ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


太極拳


ヨミ: タイキョクケン
掲示板をミル!
29カキコ!

太極拳とは、中国武術の門(流)である。


概要


三拳(太極拳、形意拳八卦掌)のひとつといわれている。

東洋哲学の太極思想を体現しているとされこの名がつけられている。河南省陳溝の陳一族の間で伝の武術であった陳太極拳を起とし、太極拳など様々な門に発展していった。中国武術の中で最も普及した著名な拳種だといえるだろう。

太極拳は動作の要は非常に難しいため套路()をスローペースで行う慢練という練習方法で練る場合が多いが、これは実際の使用において快速で動かないということではい。スポーツの場合でも例えばゴルフなら正しいスイングを身につけるためにクラブゆっくりと振るなどは、しばしば行われていることであり、他の武術でも慢練はしくない稽古法である。慢練は意識と動作の一致、意念にフォーカスした稽古法といえる。

太極拳では緩急をはっきり分けた動作で表演を行ない、震脚や他よりも見たでもわかりやすい発勁動作が行われるが、他の太極拳にこれらの特徴が全くいというわけではない。例えば以前はど知られていなかったが太極拳にも第二路「捶」や「太極長拳(第一路套頭拳とは異なる)」などいくつかの套路を伝えているがあり、これらの表演は快練で行われ震脚が使用されていた。また太極拳に限らず内拳術は高度なものになるほど表面上からは発勁動作がわかり難くなり、音を発さなくなるものという理解もある。

かつて日本では『太極拳が武術として優れていたのは、一代である。 何故ならば太極拳には陳のものにみられる勁や発勁がなくなっている。 その原因はが異民族である清朝皇族やその臣下に教授した時に 故意に肝心な点を隠したことと、 文人や学者が体育的に練習したために武術としての優点が消えてしまった。 そして、その本質を失ったものが北京を中心に大流行したのであり 現今行われている大部分のものは武術としての価値はない』とまで言い切った武術研究も居たほどであるが、これは途轍もない偏見であり古い説である。

実際には太極拳の開祖の子、班侯もまた実戦名人であり、「陳の拳をが伝え、の拳を班侯が伝えた」「太極拳は下に創り、班侯は下を打ち、健侯と下に伝えた」とまでいわれている。


技法内容


十三勢 - 手法の八門と歩法の五歩を合わせた太極拳の根幹的な教えのこと。

『掤(ポン)、捋(リ)、(チ)、アン)、採(ツァイ)、挒(リェ)、肘(ヅォウ)、靠(カオ)、進(ジン)、退(ドゥエ)、顧(グ)、盼(バン)、定(ディン)』の13の字で表わされている。掤~肘までは八卦(さらに四正四偶にわけられる。つまり四方八方、全ての方角を表す)と相合する。進~定は陰陽五行に相合し、それぞれ「前進(火)、退歩()、左顧(左向きに転身していくこと。木)、右盼(右向きに転身していくこと。)、中定(その場に停止した状態のこと。土)」となっている。「左顧右盼」とは中国の熟であり、周囲を見回すことをいい「右顧左盼」とはいわない。

■十要 - 太極拳の基本的な原則。

1:虚霊頂勁(上からし上げられたような感じでを引き、首、うなじを伸ばす)、2:含胸抜背(背中を伸ばし胸を含むように立つ)、3:鬆(と胯(クワ、股関節)の抜く)、4:分虚実(虚とは実体のいもの。実とは実体のあるものをいう。重心の配分であったり、技を行う際の要領として虚と実を意識しなさいという教え)、5:沈肩墜肘(肩を下げ肘を自然に下ろす)、6:用意不用(意を持って技を用い稚拙なに頼らない)、7:上下相随(肩と胯、肘と膝など上半身と下半身を連動させて動かす)、8:内外相合(内三合と外三合の一致をめる。内外六合は形意拳の記事で説明。精と体を一致させなさいという教え)、9:相連不断(動く際は全身が連動して途切れなく動くこと)、10:動中静(動作した状態の中でも静止したときと同じようなバランスのとれた落ち着いた状態をめる。静止した状態でもいつでも動作出来る状態をめる)。

■敵不動不動、敵欲動先動(敵が動かないのであれば自分もまた動かない。敵が動こうとするなら自分がその先を制する)

招勝万招(なにもい技こそが何万という技に勝つことが出来る。これ即ち随意形でありも打ち勝つことは出来ない)


太極拳経


太極は極にして生ず。動静の機、陰陽のなり。
動けば則ち分かれ、静まれば則ち合す。
過ぎること及ばざることなく、曲に随い伸に就く。

人、剛にして、、柔なる、これを走という。
、順にして、人、背なる、これをという。
動くこと急なれば、則ち急にして応ず。
動くこと緩なれば、則ち緩にして随う。
変化万端といえども理は一貫と為す。
着(技)、熟するによりて、漸く勁をさとる。
勁をさとることによりて(理)階は明に及ぶ。
然るもを用いることの久しきに非ざれば、
豁然として貫通するわず。
頂の勁を虚領にして、気は丹田に沈む。
偏せず倚よらず、ち隠れち現る。
左重ければ則ち左は虚ろ、右重ければ則ち右はくらし。
仰ぎては則ちいよいよ高く、俯しては則ちいよいよ深し。
進みては則ちいよいよ長く、退きては則ちいよいよ促す。
一羽も加うるにわず、一も落つるにわず。
人、を知らず、独り人を知る。
英雄の向かうところ敵きは、けだし皆これによりて及ぶなり。

この技の門は、はなはだ多し。
勢は区別ありといえども、おおむね壮は弱を欺き、慢は快に譲るに外ならず。
有る者がき者打ち、手の慢き者が手の快き者に譲る。これ皆、先自然
を学ことに関するに非ずして為すところ有るなり。
察せよ、四両も千斤を撥くの句を、に非ずして勝つこと顕らかなり。
観よ、の衆を御するのさまを。
快なるも何ぞく為さん。
立てば準(はかり)の如く、活けば輪に似たり。

深みに偏れば則ち随い、双重なれば則ち滞る。

毎に見る、数年純工するも運化をわざる者は、
おおむね自ら人に制せらるるを。
双重の病、いまだ悟らざるのみ。
この病を避けんと欲すれば、すべからく陰陽を知るべし。
は走、走は則ち
陰は陽を離れず、陽は陰を離れず、陰陽相済して、まさに勁をさとる。
勁をさとりてのちは、いよいよ練ればいよいよ精なり。
黙と識り、瑞摩(研究)すること漸くにして心の欲するところに従うに至る。
本はこれ己を捨て人に従うを、多くは誤りて近きを捨て遠きをむ。
いわゆる差は毫、誤りは千里なり。
学ぶ者、詳らかに弁ぜざるべからず。

これ論と為す。


歴史と外家拳と内家拳


全ての太極拳は元を辿ると河南省温県の陳溝村に伝えられる陳太極拳に行き当たるが、陳一族が陳溝村に移住してくる以前に住んでいた地という山西省洪洞県には、洪洞通背拳という長拳に似た武術が伝わっているが、これは技法内容が陳から失われた108勢長拳という套路と非常に共通したものがあり、これを起とする説がある。また三三拳譜という陳一族に伝えられた伝書があるが、これは元々、心意六合拳の拳譜なのではないかという説もある。つまり陳太極拳の起は少拳に近く、諸武術を受けて成立したものとの説が有である。

陳氏十四世の陳長は陳氏の拳をに伝えたが、これが太極拳のはじまりとなった。露北京で活躍し太極拳の名を高めた。そしてここから多くの太極拳の諸流が別れていった。伝説上の開祖として三豊という武当山士が上げられるが、これは伝説上のもので実在していたかは分かっていない。王征南墓誌銘というものがあるが、その中でも三豊や内拳について記述があるのでこれを根拠として古い時代から太極拳は存在したという説もある。ただ武当山の太極拳は陳氏太極拳やその系譜の太極拳とは技法内容が全く異なっている。余談だが武当山武術に太極拳から別れたという太虚拳という拳法があり、中国では盛んだが日本ではど普及していない。

拳、内拳の区別は一説には仏教僧として出した者が練る拳が外拳、内拳は道教士が練った拳を内拳と称したらしい。内拳の代表格は太極拳、形意拳八卦掌の内三拳であるが、共内戦以前の中華民国における、中国武術の統一組織の中央庁であった南中央術館では、武当門としてカテゴリーされ、これに心意六合八法拳が加えられていたが、教授された人間は少ない。

中国武術では内拳が外拳に優る、あるいは北武術が南武術に優るという優越論争があるが、満州族が教わった武術が劣等民族である民族武術に優る、あるいは中央から離れた南方武術が劣っているなどの偏見や見識の狭さが反映されたものであり、実情には全くあっていない。外拳といわれる拳法も内功が重視され内功は内拳の専売特許ではない。某、拳児のような漫画の虚構から中国武術を短絡にとらえようとするとあまりにも理がある。


門派



関連動画



■sm1780747[ニコ動]

■sm2155991[ニコ動]
■sm35831729[ニコ動]
■sm13912057[ニコ動]
■sm1778937[ニコ動]
■sm21496780[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 20/05/10 10:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ