ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


太陽の子


ヨミ: テダノファ
掲示板をミル!
4カキコ!

この項では児童文学作品について記述しています。

ゲームについては「太陽の子(ゲーム)」を参照してください。

仮面ライダーBLACK RX二つ名については「仮面ライダーBLACKを参照してください。

牛若小太郎二つ名については「行け!牛若小太郎」を参照してください。


 

太陽の子(てだのふぁ)とは、1976年から雑誌『教育評論』で連載され、後に単行本や文庫本としても発売された、谷健次郎の小説作品である。


概要


神戸で暮らす小学校六年生のふうちゃんが主人公沖縄出身の両親は沖縄料理店を営んでおり、太陽のように明るい少女ふうちゃんは店に訪れる人々の人気者だ。

だが、ふうちゃんのお父さんは、こころ病気にかかっている。むかし沖縄で起こった辛いことが関係しているようだけれど……。

 

ふうちゃんと、両親や店に集まる人々との間の温かい交流。そして、時間を経てもその生活に陰を落とし続ける過去の暗い戦争の、両面を描いた作品。

1979年には第1回「路傍の石文学賞」を受賞している。1980年には映画化され、1983年にはテレビドラマ化された。

内容は重い主人公病気は進んでいき、入院し、そして……。

さすがに直接的な表現ではないが、凄惨な沖縄戦、玉砕、死体の描写もある。

 

主人公については、心を病んで非業の死を遂げたの長イメージを重ねたものとされている。

またはこの長の死に衝撃を受け、教師として勤めていた神戸小学校を辞めてしまって、ちょうど日本返還の頃の沖縄でさすらい暮らしていた時期がある。その頃に沖縄戦生存者たちから戦争当時の体験談を聞いており、その経験も本作に反映されている。


関連商品


■az4043520107


関連項目



最終更新日: 16/06/30 20:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ