ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


天城カイト


ヨミ: テンジョウカイト
掲示板をミル!
1721カキコ!
注意 関係な他作品への出張コメント等は控えましょう。
どの作品のファンも気持ちよく作品を楽しめるようご配慮をお願いいたします。
また、出張コメントが不快な方は「ハルト」等の単NG登録をお勧めします。

天城カイトとは、「遊戯王ZEXAL」の登場人物である。CV内山昂輝

[画像を見る]


概要…人は俺をナンバーズ・ハンターと呼ぶ(自称)


遊戯王ZEXALに登場したデュエリスト18歳。初登場は第13話「魂を狩る者!ナンバーズハンター現る!」
(厳密に言えば、週刊少年ジャンプ2011年18号で特別連載された「遊戯王ゼアル」の方で先行して登場しているが)

Dr.フェイカーMr.ハートランドに従い、アストラルと同様にナンバーズカードを集めており活動の際は『オービタル7』という付き添いのロボットを連れている。場合によってはグライダーへと変形したオービタル7を装着し、を滑する事も可。そしてナンバーズを持つデュエリストを見つけた際は邪魔が入らないように時める事で自分自身と相手だけの世界を作り出す。
オービタル7で時の流れを1万分の1のさにする、擬似的な時静止らしい。要するに仮面ライダーカブト
デュエルの際は「フォトンチェンジ」を行い海馬社長ジャックみたいな衣装へと変わるのだが、これはナンバーズを使用するにあたってナンバーズの悪影を受けないようにするためのものであるらしい。しかしアストラルや皇の鍵の添えしでナンバーズを使用する代償なのか、長時間のフォトンチェンジ状態は体に負荷をかけるようだ。
その後、デュエルで負かしたナンバーズ使いからはアストラルと同じように手をかざす構造の「フォトンハンド」という装置でカードを回収するのだが、アストラルとは異なりナンバーズを使用者の魂ごと回収しなければならないため、魂を奪われた相手は生気を失い、極度に衰弱してしまう。お前の魂いただくよ!
ハルトという病気を患ったがおり、カイトナンバーズを集める理由も彼を救うための行動であるらしい。

アストラルに「今までに出会ったどのデュエリストよりも脅威である」と言わしめる程のを持ち、(色々な意味で)遊馬アストラル(+視聴者)の予想を駕する実を見せ付けた。事実、初登場以来遊馬シャーク達を立て続けに圧倒しており、以後もライバルとして何度も立ち塞がったが、ストーリーが進むにつれてトロン一家バリアン七皇といった新たな敵勢が登場すると後述するように、ハルトの意向もあって遊馬シャークと共に戦うようになっていった。

ちなみに13話ラストでは、1ターンから手札フル使用によるナンバーズ2体召喚という脅威のコンボを見せたが、Vジャン事前に掲載された彼の使用カードからスレ民が予想して作成したコピペ文と大まかな流れが同じだった。

867:名無しプレイヤー手札いっぱい。2011/06/17() 13:59:33.96 ID:6ebtB33w0
カイトフォトンベール発動!
デッキからデイブレーカー3体を手札に加える!
そしてフォトンリード発動!手札からデイブレーカーを特殊召喚!
デイブレーカーの効果で手札からデイブレーカーを特殊召喚、続けて(ry
3体のデイブレーカーイルミネーターをエクシーズ召喚、効果発動!1枚捨てて1枚ドロー!
手札から捨てられたライトサーペントの効果発動!墓地から特殊召喚!
そして手札からフォトンケルベロス 召喚!2体のモンスターブリリアントをエクシーズ召喚!効果で攻撃アップだ!
そして1枚伏せて(光子化) ターン終了、遊馬お前ターンだ」


遊馬「」

そして第24話。アストラル相手にその強さを惜しみなく発揮するカイトであったが、遊馬の到着から始まる一連の超展開には流石に度肝を抜かれたらしく、動揺を隠せなかった。
カイトどういう・・・ことだ・・・
まさしく視聴者の気持ちを代弁した一言である。こいつはこいつで負けないくらいネタだらけだけどな! 
皇の鍵の世界での戦いを経てアストラルを「的遂行のために倒すべき敵」と正式に認識するが、遊馬の事は「ただの馬鹿」としか思っていないらしい。

続くWDC編でも引き続き登場するが、ハルト遊馬と接触し心を通わせた事を経てトロン一家拉致されたハルトを救うべく、遊馬とは呉越同舟の形でコンビを組みトロン一家に戦いを挑む事に。その過程で、上記のデュエルで使用する切り札「銀河眼の光子竜」に代わる新たな切り札「超銀河眼の光子龍」を得る。この一件で、遊馬に対する評価はまた変わったのだろうか・・・?
トロン一家長男とは過去、師の関係であった。ちなみに彼の初デュエルお披露の相手がいきなり子のカイトである。

その後、「ZEXAL」でも引き続き登場。
銀河眼の光子竜と同じく『銀河眼』の名を関するカードNo.107 銀河眼の時空竜」を持つバリアンの刺客・ミザエルが登場すると、彼と熾な戦いを繰り広げる。それはもうミザエルが当初の的よりもこっちを優先したがるくらいに。
バリアンとのデュエルの最中、ミザエルと縁の深いナンバーズNo.46 神影龍ドラッグルーオン」にたる資格を認められたカイトジンロンドラッグルーオン)に「この世界を、そしてミザエルを救ってほしい」と頼まれる。

その後、カイト銀河眼使いを賭けてミザエル突。新たに覚醒した自身の銀河眼「No.62 銀河眼の光子竜皇」の攻撃で勝利を収めるが、ダメージ欠によりオ―ビタル7と共に倒れてしまう。

その後ミザエル銀河眼のの姿であるカード、「No.100 ヌメロン・ドラゴン」を託し、そのまま尽きた。
自らの命を引きかえに、希望を託したカイトの姿に、多くの視聴者が涙した。

そして、バリアン世界アストラル世界ハートランドの3つの世界を賭けたドン・サウザンドとの最終決戦でも魂の姿になってナッシュ遊馬の前に登場、共に戦った。

余談であるが本編において彼がになったのはトロン戦のみである。

他の試合は中断は多数あれど後にMrハートランド以外全員勝利している。


さあ、狩らせてもらおう!歴代キャラのネタごと!!


[画像を見る]

OPには当初から登場しており、キャラ設定が開されたときはネタ街道を走っていたシャークさんこと神代凌牙と対を成すような正統派イケメンライバルと思われて…いた過去形)。だが、例によって彼は 弾 け た 。

初登場わずか30分で前回にて一躍高い人気を博したシャークこと神代凌牙の存在がむほどの、強極まるキャラクターをこれでもかと見せ付けたカイト。それは視聴者たちに、過去シリーズ人気キャラクターライバル達を否応なく彷彿させるほどのものだった。
初登場を果たした当時の熱狂ぶりがいかほどだったかは、当記事の掲示板をご覧になられればお解かりだろう。 

下記以外にも、「コレが足りない」と思うものがあれば随時追加願いたい。きっとまだ増えるはず・・・

ネタ要素 融合素材元になったと思われるキャラクター 備考
顔芸 闇マリク斎王琢磨etc... そもそも全て書ききれない
容姿(マントっぽい装、髪型等) 海馬瀬人万丈目準ジャック・アトラス
パラドックス
髪型マヨネーズイチゴなどと言われている
初登場時のスカイダイビング エド・フェニックスプラシド
機械合体するデュエリスト プラシドホセアポリア
デュエルで負かした相手を廃人 闇遊戯
まさかのセルBGM口笛 鬼柳京介
デュエル相手を手錠ワイヤー
(と同種の超能力)で拘束
満足同盟 デュエルに負けてもD・パッド
D・ゲイザーは破壊されません。
(でもカードを魂ごと奪われる)
デュエル時にコスチューム変身 ブルーノプラシド
同じく、邪気眼覚醒 チームラグナロク
1ターンから同名モンスター
3体特殊召喚
丸藤亮 そしてそのまま手札ゼロの
ハンドレスでターンエンド
人を捨てた アポリア Dr.フェイカーセリフであり詳細は不明。
エースカード銀河眼の光子竜
技名「破滅のフォトンストリーム
思いな性格、行動
海馬瀬人
1.異世界へ渡ってデュエル
2.どこで技術を身に着けたのか、
免許飛行機を操縦する
遊城十代
新たな覚醒し、体が色に 不動遊星
超銀河眼の光子龍」召喚時の口上 ジャック・アトラス
人はナンバーズハンターと呼ぶ 牛尾哲5D'sOP)

呼びません


 関連人物



次へ»
最終更新日: 16/11/08 21:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ