ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


天魔・宿儺


ヨミ: テンマスクナ
掲示板をミル!
17カキコ!

「そうさ、飽いていればいい・・・・・・

 飢えていりゃ、いいんだ!」

天魔・宿儺とは、lightより2011年9月30日に発売されたPCゲーム神咒神威神楽』に登場する架の人物。CVルネッサンス山田

なお、専門用に関してはwikipediaに詳しくのっているのでそちらを参照のこと。


概要


ネタバレ注意 この項は、大量の厨二成分とネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任でごらんください。

穢土に君臨する大天魔都賀波岐の一柱。宿儺という名称はあくまで西側が便宜的につけたものであり、名は異なる。

300年前の東征においては、東征軍と交戦することはほとんどなかったものの、それでも西側の記録に名を残した大天魔手な着物に身を包み、般若面を被った青年の姿をしており、常にニヒルな笑みを浮かべている。性格もどこか飄々として掴みどころがなく、他者を精的に振り回すことを楽しむ厄介な人物。のことをよりも理解していると自負しており、彼の意のために敵対している東征軍に味方するような行動をとることもあるため、や常世たちからはあまりよく思われていない。彼自身は仲間のことを大切には思っているものの、大に対してだけは同じの裏に属する者同士ということもあって相性は悪く、互いに反している。一方で、明に対しては思うところがあったらしく、度々彼女を気遣うような言葉を残していた。

都賀波岐の中においての実は高く、東征軍のよりも絶大なを持つ正正銘の化物。上筒(要は)を獲物としており、背中から二本の腕を生やすことによって、合計四挺の上筒による弾幕で敵を一切近寄らせない。また、自身の太極のは西側の住人から同じ都賀波岐に至るまでに対して絶対的な効を発揮するな代物であり、西側の住人が宿儺に対して正面から戦って勝つことはほぼ不可能とされる。

二度の東征の際は、諏訪原にて東征軍の面々と顔を合わせ、自分たちの記憶を見せた後に覇吐たちそれぞれに意味深な問いを投げる。夷での決戦においては、大と共に出し、因縁のある刑士郎と対峙することとなる。

(以下、ネタバレ反転その正体は、かつての波旬との決戦の際に呼び出され、残にも散っていった旧世界英雄遊佐司狼と本依の融合体。こと藤井蓮が波旬の流出に対抗する際に何とか彼らの魂を集め、太極によって姿形を固定化された残滓とも呼べる存在である。そのため、太極位にあるのはの太極の影によるものであり、あくまで擬似的な格に過ぎない。旧世界ではと最も近しい存在の一人であり、同時に彼の自滅因子としての役割を担っていた。言わば、玩具とも呼べる存在であり、宿儺自身もそんな自分の運命を呪い憎悪したために、太極の渇望へとつながっている。一方で、に対しては変わらぬ友情を抱いており、次代を託し波旬を打倒するという彼の意をよりも理解していた。本来ならば明のポジションには宿儺が入るはずであったが、と極度に親しかったためにの太極の影を非常に大きく受けており、そのために穢土から離れることは不可能であったため、穢土にいる範囲内で意を成就させるために独自の行動を開始する。ネタバレここまで)

なお、宿儺とは日本書紀などに登場する頭の前後に二つの顔を持つ両面宿儺元ネタであろう。前後に一つずつ顔を持つだけでなく、腕や足も前後に二本ずつ生えているという化物であり、武勇に優れ、朝廷なしていたために、最後は朝廷から派遣された将によって討伐された。一方で、民間伝承ではや悪を退治したりするなど、高潔な人物として伝えられている。


戦闘能力



等級


『太極・間身洋受苦処地獄(たいきょく・むげんしんようじゅくしょじごく)』

セトアミノフェン アルトロパン アレアチエビリファクラビット クラリシッド グルコバ
ザイロリック ジェイゾロフト セフゾン テオドール テガフール テグレトール
デパス デパケンレドミン ニューロタン ノルバスク
レンドルミン リビトールウマトレック エリテマトーデス
ファルマナント ヘパタイティパルマナリファイブロシス オートミューディズィー
アクワイアインミューノー デフィシエンスィー シンドローム
――太・極――
マリナント チューマー アポトーシス

世界で生きていた時からによって翻弄され続けた宿儺の「に生きている人間以外を認めない」という憤怒を具現化した宿儺宇宙。その『自分以外の異効化する』こと。宿儺を中心として、幾何学模様が浮かぶ間を出現させ、その内にいる人間のありとあらゆる異を封じ込めるというものであるが、宿儺の放つ弾にも異殺しの効が宿っているように、厳密には『異法則を破壊する理を相手に叩き込む』といった方が正しい。どちらにせよ、宿儺の太極の影下においては、異を出すことが困難となるどころか、仮に出せたとしても宿儺に対してはその威が大きく減衰し、一切通用しなくなる。その適用範囲は広く、異による身体強化から歪みの異、果ては陰陽術などありとあらゆる異効化し、更に本気を出せばと同レベルの異ですら効化することが可。それでいながら、自分自身は身体や随相のを使うことができるため、この太極の発動中は宿儺に対抗しうる手段は皆無といっても過言ではない。

このように、非常に汎用性が高い上に強な効果を持つ宿儺の太極ではあるが、その渇望故にに頼らず誇りを持って生きる「人間」に対してのみ、一切の効を発揮するどころか、逆に宿儺自身の身体なども失われてしまうという致命的な弱点を持つ。

前述の通り、宿儺自体は本来は格の器ではなく、間大地獄による軍勢変生によって格の域まで押し上げられた擬似的な太極にすぎない。随相は悪そうな笑顔を浮かべた男性女性の顔を持つ巨大な

なお、一聴すると何を言っているのかさっぱりわからない詠唱は様々な品や疾患の名前を羅列したという特異なもの。どれもが悪性腫瘍や自滅因子などに関わりのある単であり、マリナントチューマー・アポトーシスも直訳すれば「悪性腫瘍・自滅因子」となる。

なお、身洋受苦処地獄とは仏教における地獄の一つであり、八大地獄の最にある地獄に属する十六小地獄の一つ。篤志が出者や病人布施した財物を僧侶を装って奪い取った者が落ちる地獄とされ、この世のありとあらゆる病で罪人は苦しみ続ける。


関連動画



■sm16080614[ニコ動]


関連項目


東征軍
坂上覇吐- 久雅竜胆 - 凶月刑士郎 - 凶月咲耶
壬生宗次郎 - 玖錠紫織 - 摩多羅夜行 - 御門龍水
御門龍明 - 爾子&丁禮 - 中院冷泉
都賀波岐
夜刀 - 悪路 - 母禮 - 紅葉
奴奈比売 - 常世 - 宿儺 - 大獄
大欲界天狗
第六天波旬

最終更新日: 12/02/26 23:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ