ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


天下一音ゲ祭


ヨミ: テンカイチオトゲサイ
掲示板をミル!
201カキコ!

天下一音ゲ祭とは、音楽ゲーム界の歴史が動いた一大イベントである。


概要


それは2014年8月18日に突如発表された。全日アミューズメント施設営業社協連合(AOU)導のもと「天下一音ゲ祭 全一斉認定大会」が開催されることが明らかになった。全ゲームセンターで多機種による大規模な音楽ゲーム大会が行われることとなったのである。

そして翌年2015年7月17日に機種を変えて再び開催されることが発表。以後、毎年のJAEPOにて定着をす。


参加機種



第1回



第2回



第3回



大会の詳細



第1回


公式の実施要項(pdf)[外部]

開催期間

楽曲先行配信日


第2回


大まかな概要は前年度と同様。各社の収録スケジュールの都合上相互移植く、予選課題曲が各機種ごとの書き下ろし新曲という部分が異なる。
その他詳細は第2回大会公式サイト[外部]を参照。

開催期間

楽曲先行配信日

この他、SDVXシンクロニカでは第1回大会の店舗予選課題曲4曲が配信される。(AOU非加盟店舗、海外の筐体でもプレー)


大会用楽曲


予選・ブロック決勝には本イベントに専用の楽曲が使用される。


第1回


店舗予選大会用楽曲(移植曲)

2014年10月29日に登録してある店舗に配信。 
先行配信されなかった店舗は2015年2月16日jubeat2月15日)に配信。

タイトル アーティスト 初出 公式楽曲紹介
(外部リンク)
FLOWER DJ YOSHITAKA jubeat knit APPEND ★[外部]
Garakuta Doll Play t+pazolite maimai GreeN ★[外部]
Got more raves? E.G.G. GROOVE COASTERアーケード ★[外部]
きたさいたま2000 LindaAI-CUE 太鼓の達人 ぽ~たぶる2 ★[外部]

ブロック決勝用課題曲(オリジナル曲)

2014年11月26日に配信。
先行配信されなかった店舗は2015年2月16日jubeat2月15日)に配信。
各社のコンポーザーがそれぞれの「四大元素」をイメージして作成した。

タイトル アーティスト 代表機種 四大
元素
公式楽曲紹介
(外部リンク)
Scars of FAUNA 猫叉Master jubeat ★[外部]
VERTeX Hiro maimai ★[外部]
FUJIN Rumble COSIO(ZUNTATA) GROOVE COASTER ★[外部]
Ignis Danse Yuji Masubuchi 太鼓の達人 ★[外部]

第2回


店舗予選大会課題曲(オリジナル曲)

2015年10月15日配信。各機種ごとの書き下ろしオリジナル曲が配信される。
このうちグルコスmaimaiにも関わっているxiが2曲を担当。

タイトル アーティスト 機種 公式楽曲紹介
(外部リンク)
マサカリブレイド REDALiCE SOUND VOLTEX ★[外部]
Aiolos xi maimai
Solar Storm xi GROOVE COASTER
朱の旋 AILE 太鼓の達人
夜明けまであと3秒 Taku Inoue シンクロニカ

ブロック決勝用課題曲(オリジナル曲)

2015年11月26日配信。こちらはSDVXmaimaiグルコスオリジナル新曲。
太鼓はシンクロニカの予選課題曲夜明けまであと3秒』、シンクロニカは太鼓の課題曲『朱の旋』が入れ替わる形で使用される。

タイトル アーティスト 機種 公式楽曲紹介
(外部リンク)
月光乱舞 P*light SOUND VOLTEX
Axeria AcuticNotes maimai
Black MInD COSIO(ZUNTATA) GROOVE COASTER
夜明けまであと3秒 Taku Inoue 太鼓の達人
朱の旋 AILE シンクロニカ

なぜ「歴史が動いた」と言われているのか


1997年beatmaniaを生み出し「音楽ゲーム」というジャンルをひろめたKONAMI。その後似たようなゲームが出てきたがKONAMIはその一切を許さず、自社が保有している特許に絡めて多くのゲーム会社を差別に訴えていった。
その結果周りから大きな顰蹙を買い、アーケードゲームにおいてはさながらKONAMI vs その他の会社といった図式ができていた。クラブセガKONAMI音楽ゲームが全く置かれていないのもこのためである。一方バンダイナムコゲームスセガタイトーの3社は独自にGMT2014コラボを行うなど、積極的に協しあっていた。

このように15年以上ものあいだ他社との溝を埋めずにいたKONAMIが、AOUという第三者機関導のもととは言え他社とコラボをしたことは大きな話題を呼んだ。ゲームセンターの数が右肩下がりの今、会社のをこえて業界を盛り上げていこうとするこのコラボに多くの音ゲープレイヤーが期待している。

ちなみに対立していたのはあくまで会社同士の話であり、公式Twitterで弐寺の曲に言及する太鼓スタッフ[外部]がいたり2000ツイート目に太鼓の曲名をツイートするBEMANIコンポーザー[外部]がいたりするなどスタッフ間にはそういった溝はなかったようだ。


関連動画



原曲



■sm20280956[ニコ動]

■sm23457682[ニコ動]
■sm23045711[ニコ動]
■nm5946042[ニコ動]


4機種比較


■sm24818912[ニコ動]
■sm24818974[ニコ動]


関連コミュニティ


■co4099
■co1690019
■co450
■co1486980


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/03/09 01:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ