ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


天江衣


ヨミ: アマエコロモ
掲示板をミル!
188カキコ!

天江衣とは、

ヤングガンガンスクウェア・エニックス刊)で連載中の麻雀漫画咲-saki-」の登場人物。

アニメ版の声優は、福原香織が担当している。


概要


子供じゃないころもだっ」

天江衣龍門渕高校の二年生で団体戦では大将を勤める。された子の一人で、全トップクラスの選手としても有名。
外見は非常に幼く、頭には特徴的な(ウサ耳にしか見えない)ヘアバンドをしている。その外見からどう見ても子供にしか見えないが、実は龍門渕高校麻雀部の中では一番年上。
本人は自分の幼さを非常に気にしているので基本的には子供扱いされる事が大嫌いである。
根は素直な性格なのに、生まれ育ちとのせいか常に然とした立ち振る舞いをしており、毒舌にしてなかなかのドS

語尾等があるわけではないが、文学者であるなのかかなり特徴的な口調で話す。
台詞の一つ一つが辞書で調べないと聞いた事もいような言葉を普通に使う。故に口調をきっちり理解してないと一般人には再現が難しく、原作シーンではあまり喋らないという、違う意味で切ない一面もある。また、極めて達筆。達筆すぎてやっぱり一般人には解読困難な字を書く。


経緯


6年前に両親が事故で他界し、孤児となった彼女は親戚である門渕へ引き取られたが、彼女の持つ底知れない恐ろしさに怯えた当龍門渕透華父親)によって別宅で軟禁状態での生活を過ごしていた。

学校でも全く友達が出来ず、それを心配した透が衣のため対等に付き合える友達を探そうと奮起、麻雀部のメンバーとして井上純国広一沢村智紀が各所から呼び寄せられた。そして昨年にインターハイの県予選大会に出場、団体戦で名門・風越女子高校を破って全出場を決めた。続くインターハイでも壮絶な伝説を残し、プロアマ親善試合ではプロを破っての優勝などの大活躍を見せた。

今年もインターハイの県予選に団体戦大将として出場、後述するが最高の状態であったこともあり決勝の大将戦では宮永咲をも圧倒する強さを発揮する。しかし池田華菜に対して心をヘシ折る的で行った「持ち点をゼロにさせて縊り殺す」行為がとなり、終盤ではの弱点を突いてきた咲に追い上げられた末、オーラスで責任払いによる嶺上開花での数え役満を直撃され、大逆転負けを喫してしまった。

初の敗退にする彼女であったが、卓を囲んだ相手から「楽しかった」と賞賛され、麻雀部のメンバーにも敗北を咎められず優しく迎えられた事で「本当の友達」を得たことに満足し、後に四校合同合宿を経て咲や原村和だけでなく、なんと池田華菜とも仲良くなる。

インターハイ本選では清澄高校応援のため麻雀部のメンバー全員東京に来ている。なおその前には練習試合の為に参上した阿知賀女子学院メンバーと対戦しており、作中では全い状態にもかかわらず高鴨穏乃レイプ目にさせるほど圧倒している。 


能力 


鐘鳴(こじみ)の音が聞こえるか?
世界が暗れ塞がると共に――
おまえたちの命脈も尽き果てる!!」

そのは「場の支配」
相手に不要ばかり引かせ続ける、自分が引くをほぼ璧に察知する、気配で相手の打点の高さを察知するなどそのは多岐に渡る。

そのを活かした得意技が、代名詞となっている海底撈月。多くの試合ではこの海底撈月で和了ることを前提とした打ち回しをする。そのためラス直前のツモ切りリーチや手の進まない鳴きをすることが多々あり、譜がイミフ極まりない。
海底撈月の性質上、手役のスピードは最も遅い部類に入るが、彼女がいる卓では対戦者が否応なくそのまれて配牌一向聴から不要ばかり引き続けることになり、和了るどころかズラすこともままならず海底撈月を上がられてしまう。

なおその海底撈月そのものがであると勘違いされがちだが、これはあくまで「場を支配する」という大きな活用方の一つにすぎない。
つまり速攻で高い打点を決めることができるのだが、相手を精的に追い詰めるためにわざとそのような打ち方をしている。

しかもその支配は防御にも有効で、少なくとも咲に敗れるまで致命的な振り込みをした描写はない。

一の弱点は王牌や極端なセオリー外の打ち手には支配が及ばず、思わぬ反撃を受ける可性があること
衣がを切ったあとに連続王牌から何度もを引き、そのたびに手が変化し打点が上昇する咲は、衣にとって敵とも言える存在である

なお、このは時間帯と齢で強弱が変化する
最強満月>>>>>>新(最弱)
なので団体戦では先鋒でなく、大将に置いた方がかに強い。
ちなみに去年の県予選決勝は半月、今年は満月知賀との練習試合ではの欠けた夕方であった。

当事はこれに頼り切った麻雀をして勝ち続けてきた「麻雀を打たされている」状態であったが、最強モード全開でも敗北する可性を持つ相手、宮永咲の登場により感覚の傀儡から脱却している。

 

彼女は去年のインターハイ本選でこれらのでもって1回戦で2校、2回戦(準々決勝)では3校をまとめてトバすという伝説を残しており、チームは準決勝敗退で衣自身は二回戦までしか出ていないにも関わらず歴代最多得点プレーヤーにしてMVP受賞という記録にも残る活躍をしている。
咲に敗北した事で一部のマスコミからは「長野レベルが下がった」と評価されているが、彼女の活躍やの恐ろしさを知る者には「あの天江衣を倒した相手」として咲の存在が危険視されており、敗れてなお評価の高い選手であることが伺える。


語録


意味はろくに調べもしないで意訳なので間違っている可性が高いです。気になった人は「天江衣 語録」とヤフルかググろう


関連動画



■sm7793176[ニコ動]

■sm7729009[ニコ動]


関連商品


■azB0026C61NA
■azB002B9TQK8
■ysdigitamin_YI61
■dw3204886


関連静画


■im1280307(静画)
■im977223(静画)


関連項目



関連サイト



最終更新日: 14/03/03 09:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ