ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


天羽ジュネ


ヨミ: アモウジュネ
掲示板をミル!
6カキコ!

天羽ジュネとは、ゲームプリティーリズム』およびアニメプリティーリズム・レインボーライブ』の登場人物である。
CV:宍戸留美 


概要


弱冠13歳で前人未到の4連続プリズムジャンプを成功させた伝説プリズムスター
3年前にプリズムクィーンの座についた後はプリズムショーの第一線から退き、ファッションブランドショップ「ディアクラウン」のプロデュースを中心に活動していた。

 ハッピーレインベルローズら新世代のプリズムスターらが台頭し、3連続、4連続のプリズムジャンプを成功させるのに触発されて現役に復帰し、復帰演では歌・アイスダンスジャンプの回数及び内容のあらゆる点で既存のプリズムショー駕する実を作中の観客、および視聴者に見せつけた。

プリズムショー協会会長氷室聖とは師関係にあり、私において共にいることが多い。
一方、エーデルローズ宰の法月仁とは互いに非常に仲が悪い。

温厚な性格で、秘的で浮世離れした雰囲気を漂わせているが、その内面にはへの強い情が潜んでいる。
度々アプローチしているが、朴念仁ぶりには終始振り回されている。

プリズムライブの際に用いる楽器揮棒で、オーケストラを召喚して揮を行う。
また、ギターを使うこともできる。


ドレスアップベールヘア


天羽ジュネのトレードマークというべきインパクト抜群のヘアスタイル

頭の上にお団子を作り、側頭部には編み上げ、そしてお団子の根元から左右に長さ1m程の巨大な2本のドリルが生えているという、特大ボリュームのヘアスタイルである。
一見非常に重そうに見えるが、ドリルは中であり、プリズムショーの際にはしなやかに揺れ動く。

作中で彩瀬なるネタにされた他、公式ファンブック再現企画が組まれる、ゲーム実装された際にはドレスアップベールヘア限定のコーデコテストが開かれるなど、公式非公式を問わずよくネタにされる。

ちなみに、13歳当時はシンプルドリル1本のポニーテールだった。また、就寝時にはをほどいて眠る。
作中描写からプリズムの煌めきの髪型を固定しているのではないか、と推測されていたが、『プリパラ&プリティーリズム プリパラでつかえるおしゃれアイテム1450!』で、最終話以降のと記憶を失ったジュネでもこの髪型にできることが判明した。


その正体と顛末(ネタバレにつき反転)


正体は複数存在するプリズムワールドの使者「りんね」の1個体。天羽ジュネとしての姿はオーバーボディであり、衣装を変える際にもかな恵空間を介さず、直接オーバーボディを変えることで着替える。

ジュネは「RL世界に4連続ジャンプを伝播する」という使命を帯びてお供のマスコットペンギン先生を伴ってRL世界へとやってきた。
当時「三強」と呼ばれる男子プリズムスターだった氷室聖を付けて、彼の亡きを思わせる容姿に変身して接触、4連続ジャンプへと導こうとしていた。
しかし、法月仁の策謀により負傷し、プリズムスターとして再起不能になってしまう。

この時、1人の女として愛していたジュネは彼に代わって自らが4連続ジャンプをRL世界に伝え、彼を支え続けるためにRL世界に留まることを決意する。
しかしプリズムワールド人間プリズムショーの頂点に立ち続けたことにより、RL世界プリズムの煌めきは徐々に枯渇し、さらにそれはジュネ自身の体崩壊をも引き起こしていた。

ジュネを原因とする偶発的事故によってRL世界にやってきた別の「りんね」―荊りんねとデュオショーという名の決闘を行った際には体崩壊は見たにもわかるほどにまで進行していた。
だが、体調不良ということで休んでいたジュネをが見舞いに来た様子を仁の息のかかったパパラッチに撮影されてしまい、このスキャンダルによってプリズムショー協会会長の座を退かざるを得なくなり、弁明記者会見の歳ににきっぱりと恋愛感情を否定されたことによって体崩壊はさらに進行することとなる。

そしてプリズムの煌めきの枯渇により、満足プリズムショーを行うこともできなくなった状況で行われたオーバー・ザ・レインボーセッションにおいて、ジュネはその生命のすべてを燃やし尽くしたプリズムショーを行い、7連続ジャンプの途中で尽き、地面に突する間一のところでに助けられる。
からの告白を聞き、安堵の表情を浮かべて消滅する―かに思われたが、荊りんねが自身の体を貸し与えることにより延命、彩瀬なるによってプリズムの煌めきが再び世界に満ち満ちた後には、荊りんねに代わって「りんね」をプリズムワールドへ帰す儀式を執り行う。
この時ジュネも荊りんねと共に帰還するつもりであったが、プリズムショー女神のとりなしにより、「プリズムショーをする」と「すべての記憶」と引き換えにRL世界へ留まる事を認められる。

そして最終話、紆余曲折を経てエーデルローズ宰になった氷室聖の傍らには、彼をする一人の少女の姿があった。

ちなみにジュネを1年以上ほったらかしてRL世界していたペンギン先生監督不行き届けを咎められ、マスコット地獄へと送られることになった。


プリズムジャンプ


ジュネのプリズムジャンプの多くは過去作のプリズムクィーンのものであるが、ジャンプの順序に沿って見ていくことによりある「ストーリー」が明らかになる。


関連動画



■sm22217125[ニコ動]

■sm22790446[ニコ動]


関連商品


■azB00I5COHRC
■azB00GZBXEME

日本ではほとんど商品展開がなされていないが、韓国で『レインボーライブ』が放映された際、天羽ジュネ関連グッズが大量に発売されたため、筋入りの天羽ジュネファンならば個人輸入するのも1つの手である。


関連項目



最終更新日: 15/04/29 13:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ