ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大谷翔平


ヨミ: オオタニショウヘイ
掲示板をミル!
1553カキコ!
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。
[画像を見る] この記事は第433回の今週のオススメ記事に選ばれました!
よりニコニコできるような記事に編集していきましょう。

大谷翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日-)とは、岩手県出身のプロ野球選手メジャーリーガー(投手外野手)である。2018年からロサンゼルス・エンゼルスに所属。

野球選手においてはしく投手と野手の両方で出場する選手である。

概要

ロサンゼルス・エンゼルス #17
大谷翔平
基本情報
[画像を見る]日本
出身地 岩手県水沢
生年 1994年7月5日
身長
体重
193cm
86kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 投手外野手
プロ入り 2012年ドラフト1位
経歴
際大会
代表チーム 日本
日米野球 2014年
プレミア12 2015年
メジャーリーガーテンプレート

小学校3年時から野球を始め、中学時代には一関リトルニアに所属し、全大会に出場する。

菊池雄星に憧れ花巻東高等学校に進学したが、1年まで野手として育成される。その後はエースとなり、ストレート球速は1年次に147km/h、2年次に150km/hと徐々に上がり、3年次の岩手県大会準決勝でアマチュア史上最速の160km/hマークした。しかし決勝戦で敗れたため、3年夏の甲子園出場はわなかった。甲子園大会には2年、3年と2回出場したが、いずれも1回戦で敗れた。2年には帝京高校、3年大阪桐蔭高校藤浪晋太郎森友哉が所属)と強校と当たったことも不運であった。

2012年ドラフト会議直前にメジャー挑戦を表明していたにも関わらず、ドラフト会議前日に北海道日本ハムファイターズ1位での名を表明し、交渉権を獲得。日本ハムが訪れても当初は面会を拒否していた。その後監督栗山英樹も交え、4度も入団交渉が行われた末に、日本ハム入りを決断した(その際は30ページにも及ぶ資料が使われ、日本ハムの球団公式サイトでも一部開されている)。背番号ダルビッシュ有がつけていた11

高校通算56本塁打と長打もあるため、投手と野手の二刀流で育成されることになり、どこまで通用するかが注される。

現在の最速は公式記録では164km/h非公式ではクライマックスシリーズ165km/h

日本ハム時代

2013年(1年目)

開幕戦(埼玉西武ライオンズ戦)で「7番ライト」でスタメン出場した。オールスターにも選出され、第1戦では投手。第2戦では外野手として出場した。成績は投手としては3勝敗、野手としては打率.238、3本塁打20打点だった。

2014年

オールスター第2戦に出場し、162km/hを計測。9月7日オリックス・バファローズ戦で日本プロ野球史上初の10勝10本塁打を達成した。MLBでもベーブ・ルースしか達成していない偉業であった。10月5日シーズン終戦となる東北楽天ゴールデンイーグルス戦では初回に銀次に対し、162km/hを計測。これがマーク・クルーンに並ぶNPBシーズン公式タイ記録となる。また、パ・リーグ速記録、由規の持つ日本人NPBシーズン速記録を次々に更新した。オフ日米野球に出場した。シーズン11勝4敗、防御率2.61だった。

2015年

自身初の開幕投手を務め、勝利投手になった。また、チームでは1979年高橋直樹以来となる開幕6連勝を飾った。オールスターでは投手と野手の両方でファン投票選出された。全日程終了時点で15勝、防御率2.24、勝率.750でそれぞれ最多勝利、最優秀防御率、最高勝率となり自身初の投手三冠いた。しかし沢村賞は、
前田健太藤浪晋太郎クリス・ジョンソンと争い、最終的に前田健太に譲ることになった。
オフWBSCプレミア12日本代表に選出された。大会では2試合に登板し、13回失点の活躍でベストナインを受賞した。

2016年

開幕後はなかなか勝てなかったが、打撃では5試合連続ホームランなど、前年よりいい成績を残す。5月29日楽天戦では6番投手でスタメン出場。6月5日読売ジャイアンツ戦では5番投手でスタメン出場し、ルイス・クルーズとの対戦でNPB速記録の163km/hマークした。7月3日福岡ソフトバンクホークス戦では「1番投手」として先発起用され、中田賢一の投じた初球を右中間スタンドへと運んで自身初となる初回先頭打者本塁打を記録。投手による先頭打者ホームランは史上初である。
オールスターでは投手としてファン投票選出されるも右手マメの怪のため登板を回避し、野手として異例の出場をすることとなった。第1戦試合前のホームランダービーでは一回戦で山田哲人、決勝戦で柳田悠岐を破り、優勝を果たした。第2戦では5番指名打者で出場し、自身初のオールスター本塁打を含む3安打2打点と活躍し、オールスターMVPに選出された。
9月13日オリックス戦でこれまた最速記録を更新する164km/hストレートを投げたが、糸井嘉男に打たれた。9月28日西武戦では9回1安打15奪三振完封勝利を挙げ、日本ハムの4年ぶりのリーグ優勝を達成。胴上げ投手となった。この勝利により10勝に到達し、日本プロ野球史上初の10勝20本塁打を達成した。

クライマックスシリーズ

第1戦に先発登板し、7回1安打失点の好投を見せた。
勝てば日本シリーズ進出となる第5戦では3番指名打者先発出場していたが、9回からDH解除で救援登板吉村裕基に対しての初球で、最速記録を更新する165km/hを記録した。この回を三者退に抑え、日本ハム日本シリーズ進出を決めた(詳細は大谷の15球を参照)。

日本シリーズ

第1戦に8番先発ピッチャーとして出場。6回を投げ11奪三振、打っても3打数2安打とするも、カープダブルチール(セカンド送球カットをしなかった大谷エラーとの見方もある)と、プロ入り初ホームランを打たれている松山竜平、さらにはブラッド・エルドレッドホームランによって3失点を喫し、敗戦投手となる。
第3戦では同点で迎えた延長10回裏に見逃せばボール球というインローの球を打って1,2塁間を破るサヨナラタイムリーを放った。「ボール球が来るのはわかっていたから、ボール球を打った」という趣旨の発言をしている。意味が分からない
第6戦では先発登板を回避。8回表2アウト満塁バッタ中田翔の場面でネクストバッタズサークルに登場したが、中田が押し出しを選ぶとベンチへと戻るという、栗山監督作戦によって打席に立つことはなかった(詳細は見せ大谷を参照)。

オフ

ベストナイン投手部門と指名打者部門で獲得。さらにパ・リーグMVPを獲得した。

2017年

ワールド・ベースボール・クラシックWBC2017では日本代表選手として選抜された。ところが前年の日本シリーズで痛めた足首が回復しなかったため、出場を見送った。

開幕からは怪の影もあり指名打者で出場したが、4月8日オリックス戦で左太もも裏の離れを発症し戦線離脱。6月23日に一軍に昇格し、27日のソフトバンク戦で復帰した。オールスターにも選ばれたが、第2戦で代打で出場し左飛だった。7月31日には4番指名打者先発出場した。
8月30日にはメジャースカウトが見守る中、ソフトバンク戦で先発160km/hをマークしたが、4回4失点でKO負けした。9月8日西武戦で1年ぶりの1試合2本塁打を記録した。
10月4日オリックス戦では4番投手(66年ぶり、パ・リーグ史上初)で先発出場し、10奪三振で3勝を挙げ、シーズン最後の登板を締めくくった。打つ方では4回に初安打を放ってチャンスメイクすると、大田泰示タイムリーで3点を先制し、この3点を守った。オフポスティングシステムを使用しメジャーリーグベースボールに挑戦する意向を固めているという報道もあり、ファンからは「跳べ!大谷の向こう側へ」というメッセージも挙げられた。11月11日に正式にポスティングシステムを行使してメジャー挑戦を表明した。

エンゼルス時代

大谷メジャー挑戦を表明すると、メジャーリーグの各球団からはなんと30球団ものオファーがあり、内16球団は「二刀流OK」という条件を提示していたという。各球団の代理人との面接の後「1次審」である書類選考が行われ、2017年12月3日には7球団に補が絞られた事が報じられた。名門球団ニューヨーク・ヤンキースもこの段階で落選しているが、落選した各球団は東海であること、DHのないナ・リーグであること、そして先発起用でなく代打中継ぎ起用と起用条件が折り合わないこと等が落選の要因として挙げられた。
こうして大谷は渡し、残った7球団と12月4日以降直接交渉に臨んだ。交渉内容には底した情報規制が敷かれ、一時はサンフランシスコ・ジャイアンツシカゴ・カブスと報じられるなど情報は錯綜したが、2017年12月8日ロサンゼルス・エンゼルスと合意した。背番号17

10日に本拠地エンゼルスタジアム前にて開入団会見が行われ、ソーシア監督、モレノオーナー、エプラーGMが同席し、更に日本同様メジャーでも二刀流挑戦を表明するなど、異例尽くしの会見となった。
なおエンゼルスタジアムのロッカールームでは、かつて9年連続二桁勝利を挙げるなど長年チームのエースで前年に引退した、ジェレッド・ウィーバーが使っていたロッカーが与えられている。[外部]

2018年

プリントレーニングオープン戦)では初出場で初安打を記録したものの、最終的に投手としては防御率27.00、打者としては打率.170と精を欠いたため、開幕前までの全スポーツ各誌は、当初大谷に懐疑的な記事が立っていた。


次へ»
最終更新日: 19/06/14 14:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ