成績



















2010年 中日 外野手 99 172 4 1 0 .994
2011年 95 196 6 2 1 .990
2012年 144 291 8 3 1 .990
2013年 135 301 13 2 1 .994
2014年 140 287 8 6 2 .980
2015年 140 284 1 2 0 .993
2016年 143 300 4 3 0 .990
2017年 119 198 2 2 1 .990
2018年 141 282 7 0 1 1.000
2019年 外野手 143 282 1 0 0 1.000
通算 外野手 1299 2593 54 21 7 .992

タイトル・表彰・記録

タイトル
盗塁王 1回 2012年
最多安打 1回 2019年
ゴールデングラブ賞 7回 2011年2012年2014年-2016年2018年2019年
ベストナイン 1回 2012年
MVP 1回 2017年4月
その他
オールスターゲーム出場 4回 2012年-2014年2017年
サイクルヒット 1回 2016年7月20日

関連動画


■sm10390769[ニコ動]

■sm12259702[ニコ動]
■sm12649321[ニコ動]

関連商品

■azB003UA7XWA

関連項目


次へ»
最終更新日: 19/12/09 06:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ