ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


天皇


ヨミ: テンノウ
掲示板をミル!
4516カキコ!

天皇は、日本歴史上においては古代より続く日本の君(元首)であり、現代日本においては「日本国及び日本国民統合の徴」(日本国憲法第1条)である。

また、宗教的には宮中祭等を行う神道の長でもある。

天皇の一族を皇族と呼び(天皇は皇族に含まれない)、天皇と一族を総称して“皇室”と呼ぶ。


歴史


神武天皇

神話の時代からの日本歴史を書きった『記紀』によれば、初代の天皇は神武天皇であるとされる。また神武天皇の祖先は天照大神であり、ゆえに天照大神皇室の皇祖とされる。(ただし神武天皇の高祖(ひいひいおじいさん)であり天照大神息子の「命(あめのおしほみみのみこと)」は誕生の仕方が一変わっており、天照大神を痛めて産んだ子と言うわけではなく「天照大神の装飾品の化身」とでも言うべき存在である。天照大神須佐之男命の共同作業で生まれたとも言える。詳細は「神武天皇」の記事参照。)

伝説によると、弥生時代宮崎県あたりの族の四男だった神武天皇は、もっと豊かな土地へ引っ越そうとたちと出発。や吉備の族に挨拶してから、河内潟(大阪府にあった入り江)から奈良地に侵攻を試みる。
しかし、生駒山麓で地元の長髄ボロ負けして長は戦死(正確には、負傷して後に死亡)。紀伊半島回を試みるが、により残りのたちも遭難し、熊野に漂着する。そこから山越えをし、長髄を打ち破って奈良南部に住み着く。
ただし、当時は「天皇」という称号く、「神武天皇」という諡号(東アジアにおいて使われてきた、君に贈る称号のようなもの)は後世に付けられた物である。また、『記紀』に書かれている伝承に基づけば、神武天皇の即位は旧(太陰)では紀元前660年の正月太陽では2月11日とされ、この日は戦前においては「紀元節」、戦後においては「建国記念の日」として、いずれも祝日となっている。なお、紀元節は終戦後に憲法皇室典範などの皇室に関わる法の正・止によって法的根拠を喪失していたため、戦後しばらくの時期、2月11日祝日ではなく、後に紀元節の復活を願う政治家などの働きかけによって「建国記念の日」として復活した経緯を持つ。ただし、この年日は飽くまで『記紀』の記述をもとに計算されて定められたものであるため、必ずしも歴史学・考古学上において正確な日付であるとは限らない。
2011年2月11日のような、の積もる寒い日ではかったとは思うが、まさか数千年後に祭日になり、お年寄りに寒い思いをさせるとは思わずに「決行」してしまった可性もある。
 

大和朝廷

第38代・天智天皇第二代綏靖天皇から第九開化天皇までは、系図のみが伝わり、事績はあまり明らかではない。

古墳時代の大和朝廷は、奈良地の纒向遺跡を拠点としていたと考えられる。崇神天皇(「ミマキイリヒコ」とも呼ばれるが、本名か諡号かは不明)は実在した可性が高いとされる。纒向遺跡邪馬台国の関係については、未だ結論は出ていない。
大和政権は、吉備(岡山付近)・出雲(山陰)・越(北陸方面)などの小王と同盟を結び、あるいは征して、北九州から東海地方あたりを勢圏に収めた。当時の族には、子孫が神社の社として存続している者もいる。

歴史学・考古学的観点からは継体天皇以降は確実とされているが、継体天皇で王交代が起こったという説もある。いずれの説でも現存する世界最古の皇室(王)であることは変わらない。詳しく知りたい人は史(日本史)を勉強し直すことをオススメする。

平安時代~江戸時代

平安時代藤原氏などが天皇にがせ、天皇の外戚となる事で権を振るったが、それでも天皇に権は少なからずあった。その後期には摂関の勢が低下し、天皇の尊属である上皇や法皇が実権を行使する院政の時代も存在した。
しかし平安時代末期平清盛による政権、更には源頼朝・北条氏による鎌倉幕府と、武政権の台頭によって天皇の政治的な権は薄れていき、儀礼的・権威的な存在となっていく。
特に後鳥羽上皇鎌倉幕府に対して挙兵するも敗北した承久の乱により、朝廷と幕府の二元政権体制も崩れ、武政権の時代が確立することとなる。

鎌倉幕府の権勢が衰えると、後醍醐天皇が天皇親政をして挙兵し、幕府を崩壊させ建武の新政を行ったこともある。しかしこれも武の反感を買うなどして失敗し、足利尊氏による室町幕府立を招くこととなり、更には以後60年以上にも渡って京都吉野に2つの天皇が立つ南北朝時代が到来するなどした。

戦国時代皇室経済が最もどん底だった時代で、即位礼や葬儀すら行えなかった時もあった。しかし、それでも戦国大名は天皇に取って代わる事はなく、むしろ自分の箔付けのために先を争って朝廷からの官位を欲しがった。破天荒といわれる織田信長皇室支援を行い、官位を打診されている。

江戸時代に入ると、徳朝廷を禁中並公家諸法度などで縛り、ここに至って天皇の政治はほぼくなった。天皇は江戸時代を通じてほとんど静かな存在であり続けたが、格天皇が900年にも渡って失われていた「天皇」号を復活させるなど、失われていた宮中の伝統の再建に尽した頃より、朝廷の権威は回復し始めた。
そして幕末船来航に至り、次第にクローズアップされるようになる。

幕末~昭和戦前

[画像を見る]幕末、尊皇攘夷(天皇を奉じて外国人を追い払う)運動が高まり、江戸幕府の揺らぎとともに静かであった天皇の権威は高まっていく。
やがて尊皇は倒幕運動に結び付く事になり、大政奉還から戊辰戦争に至る流れを持って江戸時代は終わりを告げる。新政府明治元して王政復古を宣言、ここに天皇を中心とした政治が復活する。

当時、欧列強が世界各地の植民地化を進めていく中で、日本植民地化を免れるために明治政府は天皇をの中心に据え、近代化・富強兵に邁進していく。
1889年には「大日本帝国は万世一系の天皇がこれを統治する」(第1条)、「天皇はの元首にして統治権を総覧し、憲法の条規にそってこれを行う」(第4条)などと定めた大日本帝国憲法が制定され、近代国家としての政治体制も確立されていった。

日清戦争日露戦争を勝ち抜き、やがて日本は列強にまでのし上がる。やがて昭和に入ってアメリカとの対立が化し、大東亜戦争が勃発。戦争の末に日本は敗れ、有史以来初めて占領される。

占領中、アメリカを中心とした連合には天皇を戦犯として裁き、天皇の存在を止する意見が強く存在したが、マッカーサーらによる占領統治の円滑化をす方針と、日本政府の抵抗があり、訴は免れた。GHQとの交渉の末に日本国憲法が出来上がり、天皇は「の統治者」から政治い「日本国及び日本国民統合の徴」(日本国憲法第1条)という曖昧な存在となった。

戦後昭和~現在

戦後、天皇は「徴」として存続する事になるが、終戦当時より昭和天皇戦争責任を巡って微妙な立場にあった。日本人保守の中にも「昭和天皇は退位し、皇太子が新たに天皇になるべき」との意見も出ており、天皇自身も退位をほのめかしたが、周囲の反対により退位はなくなった。

昭和天皇は敗戦で焦土となった日本を巡幸し、日本国民を慰め励ました。また、皇太子御成婚といった慶事もあり、徴天皇の存在は大衆に受け入れられる事となった。戦後昭和は天皇制打倒・革命を叫ぶ左翼全盛期でもあったが、彼らの過な行動は民衆をドン引きさせて支持者を大きく失う事になり、結局日本革命は起こらなかった。

1989年昭和天皇崩御。長かった昭和が終わりを告げ、平成の時代が始まった。 この際、過自粛が問題であるとされた事もあった。

2019年平成時代の天皇(明仁)が譲位。令和の時代が始まった。終身在位制の時代が長かったため、1817年の格天皇以来実に202年ぶりの譲位であった。

21世紀の現在皇室は様々な問題を抱えているものの、古代からの伝統にのっとりあり続けている。


天皇の権力と権威


元々、古代においても天皇には絶対的な権かったと思われるが、平安時代以降江戸時代まで、後醍醐天皇の建武の親政などごくわずかな例外を除き、天皇が直接政治に携わることはなかった。
逆に、直接的な権を持たなかったがゆえに、天皇に取って代わろうとした(簒奪)者は足利義満など数名に過ぎず、時の権者は自らは皇位に就かずに摂政関白征夷大将軍…といった地位に就き、天皇の権威を利用して統治を行った。
こうして、結果として日本では易姓革命は起こらず、アスクム以来(断絶はあるものの)の伝統を誇るソロモンエチオピア帝国に次いで、世界で2番に古い王となった。なお、エチオピア帝国1970年代クーデターにより皇帝逮捕位されてしまったため、現代では日本皇室が現存する王の中では世界で1番古い王となっている。


位置づけ(戦前)


大日本帝国憲法では天皇は以下のように規定された。 

第一 大日本帝國世一系ノ天皇之ヲ統治ス(天皇権)
第四 天皇ハノ元首ニシテ統治攬シ憲法規ニ依リテ之ヲ行フ(統治大権)

この条文に対して、穂積八束に代表されるような天皇権説や、美濃部達吉に代表される天皇機関説のような、様々な解釈が生まれた。詳しく知りたい人はウィキペディアで。


位置づけ(戦後)


日本国憲法では天皇は以下のように規定された。

第一条   天皇は、日本国徴であり日本国民統合の徴であつて、この地位は、権の存する日本国民の総意に基く。
二条   皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。
三条   天皇の事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。
四条   天皇は、この憲法の定める事に関する行為のみを行ひ、政に関する権を有しない。
四条二項 天皇は、法律の定めるところにより、その事に関する行為を委任することができる。

ということである。


天皇の呼称


古代においては「天皇」という呼称はなく、「大王(おおきみ)」と呼ばれていた。「天皇」という呼称が現れるのは飛鳥時代(7世紀頃)であり、聖徳太子の隋への書に「東の天皇つつしみて西の皇帝に申す」とあるのが公式に使われた初めての例とされる。「天皇」という呼称は、中国五胡十六国時代に使われた「王」に由来するとも、唐の皇帝が使った「天皇」をそのまま持ち込んだとも言われるが、なにぶん1400年も昔のことなので、はっきりしたことは分からない。いずれにせよ、中国の「皇帝」という称号に対する何らかの対抗心はあったと思われる。

ちなみに明治から昭和戦前までは「日本国皇帝」という呼称も公式に使われていた事がある(韓国併合の時の条文等)。

日本と同じく漢字文化圏に属する中国韓国政治家マスコミ民間人などの間では皇帝のみが使用を許される文字である「皇」が入った「天皇」という呼称を認めず、「倭王(倭国王)」「日王(日本国王)」とあえて格下げで呼ぶ場合がある(特に韓国ではそれが顕著である)。ただし、そんな中国韓国でも、政府公文書などの的な場では国家儀礼上、きちんと「天皇」もしくは「日本国天皇」といった、正式な表記をしている。

英語圏など、漢字を使わない文化のではEmperorなど「皇帝」に対応した訳で呼んでいるが、歴史等の学術上では日本語をそのまま写した「Mikado」「Tenno」と呼ぶ場合もある。

なお、天皇の呼び方は数多く、下にその意味をそえて記しておく。
「てんのう」は音読みであるため、祝詞などでは大和言葉である下記の呼び方が用いられる。

(1)皇祖もしくは皇祖から続く皇統。それを継ぐ者。
すめらぎ「すべらぎ「すめろぎ」 
 
(2)特定の天皇ないし今上陛下
「すめらみこと」「すめみまのみこと」

(3)御所の門の意味で、直接呼ぶことを避けた婉曲表現。 
みかど(御門)」 


呼称についての注意事項


明治以降の天皇は一世一元の制によって「元号+天皇」で呼称されるが、これは天皇が崩御(天皇の死をこう呼ぶ)した後に贈られる追号であり、「神武」や「孝明」といった諡号とは厳密には異なる。現在の天皇のことは「今上天皇(きんじょうてんのう)」「今上陛下」という。「今上」だけでも「現在の天皇」の意味を過不足なく表すが、分かりやすさなどから「今上天皇」となっているようである。他にも戦前は「上」など様々な呼び方があったが、戦後は「天皇」に皇室典範に定められている敬称陛下」をつけて「天皇陛下」と呼ぶのが一般的になっている。

さらに正確を期せば、崩御してから追号が贈られるまでのわずかな期間には、公式の場では「大行天皇(たいこうてんのう)」と呼ぶ。

であるからして、昭和天皇という呼称からの類推で「平成天皇」「令和天皇」という呼称を今使うのは好ましくない。上記のように、現時点ではこれは崩御後の追号として想定されているものにすぎないため。

また、皇室典範において皇族に対しては特別な敬称が存在している。
天皇・皇后・太皇太后・皇太后 →陛下
その他の皇族 →殿下
メディア等はなんだかんだ理由を付けては天皇陛下以外の皇族に対して正しい敬称を使わないが、例外があり「天皇・皇后陛下」とだけは言う。


宗教


現在では天皇は神道の最高祭も兼ねている。


次へ»
最終更新日: 19/05/11 15:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ