ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大正琴


ヨミ: タイショウゴト
掲示板をミル!
3カキコ!

大正琴とは、大正時代に作られた鍵盤付きの琴である。


概要


大正元年(1912年)に発明されたため「大正琴」という名前が付いた。一般的に「琴」と言われるとよくイメージするものとして筝(そう)があるが、それと異なる点として、「大きさ」「弦の本数」「弦の素材」「弦の押さえ方・弾き方」「調弦の方法」の5つが挙げられる。

まず大きさについてであるが、人間身長ほどの横幅があり、大きく持ち運びにくい。それに対し、大正琴は机の上に載せたり肩にかけられる程度の専用のかばんで運搬することができる。

また、筝の弦は13本であるが、大正琴の場合は2~12本である。これは開発者の森田郎が「二弦琴」という種類の琴を参考にしたためである。本数は不定であり、独特なオクターブ音が出る。

糸の素材金属製であり、糸を使っている筝よりも、バンジョーなどに近いシャープな音が出る。大正琴はインドにも伝わっており、現地では「インディアンバンジョー」と呼ばれることもある。

最も特徴的なのは弦の押さえ方・弾き方であり、ピアノと同色の鍵盤が左手側に配置されている。これはタイプライターを参考にしたもの。鍵盤の数も不定だが、「ド→1」「レ→2」の順に鍵盤に数字が書いてある。

譜面横書きの算用数字で書かれていることが多く、筝と類似する(ただし筝は縦書き・数字であることが多い)。半音は「」のみで表し、オクターブ高い(低い)音には数字の上(下)に「・」がく。伸ばす音は「―」や「・」、休符は「0」で表現する。8分音符(♪)は数字の下に線を引き、16分音符(♫)は二重線を引く。

| 3 ― ― ・1 2 3 | 2 1 0 0 |
          ̄  ̄  ̄
  に      こ に こ   どうが

時報

右手で弦を弾くのは筝と同じだが、ピック)については筝はにはめるタイプなのに対し、大正琴はでつまむタイプである。また、大正琴の場合は手前から弦をすべて一気に弾く。このため、演奏のためにはどの弦を押さえるのかを覚える必要はなく、押さえる鍵盤を覚えることが中心になる。ただし、に向かって弾いた後に、から手前に弾き直す「返し弾き」やトレモロもあり、譜面では「V」、「~~~~~」で表す。

譜面の表記については流によって若干異なるので注意

調弦は左端のギターのつまみのようなものを回すことで可。一般的に高い音の出るの弦から調弦する。


関連動画



■sm11840910[ニコ動]

■sm16282896[ニコ動]

■sm20098519[ニコ動]
■sm35300327[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/06/24 21:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ