ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大阪市バス


ヨミ: オオサカシバス
掲示板をミル!
2カキコ!

大阪バスとは違います

大阪市バスとは、大阪市交通局運営していた営のバス事業である。
ここでは当時、大阪市交通局100%子会社団体としていた株式会社である「大阪シティバス株式会社」の当時の内容についても記載する。


概要


大阪市バスは1927年開業。大阪市内全体を網ののようにカバーしていた。
2009年3月時点での総営業距離数は約600km、保有台数は700台オーバーそれなりに大手のバス事業者であったが、2002年頃からの営業革に伴い路線の統合や一部営業所の止・外部委託をはじめ、保有台数を削る(2013年時点で約550台)などの対策を営時代末期まで行っていた。

車両面では、メーカーATの設定がある場合は極ATを投入していたことが特徴。ただし新の投入はツーステップの置き換えが了し、全ノンステ化を達成した2011年度を最後に終了している。
かつてツーステップバスが投入されていた頃は前後ドアにこだわり、初期のワンステップバスも前後ドアとしていたほどである。

2018年4月1日大阪市交通局が民営化され、それと同時にバス事業部門のみ既存の株式会社であり、営時代の外団体であった株式会社の「大阪シティバス株式会社」に譲渡された。


営業拠点


2018年3月31日の交通局最終日時点、あいうえお順。※のいものは直営。


交通局外郭団体時代の「大阪シティバス株式会社」


1988年、その前身企業である「大阪運輸振株式会社」が大阪市交通局大阪交通労働組合が共同出資で発足。
2006年労働組合側が保有していた式を交通局側が全て買い取り、交通局100%出資の企業となった。2014年現在の社名に変更された。 

現在では町・住之江の市バスの各営業所の運営委託を受けているほか、シティバス独自で路線バス運営している。


当時のシティバス独自路線



路線一覧


2016年5月当時。担当営業所はセルの色に準拠する。


次へ»
最終更新日: 18/06/17 01:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ