ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


太田愛


ヨミ: オオタアイ
掲示板をミル!
18カキコ!

太田愛とは、日本女性脚本家小説家である。日本脚本家連盟会員。


概要


1964年9月2日生まれ、香川県高松市出身。血液型B型青山学院大学文学卒業
塾でアルバイトをしながら、小舞台で脚本を10年ほど執筆していた。

映像作品への参加を志望していた所、筑摩書房で実相寺昭雄の本を担当した先輩から円谷プロダクションへの参加を勧められる。円谷プロ所属プロデューサー雅人へ提出したプロットが採用され、『ウルトラマンティガ』の第21話「出番だデバン!」で脚本家デビュー。その後も長期に渡って円谷プロ作品に携わる。

TRICK2』『相棒』『警視庁一課9係』など、ミステリー刑事ドラマも多く手掛けている。

2012年サスペンス犯罪者 クリミナル』で小説家デビュー
2014年、『幻』が第67日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)補にノミネート。


人物・作風


ウルトラシリーズでは、怪獣宇宙人、またはそれらと関わった人間の心を中心に描いたり、異形の存在が受け入れられた(怪獣が倒される必要がい)環境舞台になるなど、防衛隊に所属する主人公を中心に物語が発展してウルトラマン怪獣を倒すという従来のフォーマットから外れたものが非常に多い。

一見抽的にも思える要素を積み重ね、独特且つファンタジックな世界観を作り上げている。
ジュブナイルの描写に非常に長け、『ウルトラマンダイナ』の「少年宇宙人」、『ウルトラマンコスモス』の「」などでは、少年の心をこの手の作品に有りがちなスケープゴートを用いる事なく情緒豊かに描き出した。
また、日常シーンの描写にも定評がある

そのため番外編担当という印を持たれる事も多いが、極めて連続物のカラーが強い『ウルトラマンネクサス』において、シリーズ構成長谷川圭一の要望で3クールメインライターを務めており、キャラクター同士の繋がりを軸に物語を見事牽引している。

相棒』などのミステリーサスペンス物では、トリックアリバイなどの整合性についてよりも、登場人物の心情や事件の背景などがクローズアップされる事が多い。

サスペンス小説の『犯罪者 クリミナル』『幻』は、情描写が非常に細かく場面転換も多いため、若干冗長に感じるかもしれないが、メッセージ性が強い内容でキャラクターの心情が入念に描かれている。

「色」については拘りが強いらしく、多くの作品でモチーフとして用いられている。

MBSの丸プロデューサーは、太田の人柄について「太田愛さんが『こういう話やりたい』と言い出したら、それを方向転換するのは至難の業です。彼女演劇少女ですからね。こういうお話を作る、自分の世界を作っていくと思ったら一途に書きます」と評している。
コンビと称された映画監督原田昌樹は「太田さんに一行直してもらうのに、一時間説得しなければいけないから」とっている。
また、サブタイトルについても非常にタイプであるとの事。

幼少の頃は非常に活発な子だった様子。に居た事がい程で、素潜りでを採りに行くなど自然の中で遊び回っていたとの事。小学校に入ってからは男の子とばかり話していて、女の子とは話した記憶が余りないとっている。(知らない親父から「ボク」と呼ばれたこともあったとか)

氏子であり、実家の隣が神社き地だったため、サーカスやテント芝居、見世物小屋などがよく来ていたという。
(これについては非常に印的だったらしく、エッセイやインタビューにて何度も述べている)

かなりのヘビスモーカーらしい。

自身のホームページ上で、既発表の担当シナリオエッセイの一部を開しており、興味がある人は是非チェックしておこう。また、同ホームページ上に嗜好も含めた自身のプロフィールが掲載されているのでそちらも参照。


主な作品



テレビドラマ



テレビアニメ



映画



OV



小説



関連動画



■sm13391110[ニコ動]

■sm11272708[ニコ動]
■sm10206641[ニコ動]
■1298446499[ニコ動]


関連商品


■azB00KL10H4C
■azB00Y1WPXOG
■azB010EWG8O0
■azB0000667A8
■azB00LTDAZYS
■az4041102979
■az4041102960
■az4041105838
■az4041036364
■az4041036372


関連項目



外部リンク



最終更新日: 17/01/26 00:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ