ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大盤振る舞い


ヨミ: オオバンブルマイ
掲示板をミル!
12カキコ!

大盤振る舞いとは、日本慣用句の1つである。


概要


周囲の人々に対して、気前よく振る舞う事。または、一切の出し惜しみをしないさま。
現代でも、宴の席などでにする機会があることだろう。

正式には「椀飯振る舞い(椀飯振舞)」と表記する言葉で、これは平安時代辺りから公家などでもてなしの席で椀に盛った飯を君や来客へ振る舞う儀礼が存在していたことに由来している。
(椀飯=お椀に盛った飯、の意。『わんばん』と読む)
平安時代以降、鎌倉室町時代からは幕府でも同じ儀礼が定着し、江戸時代になると庶民の間でも正月に親戚縁者や大勢の客を招いて宴の席をひらく習が広まっていくのだが、これらの宴も同様に「椀飯振る舞い」と呼んでいた。
そして現代へ時代が移っていくにつれ、「椀飯(わんばん)」の部分が「おうばん」へと変化していき、勢なイメージからか漢字も「大盤」という漢字当て字)が用いられるようになった。
椀飯と大盤が混同されて使われるようになったためか、現代では宴の席のみならず気前よくもてなしたり品などを施す事をして言われている。

ちなみに大判振る舞い」と表記する事もある。
江戸時代に大判(小判と同様の、江戸時代貨幣)を用いてもてなした事からきていると言われ、こちらの言葉も厳密には間違いではないのだが、「大盤振る舞い」の表記がやはり一般的であろうか。


用法



類義語



対義語



関連動画



■sm8325733[ニコ動]

■sm414079[ニコ動]


関連商品


■azB001BIYK7Y
■azB003TKEA4A


関連項目



最終更新日: 18/04/28 21:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ